芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

『フィフティ・シェイズ』のジェイミー・ドーナン、熱狂的ファンに殺されることが一番の不安!?

2015年1月10日(土) 17:03配信

ジェイミー・ドーナン

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の熱狂的なファンに殺されることが怖いと語るジェイミー・ドーナン

俳優のジェイミー・ドーナンにとって一番の不安は、「熱狂的なファン」に殺されることのようだ。  

ジェイミーは2006年の映画『マリー・アントワネット』に脇役で出演し、俳優としてのキャリアをスタート。その後は英TVシリーズ『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』で主役を務め、好評を博した。

そんなジェイミーにとってキャリア最大の役は、官能小説を原作とした映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2月13日全国公開)のタイトルロールであり、SMに興味のあるビジネスマン、クリスチャン・グレイだ。  

このキャスティングをめぐっては、原作ファンの間で意見が割れた。ジェイミーは出演の決断を変えなかったものの、劇場で公開されたときの観客の反応には不安があるようだ。  

「広報担当者が、『大体は良い反応だ』と言っていたと思う。この映画についての意見は、良いものも悪いものも含め、色々聞いている。その本質として、格好のターゲットなんだ」とジェイミーは出演が発表された後、インターネットを避けていたことについて『Details』誌に説明した。

「あまり広く伝わってほしくないけど、ジョン・レノンみたいにプレミア会場で熱狂的なファンに殺されるのが怖い。僕がこのキャラクターを演じることにとても怒っている人たちがたくさんいるからね。それに僕には子どもが生まれた。妻もいるし、まだ死にたくない」。

ジェイミーは妻で女優のアメリア・ワーナーとともに幼い娘を育てている。殺されることについて考えを押し進めたジェイミーは、不安の中にユーモアを見出そうとしたようだ。  「もし僕が本当に殺されたら、世間は“『Details』誌でのインタビューで自分がレッドカーペットで殺されることを予見していたなんて怖いことだ”と言うだろうね」とジェイミーが語っている。  

E.L.ジェイムズによる原作で、クリスチャンは映画版ではダコタ・ジョンソン演じる女子大生のアナスタシア・スティールとエロテックな関係に溺れていく。ジェイミーは演じるキャラクターの力学に関し、強く引かれる自分がいたと話している。  

「どこか壊れた人たちに対する、僕の興味と理解(と関係がある)」とジェイミーはつけ加えた。「自分が傷ついた鳥だと言うつもりはないけど、若いときに母を失ったことで傷ついた大きな部分がある。だから傷ついたキャラクターに引かれるんだ」。

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』公式サイト


「ジェイミー・ドーナン」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

著者 E・L・ジェイムズ  池田真紀子 
訳者 池田真紀子 
概要 グレイの豪邸を初めて訪れたアナに差し出された、二通の契約書。それには秘密保持義務と、彼とつきあう女性が守るべきさまざまなルールがそれぞれ定められていた。食事、服装、エクササイズの方法から、信じられないようなセックスの詳細まで。普通の恋人同士になることを夢見ていたアナは大きなショックを受け、苦悩する。それでも彼女はグレイを拒むことはできなくて…。

 作品詳細・レビューを見る 

THE FALL 警視ステラ・ギブソン

THE FALL 警視ステラ・ギブソン

出演者 ジリアン・アンダーソン  ジェイミー・ドーナン  ジョン・リンチ  アーチー・パンジャビ  ブロナー・ウォー  ニーヴ・マグレイディ  ローラ・ドネリー  ベン・ピール  マイケル・マケルハットン  アシュリン・フランシオーシ 
監督 ジェイコブ・ヴァーブリューゲン 
製作総指揮 アラン・キュービット  パトリック・アーウィン  ジャスティン・トムソン=グローヴァー 
脚本 アラン・キュービット 

 作品詳細・レビューを見る 

マリー・アントワネット

マリー・アントワネット

出演者 キルステン・ダンスト  ジェイソン・シュワルツマン  マリアンヌ・フェイスフル  リップ・トーン  ジェイミー・ドーナン  オーロール・クレマン  ジュディ・デイビス  アーシア・アルジェント  スティーブ クーガン  ローズ・バーン  モリー・シャノン  シャーリー・ヘンダーソン  ダニー・ヒューストン 
監督 ソフィア・コッポラ 
製作総指揮 フランシス・フォード・コッポラ  ポール・ラッサム  フレッド・ルース  マシュー・トルマック 
脚本 ソフィア・コッポラ 
原作者 アントニア・フレイザー 
概要 「ヴァージン・スーサイズ」「ロスト・イン・トランスレーション」のソフィア・コッポラ監督が、世界一有名な王妃マリー・アントワネットを主人公に描く歴史ドラマ。孤独に悩む幼き王妃マリーの心の軌跡をおしゃれでポップに綴る。主演は「スパイダーマン」シリーズのキルステン・ダンスト。14歳でオーストリアからフランス王太子のもとへと嫁ぐことになったマリー・アントワネット。そんな彼女を待っていたのは24時間衆人環視の不自由な結婚生活だった。夫ルイとも心を通わすことが出来ず、さびしさを紛らわすため贅沢三昧を繰り返すマリーだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 山﨑賢人、思わず観客目線?「今日すごく…来てよかったなっていう…」―『羊と鋼の森』完成披露試写会

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 新作映画『五日物語―3つの王国と3人の女―』を観るべき3つの理由――おとぎ話が秘める狂気と残酷さ、艶めかしい映像美で暴き出す

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露
  • インパクト大!“もも時計”のお姉さん・青山めぐが美脚&美ももを披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS