公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのおすすめ映画情報なら、T-SITEニュース 映画

宮迫博之の想いを水木一郎が代弁? そして水木のリードで『マジンガーZ』のテーマを大合唱! ―『劇場版マジンガーZ/INFINITY』初日舞台挨拶

2018年1月13日(土) 12:29配信

下段左から

(上段左から)志水淳児監督、上坂すみれ、茅野愛衣、花江夏樹
(下段左から)宮迫博之、水木一郎、原作の永井豪、森久保祥太郎

今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版マジンガーZ/INFINITY』がついに公開初日を迎え、声優の森久保祥太郎(兜甲児役)、茅野愛衣(弓さやか役)、上坂すみれ(リサ役)、花江夏樹(兜シロー役)、ゲスト声優の宮迫博之(あしゅら男爵・男性)、監督の志水淳児監督が舞台挨拶に登壇した。

>写真をもっと見る

当日はこのメンバーに加え、なんと原作者の永井豪と、アニメの「マジンガーZ」と言えばこの人! という歌手・水木一郎も駆けつけた。永井は「またマジンガーをスクリーンで見ることが出来て幸せ。本当に楽しんで観ましたし『自分が観たかったのはこれだった!』というくらいの思いで感動しながら観ていました。いい作品になりました」と作品に太鼓判を押した。

声優歴20年以上の森久保は、実はロボットに乗るが初めて

MCから森久保の掛け声「マジンGO」はどうだったかと聞かれると、こちらも「痺れますね。脳天に来ました」と大絶賛。これに森久保は「役のオーディションでは、必殺技や掛け声は、先代の石丸博也さんの雰囲気をオマージュで、というオーダーはありました。当時の映像や音声を聞きながら参加させていただいて、結果兜甲児をやることができて、緊張感よりも高揚感のほうがありました。今こうやって永井先生のお言葉をいただけたことを嬉しく思います」と振り返り「僕は声優を20年以上やっていますが、ロボットに乗るのが初めて。そういう意味でも感慨深い作品になりました」と続けた。

茅野愛衣と森久保祥太郎

茅野愛衣と森久保祥太郎

45年ぶりに自分の曲が『劇場版マジンガーZ』で流れたことに水木は「感動の一言ですね。奇跡に近いというか、45年前にTVで歌った歌詞が、また映画で新たに歌えたことは、アニメ史上でもなかなかないことなのでとても嬉しかったですね。45年間歌い続けてきた歌手として、この日を迎えられたことが夢のよう。マジンガーを愛してくれてきた皆さんにとても感謝しています」とコメント。

さらに「TVシリーズで歌っていた渡辺宙明先生アレンジの歌い方、(劇場版の)息子の俊幸さんのアレンジの歌い方…どういう風にしたら皆さんが納得していただけるかというのが一番怖かったんですね。前のものを捨ててもいけないし、新しいものを取り入れないといけない。皆さんが納得していただければという気持ちで、一旦45年歌ってきたマジンガーZを忘れて、真っ白な気持ちで、初めて新曲をもらった気持ちでレコーディングしてみました。結果皆さんに喜んでいただけたようでとても嬉しく思っています」と曲に込めた想いを明かした。

水木一郎、宮迫の真剣な思いにまさかの行動に

水木の熱い想いを聞いていた宮迫は「今はお笑い芸人やらせてもらっていますけど、一番最初に憧れた職業はアニソンの歌手。それこそアニキにすごい憧れていたので、今横並びで立っていることが嬉しすぎて。しかも『マジンガーZ』という、僕が子供の頃に恋い焦がれて憧れて、友達の超合金のロケットパンチをなくしてしまったこととか(笑)がフラッシュバックして感慨深すぎて泣きそうですね」と述懐。

これを受けて水木はさらに「バラエティー番組でご一緒した時、僕のところにきて、真面目な目で『水木さん、僕はまだ夢が叶っていないんです。僕の夢はアニソンを歌うことなんです』と言われて。その顔を観た時、本気なんだなと思いましたね」と宮迫のエピソードも披露。改めて「本気です」と返す宮迫を気遣ってか、隣に立つ永井に「先生、新しい何かありましたら…是非…」とまさかの売り込みで会場から笑いと拍手が。宮迫は「こんな場で何を交渉しているんですか(笑)」とツッコんでいた。

生熱唱に会場も自然と一体感が

生熱唱に会場も自然と一体感が

また当日は、水木がテーマソングを生でフルコーラス熱唱。「国家のような歌ですから」と水木のリードで登壇者だけでなく、歌詞カードが配られた観客たちを巻き込んで大合唱。会場を一つにしてイベントを締めくくった。


映画『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』
公開中

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治
原作:永井豪
監督:志水淳児
脚本:小沢高広(うめ)
メカニックデザイン:柳瀬敬之 
キャラクターデザイン:飯島弘也 美術監督:氏家誠(GREEN)
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 川崎弘二
音楽:渡辺俊幸
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎
制作:東映アニメーション
配給:東映


フォトギャラリー


「劇場版 マジンガーZ / INFINITY」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

マジンガーZ Select Best

マジンガーZ Select Best

演奏者 水木一郎 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

水木一郎

生年月日 1948年1月7日(70歳)
星座 やぎ座
出生地 東京都世田谷区

水木一郎の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS