公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのおすすめ映画情報なら、T-SITEニュース 映画

「僕が想像していたよりもはるかに凄かった」―RADWIMPS 野田洋次郎主演映画『トイレのピエタ』舞台挨拶

2015年5月21日(木) 19:55配信

(左から)松永大司監督、杉咲花、野田洋次郎、リリー・フランキー、市川紗椰

(左から)松永大司監督、杉咲花、野田洋次郎、リリー・フランキー、市川紗椰

“マンガの神様”手塚治虫が死ぬ直前まで綴っていた病床日記にインスパイアされ、『ピュ~ぴる』で国内外から高く評価された映画監督・松永大司が完全オリジナルストーリーで脚本化した初の劇場長編作品『トイレのピエタ』。6月6日(土)の公開を前に、主演の野田洋次郎(RADWIMPS)をはじめ、杉咲花、リリー・フランキー、市川紗椰、松永大司監督らが登壇した舞台挨拶が行なわれた。

大丈夫だよ。生放送じゃないから

映画の舞台で初となる挨拶に野田は「違和感ですね。不思議な感じ。どこに力を込めたらいいかわからない」と心境を吐露。しかし「世の中に出て欲しい作品なので、とにかく嬉しい」と素直な喜びもコメント。また、映画のヒロインで、劇中ではその伸び伸びした演技がとても印象的な杉咲もこの日はガチガチ。「あのー…」とたどたどしく、全く声が出ていないことを「ものすごい声が出てないよ…」とリリーに突っ込まれたり、すぐさま野田が「大丈夫だよ。生放送じゃないから」優しくフォローしたりと最初から和やかな雰囲気。

杉咲花

杉咲花

この日、適度に進行をリードするリリーは「すごい手作り感のある暖かい映画になった」と真面目なコメントも入れつつ、ほとんどは監督や野田、杉咲や市川に茶々を入れる役回りに徹してお客さんの笑いを誘っていた。そして野田は映画に携わったことに関して「映画は監督のもの。最終的に思うのは、僕の人生を撮影期間中にお貸ししますという時間だったということ」と全てをやっている音楽と比較して振り返る。

市川紗椰

市川紗椰

リリーは「脚本が面白かったのと、監督にも興味があった。監督は元ウォーターボーイズなんですよ(笑)」と意外な暴露で監督を困らせたり、杉咲も「本読みのとき、尾崎(市川)のセリフを監督が読んだ時に、あまりにも女の人みたいでした(笑)」と野田が「(撮影前から)監督と一年くらいゲイの如く一緒にいて…」と明かしていたことに悪ノリするなど止まらない。

リリー・フランキー

リリー・フランキー

僕が想像していたよりもはるかに凄かった

また、主演だけでなくRADWIMPSとして主題歌も務めた野田。「この映画を経験して、僕が想像していたよりもはるかに凄かった。死に向かっていく作業ももちろん。工程もそう。共演者ひとりひとりからもらうエネルギーがあまりにも愛しくなって。それがなくならないうちに曲にしたいと思った。数日間で焦りながらもじっくり作りました」とその熱量を一気に凝縮して主題歌が出来上がったという。

野田洋次郎

野田洋次郎

和気あいあいとなった雰囲気に野田は「僕らの雰囲気は伝わったと思う。奇跡のような家族のような作品に関われて嬉しかった。最初の勘は間違ってなかったと強く強く思いました。100人が100人に感動を与える作品ではないかもしれない。それでも何割の人には強く刺さってほしいと思っている。どこか胸につかえのある人とかにも観て欲しい」と、そして監督も「いい映画になっていると思うので、大きなスクリーンで観て欲しいし、みんなに伝えて欲しい。作品を観てもらって初めて苦労が報われると思うので」作品をしっかりPRしてあっという間のイベントを締めくくった。

松田大司監督

松田大司監督

なお、当日舞台挨拶に出席できなかった宮沢りえ、そして本作にワンシーンのみだが出演している佐藤健からそれぞれコメントも寄せられた。

音楽を通じて大好きなアーティスト、野田洋次郎さんとお芝居が出来たことは、心、研ぎ澄まされる貴重な時間でした。余計なモノを省いた野田さんの表現に学ぶ事いっぱいでしたし、この作品に参加し、ひろしという主人公を通じて、「生きる」という当たり前に思うことは、「奇跡」である事を深く感じられた事に感謝です。この作品があらゆるモノを超え愛されますように。。。(宮沢りえ)

野田さんから、映画に出演するという話を聞いていて、今回少しですが参加できたのが嬉しいです。脚本を読ませて頂いて、すごく素敵な話だと思いました。野田さんの感性で、そのまま、自然なまま出ていけばきっといい映画になると思いました。(佐藤健)


映画『トイレのピエタ』
6月6日(土)新宿ピカデリー他全国公開

原案:手塚治虫
脚本・監督:松永大司
主題歌:RADWIMPS「ピクニック」(ユニバーサルミュージック)
出演:野田洋次郎/杉咲花、リリー・フランキー、市川紗椰、古舘寛治、森下能幸、澤田陸、MEGUMI、岩松了/大竹しのぶ(友情出演)/宮沢りえ
配給:松竹メディア事業部
(C)2015「トイレのピエタ」製作委員会


「エンタメ」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

トイレのピエタ

トイレのピエタ

著者 松永大司 
概要 画家への夢を諦めてフリーター生活を送っていた宏は、突然余命三ヶ月の宣告を受ける。残された時間を知るまでは、この夏もいつものように、ただやり過ごすだけの季節になると思っていた。それが人生最期の夏に変わってしまった時、立ちはだかるように現れた女子高生の真衣。「私が生きてるんだから生きろ」宏は、容赦なくありのままの感情をぶつけてくる真衣に翻弄され、戸惑いながらも、生と死の間に強烈な光を見るが…。もっとも純粋で痛切なラブストーリー。

 作品詳細・レビューを見る 

ピュ~ぴる

ピュ~ぴる

出演者 ピュ~ぴる 
監督 松永大司 
概要 奇抜なコスチュームとそれを自ら身につけて行うパフォーマンスで世界的に評価を集める日本人コンテンポラリー・アーティスト、ピュ~ぴる。本作は、長年の友人である松永大司監督が、自らの性同一性障害と向き合い、創作活動へと打ち込むピュ~ぴるの、心と身体、生み出された作品の変遷を8年間に渡って見つめたアート・ドキュメンタリー。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS