芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

アーノルド・シュワルツネガー、もうすでに機械が世界を支配している!?

2015年6月22日(月) 13:42配信

『ターミネーター 新起動/ジェニシス』で殺人サイボーグを演じるアーノルド・シュワルツェネッガー

『ターミネーター 新起動/ジェニシス』で殺人サイボーグを演じるアーノルド・シュワルツェネッガー

67才になる俳優アーノルド・シュワルツェネッガーは、最新作出演映画『ターミネーター新起動/ジェニシス』でふたたび未来からやってきた殺人サイボーグを演じている。

1984年のオリジナル『ターミネーター』でもT800型サイボーグを演じたシュワルツネガーは、エポックメーキングであったオリジナルの「ターミネーター」で予言された未来に、現実の社会も向かっているのかもしれないと考えているという。

「1984年当時、多くの人はジェームス・キャメロンが創り出した世界は、ありえない夢物語だと考えていた。あんなことが現実になるとは、これっぽっちも思っていなかったのさ」と、彼はイギリスの『The Sun』紙のインタビューで答えている。

「ところが、実際には、もうすでに機械にすべてを乗っ取られてしまっている。もう追いつけないよ。僕自身もよくコンピューターを相手にチェスをするのだけど、中くらいの強さに設定しても、二度目のゲームには必ず負けてしまうんだ。足りないものがあるとすると、それは機械が自己に目覚めること。ターミネーターの世界のレベルに達するには、ただほんのそんな小さなステップが足りていないだけだ。今や、僕らが映画にしているものはほとんど現実であると言っていい。1984年当時のように、こんなこと絶対にありえない、なんて言えないな」。

シュワルツネガーは、2003年から2011年まで第38代のカリフォルニア州知事を務めた。政治の世界に身を置いていたため、2009年の『ターミネーター4』への出演は見送っている。

「知事であった頃には、その責任と仕事に全精力を傾けていたから、うん、ちょっと副業で映画に出てみようかな、なんて考える暇もなかった」と、シュワルツネガーは、その時の状況を説明している。

「出演できなかったことは残念だったけれど、その代わりに自分がしてきたことには絶対的に満足している。知事としての責任を全うしながら天にも昇るような気持だった。自分にすべてを与えてくれた国と州に何かしら恩返しができたと思っているよ。もしもう一度『ターミネーター』が作られる機会があった時は、カンバックして出演する。それは自分の中では分かっていたことさ」。

「ターミネーター 新起動/ジェニシス」は7月1日に全米公開を迎える(日本公開は7月10日)。

【5月25日はターミネーターの日】新宿に巨大シュワちゃん出現! サラ・コナーに扮した西内まりやもシュワルツェネッガーに「会いたい♪」とラブコール

【ドッキリ】シュワルツェネッガーがT-800に変身し、街へ繰り出した結果…


「アーノルド・シュワルツェネッガー」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ターミネーター

ターミネーター

出演者 アーノルド・シュワルツェネッガー  マイケル・ビーン  リンダ・ハミルトン  ポール・ウィンフィールド  ランス・ヘンリクセン  アール・ボーエン  ベス・モッタ  リック・ロソヴィッチ  ディック・ミラー  ビル・パクストン 
監督 ジェームズ・キャメロン 
製作総指揮 ジョン・デイリー  デレク・ギブソン 
脚本 ジェームズ・キャメロン  ゲイル・アン・ハード 
音楽 ブラッド・フィーデル 
概要 未来で繰り広げられている人類VS機械の果てしない闘い。機械軍は人類のリーダーであるジョン・コナーを歴史から消すべく1984年のロスへ冷徹無比の殺人機ターミネーターを送り込んだ。目的は、いずれジョンを産むことになるサラ・コナーの抹殺。平凡な女子学生であるサラの前に姿を見せる黒づくめの殺人機。だがその時、彼女を守るために一人の男が現れた。男の名はカイル・リース。ジョン・コナーの命を受け、未来からやって来た戦士であった。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アーノルド・シュワルツェネッガー

生年月日 1947年7月30日(70歳)
星座 しし座
出生地 オーストリア・シュタイアーマルク

アーノルド・シュワルツェネッガーの関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】38号』7/24(火)発売!木村拓哉、二宮和也の豪華W表紙!

    1位

  2. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】37号』4/24(火)発売!表紙は櫻井翔!

    2位

  3. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    3位

  4. ワンオク TAKAのイケメンすぎる交友関係まとめ! 三代目JSB・岩田剛典、佐藤健、綾野剛etc.

    4位

  5. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS