芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

【祝】ケイトリン・ジェンナー、裁判所から正式に「女性」と認定

2015年9月29日(火) 14:37配信

正式に「女性」と認定されたケイトリン・ジェンナー

正式に「女性」と認定されたケイトリン・ジェンナー

リアリティ番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』で知られ、性転換プロセスを終えたケイトリン・ジェンナーが、ロサンゼルスの裁判所から正式に女性と認められた。

元金メダリストで、以前はブルースと名乗っていたケイトリンは4月、女性へ性転換することを認めた。6月には米『Vanity Fair』誌の表紙を飾り、今月ロサンゼルス地裁に氏名と性別の変更を求める申請書を提出していた。

25日(現地時間)にサンタモニカで開かれた簡易審理で、ジェラルド・ローゼンバーグ判事はケイトリンの申請を認めた。芸能情報サイトTMZによると、ケイトリンは出廷しなかったが、ウィリアム・ブルース・ジェンナーからケイトリン・マリー・ジェンナーへの氏名変更が認められた。裁判所は医療履歴などの情報を明かしていない。

米『People』誌によると、ケイトリンは「一般市民から不愉快かつ否定的な注目」を受けていることから申請書を提出したという。また、性転換自体については、社会は良い反響を示しているとも断言しているようだ。

ケイトリンは性転換を明らかにして以来、トランスジェンダー界の代弁者となっており、自身を主人公とした新リアリティ番組『I Am Cait』も撮影している。

元妻クリス・ジェンナーの連れ子であるクロエとキム・カーダシアンら家族も彼女の決断をサポートしているとみられている。

家族はケイトリンの人生の変化にどう折り合いをつけているか公言しており、娘のケンダルは先週、父親の性転換について語っている。ケンダルは現時点ではケイトリンのことを父と呼び、全面的に支援している。また、ケイトリンと会うには少し時間がかかったとも認めた。それは性転換手術が終われば、ブルースとは2度と会えないことを意味するからだ。

「すべてが1つのプロセスみたいに感じる。慣れなくちゃいけないものであるのはハッキリしているわ。でも1つだけ言えるのは、まだ彼女とは会っていないということ」とケンダルは「お騒がせセレブライフ」のプレビューの中で語っている。「それに、これは何かを手放すということでもある。彼女と正式に会うということは、父はもういなくなったということ。そこが気になって行動に移せないんだと思う。だから彼女に会うまでにこれだけの時間が過ぎているの」。


「ケイトリン・ジェンナー」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【レビュー】映画『昼顔』―ドラマよりも意外な結末!許されざる二人を待ち受ける運命とは?

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. MAN WITH A MISSION「これだけは押さえておきたい」マンウィズ、おすすめの5曲!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS