芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

ジェラルド・バトラー、夢を叶えた先の苦悩を語る

2014年11月16日(日) 01:41配信

「有名」であることの苦労を語ったジェラルド・バトラー

「有名」であることの苦労を語ったジェラルド・バトラー

スコットランド出身のジェラルド・バトラーは、ハリウッドでもトップクラスの人気俳優として知られ、『エンド・オブ・ホワイトハウス』やその続編『London Has Fallen(原題)』に出演してきた。

役者としてのキャリアは順調な一方で、ジェラルドは別の仕事をしていたほうが良かったかもしれないと思うことがあるようだ。

ジェラルドは独版『Glamour』誌とのインタビューで、役者として活動する前にしていた弁護士の仕事を続けていたらどうなっていたかと問われると、「市街地でいい家に住み、メルセデスでも転がしていたんじゃないかな」と答えた。「それに、結婚して子どももいただろう。そっちのほうが良かった」

「家庭的になるには今が良い時だ。まだ独身でいる理由の一つは、この仕事かもしれない。たくさんの冒険、楽しみ、そして独立を与えてくれる。でも子どもを育てるという考えもステキだね」

スコットランドの法科大学を卒業後、ジェラルドはエジンバラの弁護士事務所に見習いとして就職。しかしこの会社では物事が想定通りには運ばなかったようだ。

「解雇されたんだ」とジェラルドが認めた。「良い仕事をせず、パーティーに明け暮れていた。上司は僕が役者になりたいことを知っていた。だからこう言われたんだ。『本当にやりたいことをやるべきじゃないか』とね」

そんなジェラルドは以前、役者になったのは有名になりたいという不純な動機だったと認めたことがある。しかし有名人としてのステータスには不都合な面があると知ったのは、かなり時間が経ってからだったようだ。

ハリウッドで経験した一番つらい教訓は何かと質問されたジェラルドは、「パパラッチだよ」と答えた。「彼らのおかげで生活がかなり制限される。もうどこにも自由に行けなくなった。車の後をつけてくるし、レストランではダラダラすごして嫌がらせをしてくる。他の客も不便を感じ、それが自分のせいだと感じるんだ」

家庭やパパラッチ。有名になりたいと願った彼が、有名になったことで払った代償は大きなものだったようだ。


このタグがついた記事をもっと見る

300 <スリーハンドレッド>/トロイ

300 <スリーハンドレッド>/トロイ

出演者 ジェラルド・バトラー  ブラッド・ピット 
監督 ザック・スナイダー  ウォルフガング・ペーターゼン 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 映画『ジオストーム』からブルゾンちえみの吹き替え映像&日本語吹替え版予告が解禁!

    2位

  3. ワンオク TAKAのイケメンすぎる交友関係まとめ! 三代目JSB・岩田剛典、佐藤健、綾野剛etc.

    3位

  4. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS