芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

クリス・ヤングが反論 ブレイク・シェルトン&ミランダ・ランバートの離婚騒動の憶測に「完全に間違い」

2015年7月23日(木) 16:45配信

離婚が成立したブレイク・シェルトンとミランダ・ランバート

離婚が成立したブレイク・シェルトンとミランダ・ランバート

カントリー歌手のクリス・ヤングが、同じくカントリー歌手のブレイク・シェルトンミランダ・ランバート元夫妻の離婚には何の関係もないと潔白を主張している。

ブレイクとミランダは20日(現地時間)、4年間の結婚生活にピリオドを打つことを発表。元夫妻の声明が公表された直後、ミランダがブレイクに隠れてクリスと浮気したという憶測が飛び交うようになった。

しかしクリスは即行で反論し、カントリー音楽界で最も有名だった夫妻の離婚には何の関係もないとしてファンを安心させている。

「普通ならゴシップの事実関係をいちいち正すことはしないけど、今回はそうする」とクリスはTwitterで宣言した。「ブレイクとミランダの離婚の要因として、僕の名前が取りざたされている。そんなの完全に間違いだ。2人とも友人だし、その友情を裏切るようなマネはしない。それをはっきりさせたかった。みんな、愛してるよ – CY」。

浮気の噂の発端は、ミランダとクリスが2月23日、テネシー州ナッシュビルの「ルーザーズ・バー」で「まるでカップルのように振る舞う」写真が浮上したことだった。

また、2人があまりにも仲が良いことから、ブレイクは友情以上の感情があるのではと疑っていたとも言われている。

クリスとミランダは長年の友人で、クリスはミランダが2012年に行った「オン・ファイア」ツアーでオープニングアクトを務めたこともある。

ミランダとブレイクはAP通信に寄せた共同声明で離婚を発表した。

「これは私たちが思い描いた未来ではありません」と2人は声明でコメント。「私たちは打ち沈みながら別々の道を進んで行きます。生身の人間であり、日々の生活があり、家族や友人、仕事仲間がいます。とても個人的な問題なので、プライバシーの尊重と配慮をお願いしたいと思います」

ブレイクとミランダはテキサス州で盛大な結婚式を挙げ、キャサリン・ハイグルリーバ・マッキンタイアシーロー・グリーン、ケリー・クラークソンといったスター仲間も出席した。

2人の間に子どもはいないが、ブレイクにとってはこれが2度目の離婚で、ケイネット・ジャーンとは2006年、3年間の結婚生活にピリオドを打った。

カントリー歌手のブレイク・シェルトン&ミランダ・ランバートの離婚が成立


このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 【ネタバレ】名探偵コナン、黒の組織黒幕“あの方”の正体が判明!長期休載も発表!

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. ワンオク TAKAのイケメンすぎる交友関係まとめ! 三代目JSB・岩田剛典、佐藤健、綾野剛etc.

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS