公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのおすすめ映画情報なら、T-SITEニュース 映画

【レビュー】映画『起終点駅 ターミナル』-原作とは異なるラストに胸熱

2015年11月10日(火) 19:26配信

(C)2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

(C)2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

人は皆、罪を背負って生きていく。

『天国の本屋 ~恋火~』(04)や『真夏のオリオン』(09)で知られる篠原哲雄監督の最新作で、佐藤浩市と本田翼の共演が話題を呼んでいる『起終点駅 ターミナル』は、法で裁かれることのない罪を背負った男と、法で裁かれた女の再生の旅路を描いたドラマだ。

主人公は、国選弁護人の鷲田完治(佐藤浩市)。かつて旭川で裁判官を務めていた鷲田は、今となっては訳あって国選の依頼しか受けない弁護士として、釧路でひっそりと暮らしていた。ある日、鷲田の前に、彼が弁護を担当した椎名敦子(本田翼)が現れる。話を聞くと、覚せい剤を持ったまま逃走している恋人の行方を一緒に探して欲しいという。最初は頑なに断っていた鷲田だったが、ふとしたことから敦子との距離が縮まり、恋人探しを手助けすることになるのだが…。

本作の原作は、文芸誌「STORY BOX」に不定期連載された6つの短編の1つ『起終点駅 ターミナル』だ。6つの短編では、いずれも「人と人の縁、そしてその切れ目」が題材として描かれていたのだが、『起終点駅 ターミナル』はある特徴ゆえに他の5つの短編とは違った雰囲気を感じさせていた。それは、食事の描写の細やかさだ。

本作では、映像という具体的なイメージが与えられることで、原作で感じられた以上に食事が魅力的なものになっている。印象深いのは、敦子と完治が最初に食卓を囲むシーン。食卓に並んでいるのは、カリカリに揚げられたザンギだ。目を輝かせ、嬉しそうに頬張る敦子の顔の可愛いさといったら…やはり、本田翼には笑顔が似合う。見ているこちらまで笑顔になってしまうこのシーンは、孤独な暮らしの中で唯一の生きがいとして料理を作り続けてきた鷲田が、赤の他人同然である敦子を笑顔にさせる姿を通じて、我々が普段何気なく行っている食事という行為が、誰かを笑顔にさせる、前向きで希望に満ちた行為なのだという、暖かな事実を思い出させてくれる。

ストーリーについて言えば、原作のベースを活かしながらも、原作に表れていた「侘しさ」よりも、「希望」が強く表現されていることが印象的だ。最も象徴的なのは、終盤で恋人について警察に事情を聞かれた敦子が、警察署の外で待っていた完治にポツリと漏らすシーン。原作では、葛藤に苦しむ敦子の問いかけに、完治は答えない。しかし、本作では答える。そしてこの完治の答えには、「犯した罪を償おうとするのではなく、認め、そして背負っていくことが罪人の務めである」という、現実的で前向きなメッセージが込められており、悪く言えば淡白だった原作の描写では感じることができなかった、完治の人間らしさ、暖かさ、そして敦子に与えられた希望を感じることができる。

完治と敦子がそれぞれの道を選択するラストシーンも原作とは異なるが、このラストにこそ篠原監督が本作に込めた思いが凝縮されている。食をきっかけに始まった2人の交流は、食によって幕を閉じる。2人の別れは物悲しい雰囲気に包まれているが、互が再生に向かって新たな一歩を踏み出す、暖かな希望も感じさせる。敦子を見送る完治の、寂しさを湛えながらも慈愛に満ちた笑顔には、思わず胸が熱くなった。エンドクレジットに合わせて流れる、My Little Loverの主題歌「ターミナル」も歌詞を噛み締めたくなるような名曲だ。

過去、罪悪感、挫折、愛…何かに思い悩み、葛藤し、立ち止まっている人にとって、自分の現在地は、どん詰まりの終点駅だと思えるかもしれない。しかし、終点駅からも新たな道は広がっている。過去に囚われ、思い悩みながら留まるのではなく、過去を背負って、未来に向かって踏み出すことこそが重要なのだということを、本作は教えてくれた。

(C)2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

(C)2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会

冬の足音が聞こえてきた今日この頃、最果ての町・釧路で織り成される人間模様を描いた本作は、きっとあなたの心を暖めてくれるだろう。

(文章:岸豊)


映画『起終点駅 ターミナル』

大ヒット上映中

原作:桜木紫乃「起終点駅 ターミナル」(小学館刊)
脚本:長谷川康夫
監督:篠原哲雄
出演:佐藤浩市、本田翼、中村獅童、和田正人、音尾琢真、泉谷しげる、尾野真千子
配給:東映


「起終点駅 ターミナル」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

篠原哲雄

生年月日 1962年2月9日(56歳)
星座 みずがめ座
出生地 東京都

篠原哲雄の関連作品一覧

本田翼

生年月日 1992年6月27日(25歳)
星座 かに座
出生地 東京都

本田翼の関連作品一覧

尾野真千子

生年月日 1981年11月4日(36歳)
星座 さそり座
出生地 奈良県

尾野真千子の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 天木じゅん、セカンド写真集で“全裸”も 史上「最大の露出」

    1位

  2. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS