芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

ドーナル・グリーソン、新『スター・ウォーズ』撮影現場からライトセーバーを盗みたい衝動を必死で我慢?

2015年11月12日(木) 18:33配信

ドーナル・グリーソン

新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演しているドーナル・グリーソン

アイルランド出身の俳優ドーナル・グリーソンは、J・J・エイブラムス監督の超大作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(12月18日公開)でハックス将軍に扮している。

同作はジョージ・ルーカス監督の「ジェダイの騎士」シリーズをベースとした新3部作の第1弾だ。

ドーナルは『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』でビル・ウィーズリーを演じており、幸いにも大作映画に出演した経験のおかげで、制作現場でのエチケットを学んだという。

『フォースの覚醒』のセットから小道具を持ち帰ることを考えたかどうかという質問に対し、ドーナルは英版『Esquire』誌にこう答えている。

「頭によぎったのは確かだけど、でもある日、『ハリー・ポッター』のセットから帰ろうとしていたら、道路が大渋滞しているのに気づいたんだ。魔法の杖が1本なくなっていたからだよ。探すために交通を止めていたんだ! 後で『ああ、あの時のね』なんて言われるのはイヤだ」

ドーナルはこのところ話題作への出演が続き、『スター・ウォーズ』に加えて恋愛ドラマ『Brooklyn(原題)』のプロモーションをしているほか、アメリカの開拓時代を描く『レヴェナント:蘇えりし者』にも出演している。

この3作品はすべてアカデミー賞にノミネートされると批評家は絶賛しているが、ドーナルは出演作が話題になる中、冷静さを保つ方法をこの数年で学んだようだ。

「『ハリー・ポッター』で、世界中で超人気の世界の一員になる気分を味わった。興奮してすごく緊張したけど、それは忘れなくちゃダメなんだ」とドーナルは説明した。  ドーナルの父は有名な俳優のブレンダン・グリーソン。『トロイ』や『ブレイブハート』、『28日後…』、『ギャング・オブ・ニューヨーク』など名作で出演を重ねてきた。ベテランの俳優を父に持つとはいえ、ドーナルは父の陰で生きているとは感じていないという。

「そのことで不自由を感じたことはないよ」とドーナルは強調した。「父とその仕事を誇りに思っているし、だから父と結びつけられるのは大歓迎だよ。とてもラッキーだと感じているんだ」

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公式サイト


「ドーナル・グリーソン」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

出演者 ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン  ヘレナ・ボナム・カーター  ロビー・コルトレーン  レイフ・ファインズ  マイケル・ガンボン  ワーウィック・デイビス  ジェイソン・アイザックス  ジョン・ハート 
監督 デヴィッド・イェーツ 
製作総指揮 ライオネル・ウィグラム 
脚本 スティーヴ・クローヴス 
原作者 J・K・ローリング 
音楽 アレクサンドル・デプレ 
概要 2001年にスタートしたJ・K・ローリング原作の大ヒット・ファンタジー・シリーズ第7作の後編にしてシリーズ完結編。魔法学校ホグワーツさえも戦場と化す中、ついに迎える闇の帝王ヴォルデモートとハリー・ポッターの一騎打ちの行方を壮大なスケールで描き出す。監督は第5作「不死鳥の騎士団」以降のすべてを担当したデヴィッド・イェーツ。ヴォルデモートを滅ぼすべく“分霊箱”を破壊するための旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニー。数々の困難に直面し、またヴォルデモートが放つ死喰い人の追撃に苦しめられながらも一つひとつ分霊箱を破壊し、残る分霊箱の発見に奔走していた。しかしそこには、さらなる危機と驚愕の真実がハリーを待ち受けていた。

 作品詳細・レビューを見る 

ギャング・オブ・ニューヨーク

ギャング・オブ・ニューヨーク

出演者 レオナルド・ディカプリオ  キャメロン・ディアス  ダニエル・デイ=ルイス  ジム・ブロードベント  リーアム・ニーソン  ヘンリー・トーマス  ブレンダン・グリーソン  ジョン・C・ライリー  ゲイリー・ルイス  ロジャー・アシュトン=グリフィス 
監督 マーティン・スコセッシ 
製作総指揮 マウリツィオ・グリマルディ  マイケル・ハウスマン  ハーヴェイ・ウェインスタイン 
脚本 ジェイ・コックス  ケネス・ロナーガン  スティーブン・ザイリアン 
音楽 エルマー・バーンスタイン  ハワード・ショア 
概要 1846年、ニューヨークのファイブ・ポインツでは、アメリカ生まれの住人たちの組織“ネイティブズ”とアイルランド移民たちの組織“デッド・ラビッツ”が対立している。幼少のアムステルダムは、神父でデッド・ラビッツのボスである父親を敵のボス、ビリーに殺された。アムステルダムは投獄され、復讐を誓いながら15年の歳月が過ぎる。アムステルダムが帰ってきたファイブ・ポインツは、ネイティブズに仕切られ腐敗していた。デッド・ラビッツは既に壊滅している。それでもアムステルダムは復讐のため素性を隠しビリーの組織に潜り込んだ。やがてジェニーという女に出会い、次第に惹かれていくのだが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ドーナル・グリーソン

生年月日 1983年5月12日(35歳)
星座 おうし座
出生地 アイルランド・ダブリン

ドーナル・グリーソンの関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】38号』7/24(火)発売!木村拓哉、二宮和也の豪華W表紙!

    1位

  2. 【もはやホラー!】『妖怪ウォッチ』最新作のビジュアルが怖すぎる件

    2位

  3. 邦楽アーティスト 男性デュオ10選!

    3位

  4. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS