J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【ライヴレポート】新世代視聴覚ユニット・みみめめMIMI、ワンマンライヴ!

2015年6月29日(月) 12:26配信

シンガーソングライターの“タカオユキ”と、イラストレーターの“ちゃもーい”による新世代視聴覚ユニット、みみめめMIMI。

最新シングル『CANDY MAGIC』を引っ提げて、6月28日渋谷duo MUSIC EXCHANGEにてワンマンライブ「CANDY MAGIC SHOW~梅雨だけど雨じゃなくて飴を降らせまSHOW!▷○◁~」を開催した。鐘の音と手拍子が鳴り響く中、『CANDY MAGIC』のジャケット写真を再現した、キャンディーで飾り付けられたお菓子の世界のようなステージに姿を現したのは、ヴォーカルのタカオユキ。この日はドラムとDJをサポートメンバーに迎え、3人編成で全14曲(アンコール含む)を披露した。

まず1曲目に演奏されたのは、ドラマティックな片思いソング『センチメンタルラブ』。ファンシーな衣装をフワフワと揺らしながら、透明感のある甘い歌声を響かせる彼女は、まるでアニメの主人公のよう。ステージスクリーンにもちゃもーいが描いたアニメーション(MV)が流され、観客はファンタジックな夢の世界へと導かれていった。そして、タンバリンをリズミカルに鳴らし、胸キュン必至のポップチューン『閃光ハナビ』へ。そのまま、話しかけるように歌い始めた『ミッディ』では、軽やかに踊りながら笑顔を輝かせるタカオユキに、観客も笑顔とカラフルなサイリウムで会場を彩った。

梅雨だけど晴れました~!みなさんのお陰です!
そう嬉しそうに叫ぶと、あまりにもワンマンライブが楽しみで、ライブ前に大好きなケン●ッキーのチキンを3つも食べてしまったと無邪気に話すタカオユキ。その興奮や気合いは、自らキーボードを弾きながら披露した『Mr.Darling』『お絵描き』からも熱く伝わっており、登場時の可愛らしいイメージを覆す、パワフルでエモーショナルなパフォーマンスが繰り広げられた。また、『no name love song』や『サヨナラ嘘ツキ~piano version~』では、しっとりとした弾き語りで、情感たっぷりに歌い上げる一幕も。時に激しく時に儚く、寄せては返す感情の波が聴く人の心を掴んだ。

本編後半は、みみめめMIMIがやっている生配信番組に関連して、そこで考えたという即興ソング“お弁当の歌”も飛び出し、よりアットホームに盛り上がる。そして、「みみめめ!」(タカオユキ)「MIMI!」(観客)のコール&レスポンスから軽やかに駆け出した『瞬間リアリティ』や、みんなで水色のフラッグを振って弾けた『1,2,少女』でラストスパートをかけると、ラストは疾走感のあるオリジナルバージョンの『サヨナラ嘘ツキ』をポップなアニメーション(MV)と共に熱唱した。

「アンコール!」の代わりに「みみめめMIMI!」という大歓声が充満する会場。そこへ『CANDY MAGIC』の衣装(ちゃもーいが描いたイラストと同じ衣装)で登場したタカオユキは、「今1番みなさんに聴いてほしい歌を歌います」と、甘酸っぱい青春を綴ったラブソング『CANDY MAGIC』を披露。シャボン玉が舞う演出も加わり、再び観客は夢の世界へ。そして最後に、バラードナンバー『SAY-YOU』を弾き語り。観客はその歌声と存在感に圧倒されていたが、彼女が歌いきると、力強い拍手が一気に溢れだした。

9月21日には、自主企画イベント「視聴覚アカデミーvol.3」を代官山UNITにて開催することを発表した、みみめめMIMI。MCで自ら「これからもみみめめMIMIに期待してください!」と言っていたが、この先も唯一無二の世界を創っていくであろう彼女達に期待したい。(文:斉藤碧 撮影:伊藤麻矢)

みみめめMIMI 自主企画イベント「視聴覚アカデミーVol.3」

日程:9/21(祝・月) 場所:代官山UNIT
OPEN 17:30/START 18:00
チケット:前売 3,933円(税込)ドリンク代別
出演:みみめめMIMI and more

みみめめMIMI オフィシャルサイト


「みみめめMIMI」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. ワンオク TAKAのイケメンすぎる交友関係まとめ! 三代目JSB・岩田剛典、佐藤健、綾野剛etc.

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS