公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのおすすめ映画情報なら、T-SITEニュース 映画

Sexy Zoneの中島健人がドS男子に! 大人気少女コミック『 黒崎くんの言いなりに なんてならない』実写化映画決定!

2015年8月28日(金) 11:02配信

(C)「黒崎くんの言いなりになんてならない」(C)マキノ/講談社

(C)「黒崎くんの言いなりになんてならない」(C)マキノ/講談社

2014年1月より講談社 別冊フレンドにて大人気連載中の少女コミック『黒崎くんの言いなりになんてならない』。強引でドSな“黒王子”と優しい“白王子”の狭間で揺れ動く女子という夢のような物語、かつ人気の少女漫画作品の中でも「男の子にこんなことしてほしい!」という女子の妄想を赤裸々にかつ楽しく描いているドキドキしっぱなしのラブストーリーだ。

今回、本作の実写化が決定し、主要キャストも発表となった。

主人公の悪魔級ドS男子「黒崎晴人」を演じるのは、初のラブストーリーに挑むSexy Zoneの中島健人。今回の映画化に際して、「“悪魔級ドS男子”という面白い化学反応で、彼のイメージを覆す作品になるのでは?」と製作陣から白羽の矢が立ったとか。そして、黒崎くんに「絶対服従」を命じられるも、そのドSな振る舞いに抵抗しつつ翻弄されるヒロイン・由宇を演じるのは、小松菜奈。昨年『渇き。』で衝撃的な長編映画デビューを飾り、『近キョリ恋愛』『バクマン。』そして本作と原作ものへの出演が相次いでいる。また、黒崎くんの親友で女子の憧れの的“白王子”こと白河タクミを演じるのは、千葉雄大。

脚本は、豊かなキャラクター描写に定評がある「花咲舞が黙ってない」の松田裕子。メガホンを取るのは、フレッシュな感性を持ちながら、緻密に作品の世界観を作り上げていく新鋭・月川翔。

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』は2016年2月27日(土)より全国ロードショー!

キャストコメント ※抜粋

★中島健人(黒崎晴人役)
今回、映画のお話を頂いて、「恋愛劇」ができることがすごく嬉しかったです。映画に出演して、ご覧になる皆さんの胸をときめかせたい! という気持ちが強かったので、今回このチャンスを頂けて感動しました。大学の友達が、少女漫画マニアの男性なんですが(笑)、色々な漫画を知っている彼がピンポイントで「俺も青春したい!」と言っていた作品で、タイトルは知っていました。作品を読んだ感想は…「スリーS」でした。「スーパー・すごく・S」だなと(笑)。

(黒崎くんは)比較的すぐ言動に出すタイプじゃないと思います。心の中では思いつつもすぐには言わずに一対一になったときに言うとか、目標を狙い定めて自分の気持ちを伝えるタイプだと思うので、それまでのストロークは、目の演技で色々訴えられたらなと考えています。今までの自分にはないタイプの役なので、目力を大事にしていきたいなと思っていますし、時に憂いとか心に抱えているものもしっかりと出していけたらなと。「黒」要素というのが実際の自分にはないと思っていますが、もし少しでもあるとしたら、この役を通してこれから見つけていくしかないなと。この映画で初めて「ブラックな中島」を見て頂けるんじゃないかなと思っています。

★小松菜奈(赤羽由宇役)
原作ものなので「私にできるかな?」と最初はプレッシャーに感じていましたが、今は皆さんと一緒に頑張っていきたいなと思います。原作の漫画は題名通りにこんな感じなのかなといろいろ想像しながら読ませて頂きましたが、とにかくドキドキしっぱなしで、こんなにドSなものは初めて読んだので、すごく新しい感じがしました。

由宇ちゃんについては、地味な女の子がだんだん綺麗になっていくという役どころなので、その差を付けられたらいいなと思います。自分のなりたい理想の女の子になっていくところに気をつけていきたいです。

★千葉雄大(白河タクミ役)
すごく夢がある作品だと思うので、そういうところを出せればいいなと思っています。原作を初めて読んだのが電車の中で、カバーなしで読んでいたので、どう見られたかなと(笑)。僕が演じる白河は“白王子”と呼ばれていますが、実際自分が高校生の時に「王子」なんて呼ばれたことがなかったし、普段の自分にも「王子」要素なんてみじんもないんですけど、なけなしの王子感を出していきたいと思っています。

原作を読んだ段階では何を考えているかわからない人というところがあったんですけど、それは脚本を読んでから考えていきたいと思います。でも、人間が演じるわけですから、血の通った感じになりつつ、甘いセリフみたいなのもあったり、ちゃんと夢を与えることはすごく大事だと思うので、出し惜しみせずに演じたいです。


映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』
2016年2月27日(土)より全国ロードショー

出演:中島健人(Sexy Zone)、小松菜奈、千葉雄大
原作:マキノ「黒崎くんの言いなりになんてならない」(講談社 別冊フレンド刊)
監督:月川 翔
脚本:松田裕子
製作:「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会
配給:ショウゲート
(C)「黒崎くんの言いなりになんてならない」(C)マキノ/講談社


「黒崎くんの言いなりになんてならない」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

黒崎くんの言いなりになんてならない

黒崎くんの言いなりになんてならない

著者 マキノ 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 映画『ジオストーム』からブルゾンちえみの吹き替え映像&日本語吹替え版予告が解禁!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS