公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのおすすめ映画情報なら、T-SITEニュース 映画

のっけから裏話が止まらない! 映画公開記念『ST』イッキミイベントトークショー(第一部)

2014年12月23日(火) 01:51配信

(左から)水上剣星、柴本幸、芦名星、佐藤監督、森プロデューサー

(左から)水上剣星、柴本幸、芦名星、佐藤監督、森プロデューサー

2013年のスペシャルドラマ「ST 警視庁科学特捜班」から1年、連続TVドラマとして2014年7月から全10話が放送された「ST 赤と白の捜査ファイル」。個性豊かな分析官たちが、不可解な難事件を次々と解決していくという“警察モノの新たな一面”を切り開いてきた。

今回は、異例の速さで映画公開が決まった『ST』(2015年1月10日全国公開)の映画公開記念イベント「映画公開記念 ドラマ『ST』全10話イッキミ耐久レース ~ボク、もう帰っていいかな~」が開催され、レース開始前のトークイベント第一部に、プロデューサーの森雅弘、監督の佐藤東弥、そして当日のシークレットゲストとして、結城翠役の芦名星、筒芋桃子役の柴本幸、牧村真司役の水上剣星が登場した。

竜也さんは結構しっかりしているんですけど、岡田君が…(芦名)

まず芦名が「みなさんきっと(ゲストは)竜也さんかな? 岡田君かな? という中で私が出てきちゃいましたが…。私の方からみんなのエピソードを伝えられればと思います。今後も続いたら良いなというのがSTメンバー全員の思いなので、力を貸していただければ」と挨拶すると会場からは大きな拍手が。そして「凄くチームワークの良い現場で、楽しく撮影したのがそれが作品に出ていると思う」(柴本)、「ファンの皆さんに支えられているので、今日会えたことを嬉しく思います」(水上)と二人も続いた。

司会進行を務めるプロデューサーの森本が「映画を試写で見た人は?」と聞くと、会場の結構な数の挙手に芦名らキャストも「わぁ」と驚きの声を上げる。熱いファンが集まっている中、トークショーがスタートした。

「赤城と百合根の仲は、本当のところどうだったのか?」とまず監督が切り出すと、芦名は「竜也さんは結構しっかりしているんですけど、岡田君が…。岡田君のエピソードはすぐ浮かぶんですけどね」と話し、「腰砕け系ですよね」と森本も突っ込み会場の笑いを誘う。「映画の撮影で茨城に行った時、(飲み屋の)お店の方がドラマを観てくれていてサインを書くことになった。私は、次に書く三宅さんのスペースを残していたのに、岡田君がスッと入ってきてそこに“ST”と書いて『これで完璧でしょう!』って言ったんです(笑)」とまずは岡田の暴露話を。芦名はさらに「茨城では、未来ちゃんと現場で怖い話をして。そしたら本当に未来ちゃん怖くなっちゃって、私の部屋に泊まりに来たんです。飲んだ後だったから一緒に夜を過ごしたら楽しくなっちゃって、ほとんど寝ないまま次の現場に行きました」と志田とのエピソードも披露。

  • 芦名星
  • 柴本幸
  • 水上剣星
  • 監督の佐藤東弥
  • プロデューサーの森雅弘
  • 水上剣星
  • 芦名星
  • 柴本幸
  • イベントPOP

哲司さんは酔い方が可愛い(柴本)

「一緒に飲んで記憶に残っている印象的だったキャストは?」と森本に聞かれた柴本と水上は口を揃えて「…(田中)哲司さん?」と一言。「悔しいですよね。どこに言っても哲司さん話題になるんで」という森本に「哲司さんは酔い方が可愛いんですよね。ずるい」(柴本)、「そうですね。“一杯”と言いながら七杯くらい飲んでたという…」(水上)とそれぞれが田中の“可愛らしい”一面をしみじみ語った(ちなみに、田中のお酒に関するエピソードはしばらく止まらかった)。

話を振った監督は二人について「しっかり物の岡田君がやんちゃな藤原君のフォローしている…と見せて、実は藤原君がリードしている。芝居的にはお互い助け合って、仲は良いけど馴れ合っていない。仕事のパートナー。凄く良いチームでした」とコメント。森本はスペシャルドラマのときの前室での距離感や空気感を見ていて「これはSTだ。できた、と確信した」と自身が印象的だったエピソードを続ける。

現場について芦名は「台詞の量がものすごいんですね。説明台詞が多いし、竜也さんなんて専門的な知識のこと、未来ちゃんもそうだし…一人しゃべらない人いますけど(笑)。竜也さんは前日に台本が上がってきても完璧にしてくる。言葉は無くても、いい緊張感を持っていた」と振り返る。そして「窪田さんは飲んでもあのままなのですが、すっごく楽しくなったら音楽聴いて踊ったりするんです」と、この場ならではのとっておきの話も披露。

この熱量で盛り上がりを見せるトークショー、監督の佐藤は「TVドラマはじっくり見て楽しむのも良いけど、こういう形で大勢で楽しむのはすごくいいんじゃないかなと思うので、自由に楽しんでいってほしい」とこれからスタートする会場のテンションを盛り上げ、そのまま耐久レースに突入していくのであった…。

なお、年末年始には映画の特番や連ドラの傑作選もオンエアされるようなので、本作に興味を持ったならそちらもチェックしてほしい。また、TSUTAYAでは映画公開を記念したプレゼントキャンペーンを12月26日より実施する。


映画『ST 赤と白の捜査ファイル』
2015年1月10日(土)全国東宝系にてロードショー

(C)2015 映画「ST赤と白の捜査ファイル」制作委員会

(C)2015 映画「ST赤と白の捜査ファイル」制作委員会

キャスト
藤原竜也 岡田将生
志田未来 芦名星 窪田正孝 三宅弘城 柴本 幸 水上剣星
ユースケ・サンタマリア・安達祐実 鈴木梨央/田中哲司
林 遣都 瀬戸朝香 渡部篤郎

スタッフ
主題歌:「太陽」ファンキー加藤(ドリーミュージック・)
原作:今野 敏「ST警視庁科学特捜班」シリーズ(講談社文庫刊)
脚本:渡辺雄介
音楽:木村秀彬
監督:佐藤東弥
企画・制作幹事:日本テレビ放送網
制作プロダクション:日テレ アックスオン
配給:東宝
製作:映画「ST赤と白の捜査ファイル」製作委員会


「エンタメ」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ST 赤と白の捜査ファイル

ST 赤と白の捜査ファイル

出演者 藤原竜也  岡田将生  志田未来  芦名星  窪田正孝  三宅弘城  柴本幸  水上剣星  田中哲司  林遣都 
脚本 渡辺雄介  みなづきともこ  真野勝成  大口幸子  深沢正樹  及川真実  夏川朋子 
原作者 今野敏 
音楽 木村秀彬 
概要 今野敏の小説『ST警視庁科学特捜班』シリーズを、藤原竜也、岡田将生らの出演で映像化した日本テレビ系ドラマ。オレ様キャラの天才分析官と気弱なエリート警部を中心に、科学特捜班の個性的な面々が難事件に挑む。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

藤原竜也

生年月日 1982年5月15日(36歳)
星座 おうし座
出生地 埼玉県

藤原竜也の関連作品一覧

岡田将生

生年月日 1989年8月15日(28歳)
星座 しし座
出生地 東京都

岡田将生の関連作品一覧

志田未来

生年月日 1993年5月10日(25歳)
星座 おうし座
出生地 神奈川県

志田未来の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 【対談】『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」羽原信義監督×神谷浩史「何度も組んでいるスタッフとキャストだからこそできる何かが絶対にある」

    2位

  3. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS