芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

ジェイク・ギレンホール、ボクサー役なのに縄跳びもできなかった?

2015年7月24日(金) 10:44配信

ジェイク・ギレンホール

ボクサー役なのに縄跳びもできなかったとトレーナーに暴露されたジェイク・ギレンホール

俳優のジェイク・ギレンホールは、ボクサーを演じる新作映画『Southpaw(原題)』の撮影でトレーニングをするまで、縄跳びもまともにできなかったようだ。

ジェイクはボクサーのビリー・ホープを演じるため過酷な肉体改造に取り組み、腹筋を毎日2,000回、8マイル(約13キロ)走を週5回というトレーニングをこなした。

スクリーンでは人生で最高の肉体を披露しているが、トレーナーのテリー・クレイボンは当初、ジェイクがトレーニングをやりこなせるかどうか不安だったようだ。

「準備万端どころじゃなかった」とテリーは米エンターテイメント情報番組『E! News』で語っている。

「ボクシングジムで初めて会った時、彼は縄跳びをしていた。その跳び方を見て先が思いやられた」。

ジェイクは半年で147ポンド(約66.7キロ)というほっそりした体つきから、175ポンドという一回り大きなボディを獲得。トレーニングで重要だったのは、ジェイクが本当にボクシングの試合に出るほどの準備をさせることで、リングでの防御テクニックを学ばせることに多くの時間を費やしたという。しかしそれも簡単なものではなく、ジェイクは半年もの間、毎日6時間をかけて練習した。

スクリーンでは説得力のあるボクサーを演じて称賛を浴びたものの、ジェイクは当初、リングに上がるのを怖がっていた。

「手にバンテージを巻いて、初めてのファイトシーンの撮影に入る準備をしていたら、彼はひたすら手の不満を訴えていた。心配で不安が止まらなかったんだ」とテリー。

「僕もかなりフラストレーションがたまってきて、とにかくグローブを付けてやるしかないと伝えた。すでに30分押していたし、みんなが待っていたからだ」。

「でも彼が不安なのは分かっていた。ところがリングに上がって最初のテイクを撮ると、彼を控え室に戻すのに苦労したよ!」 。

ジェイクに必要だったのはテリーに背中を押してもらうことで、やがてすべてのシーンを自分で演じることを決めた。スタントの代役が用意されていたが、ジェイクが使うことはなかったという。

ジェイク・ギレンホール、父親役がきっかけでパパ宣言「子どもがほしい」

ジェイク・ギレンホール&ルース・ウィルソン、公共の場で堂々キス!


「ジェイク・ギレンホール」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

複製された男

複製された男

出演者 ジェイク・ギレンホール  メラニー・ロラン  サラ・ガドン  イザベラ・ロッセリーニ  ジョシュア・ピース  ティム・ポスト  ケダー・ブラウン  ダリル・ディン  ミシャ・ハイステッド  メーガン・メイン 
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ 
製作総指揮 フランソワ・イヴェルネル  キャメロン・マクラッケン  マーク・スローン  ヴィクター・ロウイ 
脚本 ハビエル・グヨン 
原作者 ジョゼ・サラマーゴ 
音楽 ダニー・ベンジー  ソーンダー・ジュリアーンズ 
概要 「灼熱の魂」「プリズナーズ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、「プリズナーズ」のジェイク・ギレンホールを再び主演に迎え、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化したサスペンス・ミステリー。ある日偶然、自分と瓜二つの俳優の存在に気づいてしまい、いつしかアイデンティティの危機に直面していく主人公の混乱と恐怖を描く。共演はメラニー・ロラン、サラ・ガドン。ある日、大学の歴史講師アダムは、鑑賞していた映画の中の端役が自分と瓜二つなことに気づく。以来、取り憑かれたようにその俳優のことを調べ始めるアダム。やがてアンソニーという名前を突き止め、ついに2人は対面する。そして、すべてがまったく同じもう一人の自分の存在に気づいてしまうアダムとアンソニーだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 映画『ジオストーム』からブルゾンちえみの吹き替え映像&日本語吹替え版予告が解禁!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS