公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのおすすめ映画情報なら、T-SITEニュース 映画

『グランド・ブダペスト・ホテル』にちりばめられたウェス・アンダーソン印とは?

2014年12月2日(火) 12:00配信

一度はまると病みつきになる人が続出!? どんなスターが演じるどんな登場人物も、どんな時代設定や場所も独自の世界観に仕立て上げる美的センスで、映画ファンを魅了し続けるウェス・アンダーソン監督。その作品に散りばめられた “ウェス・アンダーソン印”とは——。 

彼の集大成とも言える2014年のヒット作『グランド・ブダペスト・ホテル』のDVD化を記念して、代官山 蔦屋書店シネマ・コンシェルジュの上村敬氏に見どころを解説してもらった。

一目見てウェス・アンダーソン映画だとわかる!

映画史には、あまりにも世界観が完成されているが故に、ワン・ショットを見ただけで誰の映画かがわかる映画監督がいる。代表的な例は、20世紀前半から半ばにかけて活躍したジョン・フォード、アルフレッド・ヒッチコック、小津安二郎など。1969年生まれのアメリカ人監督、ウェス・アンダーソンも間違いなくその系譜に名を連ねる存在だ。とはいえ、アンダーソンのすごさは「現代の映画産業の中で、自分の世界観を貫いているところ」だと上村氏は語る。

「ハリウッドでも日本でも、スタジオ・システムで映画が撮られていた頃は、舞台となるセットから作り込んでいたため、監督は自分の世界観を作りやすかった。しかしスタジオ・システムが崩壊して以降は、ロケーションという方法で映画を撮ることが多く、すべてを作り込むことは難しいのが現状です。そんな中で、細部にまでこだわって自分の世界観を表現し続けるウェス・アンダーソンは、ほとんど奇跡に近い存在なのです」

ウェス・アンダーソン印その1
「真正面から人物を捉えた、左右対称の構図の多用」

ウェス・アンダーソン印その2
「カラフルでお洒落な衣裳や小物を使った、おとぎ話のようなビジュアル」

一癖も二癖もある、ちょっと変な登場人物たち

独特の映像感覚に加えて、豪華キャストが演じる風変わりな登場人物たちもウェス・アンダーソン映画の特徴だ。

「『グランド・ブダペスト・ホテル』を例にとっても、シアーシャ・ローナン演じる頰にメキシコの形のアザがある少女や、ティルダ・スウィントンが奇怪な老けメイクで演じる老婆など、他の監督の映画では見られないヘンテコなキャラクターばかりです」

  

ウェス・アンダーソン印その3「多シリーズで同じ俳優を起用」

さらに興味深いのは、そのキャストの多くがアンダーソン映画の常連で、作品ごとに異なる顔を見せていること。『グランド・ブダペスト・ホテル』は主演のレイフ・ファインズこそアンダーソン組初参加だが、オーウェン・ウィルソンは長編デビュー作『アンソニーのハッピー・モーテル』(1996)から出演し続けている大学時代の盟友だし、ビル・マーレイやジェイソン・シュワルツマンは第2作『天才マックスの世界』(1998)から、ウィレム・デフォーは第4作『ライフ・アクアティック』(2004)からの常連組である。他にも、エイドリアン・ブロディは第5作『ダージリン急行』(2007)から、ティルダ・スウィントンやエドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテルは第7作『ムーンライズ・キングダム』(2012)に続いての出演だ。いずれも錚々たるスターでありながら、アンダーソン作品では特異なヘアメイクや衣裳でキャラクターになりきっているため、観客は後から「この人が出ていたのか!」と気づくことも多い。

また登場人物といえば、3人組が出てくることも複数の作品に共通する設定だ。

「3人の男が強盗をたくらむ『アンソニーのハッピー・モーテル』から始まって、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001)や『ダージリン急行』も3人兄弟が主人公。『グランド・ブタペスト・ホテル』にも、主人公ではありませんが3姉妹が登場します。このような複数の作品に共通するモチーフは他にもたくさんあって、本筋とはあまり関係ないところでも小出しにされているので見逃せません。たとえば『グランド・ブダペスト・ホテル』には出てきませんが、他の何作品かで妊婦が印象的な場面で出てきたり、12歳という年齢への言及があったりします。こういった監督のこだわりを発見しては、何を意味しているんだろう?と考えながら楽しめるのが、ウェス・アンダーソンの映画の魅力ですね」

様々な美意識に彩られたウェス・アンダーソン監督の世界。物語を追うだけではなく、画面に映っているものすべてに目をこらしてみると、映画をもっと楽しめるかも?

(C) 2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

1930年代のヨーロッパ。格調高いグランド・ブダペスト・ホテルの名コンシェルジュ、グスタヴ(レイフ・ファインズ)は完璧なおもてなしで多くの常連客から慕われていた。ある日、長年の上客だった老婦人が殺される事件が発生。遺産の一部を譲られたことから容疑者と見なされたグスタヴは、新人のベルボーイとともに逃避行を続けながら真相を追うが…。

【代官山 蔦屋書店】
シネマ・コンシェルジュ 上村敬氏

1978年東京生まれ。コロンビア・カレッジ・シカゴで映画製作を学び、代官山 蔦屋書店のシネマ・コンシェルジュとして、オープンから現職。現在、店頭に立つだけでなく、『日刊ゲンダイ』紙上にて新作レンタルDVDを紹介する連載や、断続的に最新公開映画の紹介などにも従事。

このコンシェルジュの他の記事を読む  他の代官山 蔦屋書店コンシェルジュの記事を読む  コンシェルジュブログ


「ウェス・アンダーソン」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ウェス・アンダーソン

生年月日 1969年5月1日(49歳)
星座 おうし座
出生地 米・テキサス・ヒューストン

ウェス・アンダーソンの関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. ダウト バンドの“次”につながる新曲「閃光花火」 リリース!【撮りおろし&インタビュー】

    4位

  5. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS