芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

サム・テイラー=ジョンソン、『フィフティ・シェイズ』続編2作の監督を降板!

2015年3月30日(月) 19:03配信

サム・テイラー=ジョンソン

大ヒット作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』シリーズから降板したことが分かったサム・テイラー=ジョンソン監督

英映画監督のサム・テイラー=ジョンソンが、大ヒット作『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』シリーズから降板したことが分かった。

サムはE.L.ジェイムズによる官能小説を原作とし、ダコタ・ジョンソンとジェイミー・ドーナンが主演した劇場版でメガホンをとった。しかし彼女は25日、続編の『Fifty Shades Darker(原題)』と第3作『Fifty Shades Freed(原題)』では監督として現場には戻らないことを明言した。

「『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』を監督できたことは、強烈で最高の冒険であり、とても感謝しています。ユニバーサルには感謝の気持ちでいっぱいです」と彼女は「Deadline」に寄せた声明でコメントしている。

「キャストとプロデューサー、スタッフ、何よりダコタとジェイミーとは、親密で持続的な関係を築くことができました。続編の監督として復帰することはありませんが、第2、第3作でエキサイティングな挑戦をする人には、成功を願わずにはいられません」。

サムは以前、原作者のE.L.との仕事上の関係について心境を語ったことがある。映画版では彼女と多くの側面で何度も意見が合わなかったと明かした。

「わたしたちはしょっちゅう衝突して、何らかの解決策を得るために話し合いを続けなければならなかった」とサムは米『Hollywood Reporter』誌に話している。

「言い出すのは彼女のほうで、やりにくかった。大変だった。でもやり遂げることができた。お互いに大変な生みの苦しみを味わったと思う」。

またサムは同誌とのインタビューで、E.L.は映画制作のプロセスで「とても率直に意見」していたともつけ加えた。  

E.L.のリクエストはサムにとって意味をなさないものも多々あったようだ。「E.L.の主張をコントロールするのは、本当に大変だった。『クレイジー』という言葉は使いたくないが、直情的な本能だった」とある関係者は同誌で明かした。

シリーズ第2作『Fifty Shades Darker』は2017年、第3作『Fifty Shades Freed』は2018年の公開が予定されている。

映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』公式サイト


「サム・テイラー=ジョンソン」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

出演者 アーロン・テイラー=ジョンソン  アンヌ=マリー・ダフ  クリスティン・スコット・トーマス  デヴィッド・スレルフォール  デヴィッド・モリッシー  トーマス・サングスター  サム・ベル  オフィリア・ラヴィボンド  ポール・リッター 
監督 サム・テイラー=ジョンソン 
製作総指揮 マーク・ウーリー  テッサ・ロス  クリストファー・モル  ジョン・ダイアモンド  ティム・ハスラム 
脚本 マット・グリーンハルシュ 
原作者 ジュリア・ベアード 
音楽 ウィル・グレゴリー  アリソン・ゴールドフラップ 
概要 ビートルズ結成以前の若き日のジョン・レノンにスポットを当て、育ての母と生みの母という2人の対照的な女性の間で揺れ動くナイーヴな青年の愛憎入り交じる心模様を瑞々しく綴る青春ストーリー。主演はアーロン・ジョンソン、監督はこれが長編デビュー作となるサム・テイラー=ウッド。1950年代半ばのリバプール。幼い頃から伯母夫婦のもとで育てられたジョン・レノン。彼を厳しくしつける厳格な伯母のミミに対し、いつも優しく接してくれる音楽好きの伯父ジョージ。ところが、そのジョージが急死してしまう。悲しみに暮れていたジョンは、葬儀の日に実の母ジュリアを発見する。やがて彼女がすぐ近所に住んでいたことを知り、ミミには内緒で会いに行くジョンだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. ダウト バンドの“次”につながる新曲「閃光花火」 リリース!【撮りおろし&インタビュー】

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS