公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのおすすめ映画情報なら、T-SITEニュース 映画

TSUTAYA(ツタヤ)のニコ生番組 、テーマ『ONE PIECE(ワンピース)』でガチ泣き!? 意外な小ネタも

2015年3月25日(水) 19:53配信

     

     左から、ナビゲーターの阿部悟、ゲストの岡田泰典、紀中恭輔、木村元彦

  

TSUTAYA(ツタヤ)のスタッフが、映画や音楽を中心に様々なエンタメ情報を、毎回テーマを決めて深く、ゆる~く語り合うニコニコ生放送のトーク番組、通称「ツタニコ」。隔週木曜18時30分よりOA中だ。

3月19日(木)のテーマは『ONE PIECE(ワンピース)』。TSUTAYA社員2,500名の中から、「我こそは!」とばかりにワンピ好きが集結した。週刊少年ジャンプ(集英社)で連載が始まってから15年、今や国民的マンガ・アニメにまで成長した超人気作を、どう切り込むのか!? ユルユルな雰囲気の中にも、意外な小ネタあり、出演者のガチ泣きありと、ドラマチックな展開も。その様子をお届けする。


「ツタニコ」ワンピース回レポート

ナビゲーター阿部悟(以下、阿部):3月といえば桜の季節、関東の開花予測でいうと、来週にはちらほら桜が咲くということ。桜といえば、ワンピース、ドクター・ヒルルクですよね。ヒルルクといえばチョッパー。映画でこの部分やりましたよね、娘の横で号泣しちゃって、娘に「泣いてんの?」ってバカにされたりして。それくらいすばらしい、お話が盛りだくさんになると思います。
ゲストの、強者ども、どうぞ!

<拍手とともにゲスト3名、岡田泰典、紀中恭輔、木村元彦が登場>

自己紹介を含めて、「ワンピースと私」ということで、お願いします。

岡田泰典(以下、岡田):HP作ってる岡田です。若いころ飲みに行くとだいたい終電逃してたんですね。で、漫画喫茶で朝まで漫画をいろいろ読んでた中のひとつがワンピース。25、6歳の時……15、6年前ですかね。最初から面白いなと思って読んでたんですけど。ハマるきっかけは10巻のナミの話。(主人公のルフィに)「助けて」っていう。

木村元彦(以下、木村):(即ツッコミ)それ9巻!

<一同笑>

岡田:あそこで号泣して、そこから一気にハマって。出会いはそんな感じ。

紀中恭輔(以下、紀中):T-SITEニュースのディレクションをしています。僕はジャンプをずっと読んでいて。いつの間にか生活の一部みたいな感じになっていて、絶対月曜にジャンプ、ワンピース読まないといけないっていう。

阿部:ジャンプの中の連載ではワンピースが一番好き?

紀中:そうですね!

木村:アーティストとかキャラ系のTカードを作る仕事をしてます。ワンピースとの出会いは14、15歳の中2、中3くらいの時。今31なんで、人生の半分くらいワンピースを読んでますね。どこでハマったか言うたら、ウソップ海賊団のところですね。海賊団が解散するシーンで大号泣! そこから心をつかまれちゃってますね。

阿部:この3人は会社の中でも詳しい方々なんですが、俺はあまり詳しくない。俺がしゃべるとにわかになっちゃうから! 今更感あると思っちゃう人もいるかもしれないけど、ワンピースってどんな話なのかを、岡田君、知らない人に向けて説明してくれないかな。今何巻まで出てるの?

木村:76巻。(即答)

阿部:1巻から76巻まで要約すると?

岡田:ワンピースっていうのは、ゴールド・ロジャーっていう海賊王が遺した財宝のことで。その海賊王が処刑される時に世界の全てを置いてきたとか言って、それで海賊が、探しにいくぞ、ワーって探しに行ったのが時代背景。主人公のルフィっていうのが、子供の頃にシャンクスっていう海賊に憧れて、大人になったら海賊になるんやって言って成り上がっていきながら、大物になっていく……そんな話。

木村:ワンピースの何がいいか言うたら、仲間がルフィ合わせて今9人いるんですけど、一人ひとりエピソードがあって、仲間になる時のエピソードが泣ける。

阿部:泣くシーン多いでしょ、ワンピースって。しかも、(作中でキャラクターが)号泣しない? みんな顔ぐしゃぐしゃにしてさ。あれ見るとつられて泣いちゃうよね。
ワンピースって話長いし、エピソード一個一個話してたら終わらないから。話題の切り口をボックスの中にいれてあるんで、一個ずつキーワードを引いてしゃべってもらおうかと思います。


<以後、キーワードをメンバーが順番に引いていく。盛り上がった話題をピックアップして紹介する>


(「青キジ」)

「ジンベエ」

  

阿部:ジンベエ知ってるよ、魚みたいな人でしょ。

一同:魚人族!

木村:ジンベエザメのね。水の中でむっちゃ強いんですよ。

紀中:エースが……で、ルフィが落ち込んでくる時にいろいろあるんですけど……。

一同:ざっくりしてるな!(笑)

阿部:ジンベエファンっているの?

木村:いると思いますよ! あいつ渋いなーって。頂上決戦の時に……

岡田:ルフィがボコボコにやられて、兄貴が死んで落ち込んでる時に、ジンベエが、こう、ふるい立たせるっていう。

木村:ジンベエがいーひんかったら、麦わらの一味再結成しないかもっていう。


「ブルック」

  

木村:音楽家なんです。ピアノも弾けるし、バイオリンも弾けるし。8人目の新しい仲間。

紀中:ブルックと言えばラブーン。確実に泣きますよね。ラブーンっていう、忠犬ハチ公みたいなクジラがいるんですけど。

木村:ブルックが出てくるのが46巻か47巻……

一同:さっきから巻数覚えてるのがすごいな!

木村:……なんですけど、ラブーンが出てくるのが13巻とか14巻なんです。その間は多分、7,8年あるのに、そこで来るかあ!と。

阿部:尾田栄一郎の伏線がすごいっていうよね。

(「太陽の海賊団」)


「赤犬」

阿部:菅原文太みたいなやつでしょ。他にもモデル(になっている人)みたいなのいるの?

一同:青キジは松田優作、黄猿は田中邦衛。

阿部:赤犬強いんだよね。エース殺したやつ。むかつくね。

木村:エース火やったんで、マグマには勝てないんです。

阿部:エース死ぬ時……「愛してくれてありがとう」って言うんだっけ、俺、泣いたもん。頂上決戦の一番いいとこ。でも、ワンピースって基本人死なないでしょ?

岡田:珍しく死んだパターン。

木村:過去では死ぬんですけど、現在では死なない。でもエースは最初から死ぬことに決まってた。

(「イワンコフ」)

「ナミ」

  
  

岡田:魚人のアーロン一味に虐げられてたんです。魚人が村を襲いに来て、ナミは航海士としての腕が優れているので、連れて行かれるわけですよ。うう、泣きそう(すでに涙目)! ナミは、一億ベリー支払ったら村を返してやるわって言われて、村を守るため、イヤイヤ仲間になるんです。でも、一億ベリー貯まりそうっていうときに、魚人がウソついてたって分かるんですね。ナミのお金を盗んじゃうんです。ほんで、怒って。

木村:それまで、ずっと一人でかかえて、貯め続けて……。そのことを村人は知らないっていうことになってるので、甘えられないんです。で、もうアカンってなったときに、ルフィに助けを乞うんです。ルフィは「当たり前だ」って言うんです。ルフィは、シャンクスからもらった、人に貸さない麦わら帽子をかぶせて、戦いに行くと。もうすごい、今泣きそうです(涙目)!

岡田:お母さんの話もすごく好きで。ナミは拾われっ子なんです。お母さん役の元海軍のベルメールさんが、ノジコという子供と一緒に育てるんです。で、魚人が襲いに来たときに金を要求されて。魚人は、ナミとノジコに気づいてなくて、ベルメールさん1人分払ったら見逃してやると言ったんです。

<涙を拭いながら熱弁>

木村:大人1人分払えばそのまま逃れられたんです。でも、「よかった子供2人分払えた」って言うんです。で、私の分は払ってないって。で、ベルメールさん殺されるんです。


「ウォーターセブン」

木村:空島に行く前に、行くところなんですよ。ウソップが好きなカヤさんて人の執事がくれたゴーイングメリー号っていう船を、そこで直してくれって言うんですけど、ボロすぎて直らないって言われて。買い換えるしかないって。ルフィは一大決心をして、買い換えようと。ウソップは降りられへんって。ウソップは弱いキャラで、自分だけ弱いから劣等感があるんですね。使えないもの捨てるんだったら、オレも置いていけって。ウソップ対ルフィで(戦うんです)。

阿部:船のために。

木村:船のために。ウソップもあかんと思っているけど、戦ったら負けちゃうんで。で、ルフィはいったん置いてっちゃうんです。でも、一味がめっちゃ窮地に立たされて逃げ場がないって時に、誰も考えてなかった、ゴーイングメリー号が迎えに来るんです。メリー号の意思で。迎えに来て、逃げ帰って、最後の最後に船首がバキって折れちゃうんです。で、ルフィがここで終わりやって、火で(ゴーイングメリー号を)燃やすんです。 僕そのとき、ちょっとコンビニ寄って読んだシーンがそこで、コンビニ入って30秒で泣いてましたからね!

岡田:どこかワンシーン選べって言われたら、この別れのシーンを選びますね。44巻。44巻最後の1話はマジやばいです。今まで大事にしてくれてありがとうって言って沈んでいくんです。

<またしても涙を拭う>

阿部:泣いてるやん!(笑) ごめん笑って。すごいなワンピース。

岡田:それと、ロビン。ロビンは最初敵だったんです。一味に入っても、どうても一歩引いたところがあって、仲間に入りきれないところがあったんです。でもここではじめて一体化するんですね。

阿部:ウォーターセブンいいじゃん!

木村:船大工のフランキーが仲間になるところでもあるよね。終わりが45巻。34巻とかで始まるから。
あ、そうそう。仲間の話で一個だけ話したいことがあるんですけど。ワンピースって、仲間になる時に、一人目とか二人目とか、話のタイトルがついてるんですけど。ゾロが仲間になった時に、一人目とか話のタイトルがついてて。サンジの時が四人目。で、まだ出てないのが、チョッパーとロビンで。五人目と六人目が出てないんです。話のタイトルで。だからまだもう一悶着あるんじゃないかって言われてたんです。ウソップも、三人目ってずっと出てなかったんです。出たのが45巻なんです。その時に初めて、真の仲間になったみたいな。尾田さんもきっと大事にしてると思うんです。

「東京ワンピースタワー」

阿部:今ホットな! 東京ワンピースタワーって知らない人もいるから、ざくっと。

木村:3月13日オープンしたんですけど。東京タワーの3~5Fに、ワンピースのディズニーランドみたいなのができたんです。アトラクションあり、レストランありっていう。それが、Tカードでも入れるんですよね。僕も行ったんですよ。さっそく。入ってすぐの3Fが最初なんですけど。まずど頭に、名シーンのめっちゃどでかいのがあって。その後、等身大フィギュアがある。そっから、4、5Fにアトラクションがある。

紀中:グッズは下の階で売ってます。

阿部:ワンピース興味わいてきた! 俺、途中で飽きちゃったんだよね。ごめんね。

木村:空島でくじける人多いんです。アラバスタは一個一個の戦いが面白いんですけど、空島って、一個一個の戦いはそんなに盛り上がらない。全編通して読むといいです。最後、鐘を鳴らすんですよね。その鐘に! 何年分の、何千人分の気持ちがこもってるみたいな! 鳴らす瞬間に涙出ますから。

「Tカード」

  

ワンピース×Tカード

岡田:『ワンピース』のカードも発行されたんですけど、初音ミクとかと同じくらい人気ですね。TSUTAYAのメルマガで、先週ワンピースのサブジェクト載せて送ったら、過去最高のクリック率を記録しました。やっぱワンピースってすごいですね。

木村:一味全員写ってますので。それもいいですよね。

阿部:もう、国民的なキャラクターですからね。みんな持っててもおかしくないもんね。

木村:あと、このカード持ってる人だけが申し込めるグッズがあります。

阿部:何もらえるの? 秘密?

紀中:秘密ではないですけど、検索してもらうと細かくかいてあるので、HP見て下さいね!

(>『ワンピース』Tカードの詳細はこちら)

木村:関係ないですけど、ちょっと前に47都道府県のワンピースの歌が出たんです。で、一県一県キャラが当て込まれてて、僕、滋賀県出身なんですけど、滋賀県はオトヒメだったんです。

紀中:僕、三重県なんですけど、バーソロミュー・くまでした。

木村:一番しっくりきたのが、ニコ・ロビン。歴史を追い求める人なんですけど、ロビンは奈良やったんです。ナミは愛媛、みかんだからね。東京はエネル。……雷門で。

「ルフィ」

阿部:最後出たー! もうワンピースといえばルフィなの?

岡田:リーダー資質ありますよね

阿部:ちょっとマヌケじゃん?

岡田:マヌケだけどリーダー資質あるんです。

木村:ルフィですごくいいセリフがあって。アーロンっていうナミを拘束していた人なんですけど、その人に対して言うんです。「俺は、剣術もできないし、航海士でもないし、料理もできないし、うそもつけへん。なんにもでけへん。仲間がいないと何もできないけど、お前は倒す」って。

(©尾田栄一郎/集英社・フジテレビ・東映アニメーション)

TSUTAYA(ツタヤ)の公式ニコ生番組 略して 「ツタニコ」 映画や音楽を中心に様々なエンタメ情報を、毎回テーマを決めて深堀りし、ゆる~くお届け。隔週木曜18時30分よりOA中。生でご覧いただけない方はタイムシフト予約もオススメ。次回4月2日(木)18:30-19:30のテーマは本屋大賞、漫画大賞。
「ツタニコ」を観る


「ONEPIECE」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 福地桃子、7月ドラマ『チア☆ダン』に出演決定「全力で挑みたい」

    2位

  3. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS