公開中の映画や話題のレンタルDVD・ブルーレイのおすすめ映画情報なら、T-SITEニュース 映画

ヒュー・ジャックマン「ワークショップの動画も見て欲しい!」主題歌「This is me」の魅力を語る!映画『グレイテスト・ショーマン』記者会見

2018年2月14日(水) 14:44配信

ヒュー・ジャックマン

ヒュー・ジャックマン

2月14日(水)東京・六本木 ミッドタウンホールAにて、映画『グレイテスト・ショーマン』の来日記者会見が開催され、主演ヒュー・ジャックマンキアラ・セトルが登壇した。

主題歌「This is me」の魅力について…思わず涙ぐむ一幕も

キアラ・セトルとヒュー・ジャックマン

キアラ・セトルとヒュー・ジャックマン

会場に到着したヒューは「おはようございます! 女性が男性にチョコをプレゼントする国に来れて嬉しいです。今日飛行機で帰るので、ずっと14日がつづいて…家に帰ってもバレンタインデーなので妻に送ります(笑)」と愛妻家な一面を披露。キアラは「私の隣の紳士のせいで日本の来れていますが…感謝しています(笑)」とジョークを飛ばしながら「本作は生きることの祝福であり、時間を超えて普遍的なものに触れていますので、ぜひ楽しんでいただければと思います」と挨拶した。

そんな本作について、「主題歌『This is me』が女子高生のダンスグループによってオリジナルの振り付けで踊られるなど日本でも大きな話題を呼んでいますが、その反響についてはいかがですか?」との質問が飛んだ。

キアラは「あのビデオを最初に見たのは私なんです」とコメント。「3、4回みて素晴らしさを堪能したあとに、ヒューやレコードを作ったプロデューサーにも見せて…『本当にすごいなって』みんな涙していました。私にとってもインスピレーションを与えてくださった素晴らしいビデオでした。プレミアの初日に来てもらいたかったんですが、高校生だったので、やはり学校には行かなければいけない(笑)。彼らのダンスというのは私たちの人生を変えたほど素晴らしいものでした」と絶賛。ヒューも「昨日に振付師の方とお会いしてお礼を申し上げることが出来ました。本当にあのビデオを見て感動しました。この映画が(本国で)公開されてから6週間経ちますが、歌の色々なバージョンがファンの皆さんから送られてきていたり、SNSで流れていたりするんです。それだけ国籍を問わず多くの人たちの心をつかんで、つなげることができたということだと思います。登美丘高校のダンスビデオは素晴らしかったです」と、「This is me」が世界的なムーブメントを巻き起こしていることにも言及した。

また「『This is me』を初めて聞いたときの歌の印象は?」とキアラに質問も。

キアラは「この曲を最初に歌ったのは、最後のワークショップの時でした。本当に怖くて逃げたかった、バックボーカルの人などに代わってほしかった…。でもヒューは『君がやりなさい』と言ってくれたし、監督も『君が歌ってほしい』と言ってくださって…。それから手を握って、ウィスキーを飲ませてもらって歌いました」と、当時のプレッシャーを述懐。さらに「この映画を作るプロセスの中で理解したことは、音楽とはどんな言葉も越える言語だということです。ストーリーでは語り尽くせないものを音楽が語ることが出来る。そして言葉が音楽に乗ることによって、色んな感情を伝えることが出来ると感じました。それはどんな言語よりも雄弁なのだと感じさせてくれました」とミュージカル映画ならではの音楽の魅力を語る。さらに「この曲のテーマについて、私は毎日もがいていると同時に感謝もしています。この曲を聴くたびに信じていること、自分が正しいと思う事、そして正しくないと思うことについて戦う力を貰えているのです。ダンスを踊ってくれた高校生たちを見ると、同じようなことを感じていると思えます。このような形で日本にこの歌が届いていることを嬉しく思います。倒れても良い、毎日起きればいいんだと思えるのです」熱い想いを語りながら涙ぐむ場面も見受けれらた。

そんなキアラついて、ヒューは「キアラがはじめて歌った時の映像は『Keala Settle this is me workshop』でググれば見れるんだ。彼女はこの曲で役を射止めた。私にとっても、そのワークショップはどの経験よりも感動的な演劇経験でした。すでに1,200万人がこの動画を見ていますが、ぜひ、1億2千万の日本の方にも見てほしいです」と、ワークショップでのキアラの歌声もアピールした。

そして、ヒューに「本作の中で一番お気に入りの楽曲は?」との質問がとんだ。ヒューは「やっぱり『This is me』だね(笑)」と答える。「撮影で、モニター越しにキアラが歌う姿を見て、僕は泣きました。全曲好きですが、その中でも一番好きです。本当にキアラの歌は正直で、心を素直に出している。人間とはどういうものかという事を歌っているし。いいことに関しては正直であれるけど、恥じることや失敗については正直にはいえないことが多いと思う。彼女が歌ったり話したりするときというのは、口から心が現れているように感じるんだ。その姿に毎回感動します。生きていることを実感させて、生きる甲斐があるという気持ちにさせてくれます」と褒めたたえた。

そんなヒューの言葉を受けて、キアラは「本作の最後の撮影のとき、ヒューは『ローガン』のプレスでツアーで世界中を旅している中で戻ってきたの。杖を持ってトップハットをかぶって、すべてのダンスナンバーを練習していたわ。私たちは、そんなひとりでコツコツと練習するヒューを見ていましたが、『ウルヴァリン』と同じ人がやっているとは思えなかったです。それほど、自分を磨きあげる事に妥協のない人なのだと私たちも触発を受けました。みんなが『彼にみたいになりたい!』と言いながら練習してました」と現場での実直な一面に心動かされた様子を語る。さらに「もう言わないから、ちゃんと聞いててね(笑)本当に彼は“真の意味でのアーティスト”だと思います」と恥ずかしげに最高級の賛辞を贈った。

(取材・文/nony)


映画『グレイテスト・ショーマン』
2018年2月16日(金)全国ロードショー

監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ミシェル・ウィリアムズ、ザック・エフロン
配給:20世紀フォックス映画


フォトギャラリー


「グレイテスト・ショーマン」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン

出演者 ヒュー・ジャックマン  ザック・エフロン  ミシェル・ウィリアムズ  レベッカ・ファーガソン  ゼンデイヤ  キアラ・セトル  ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世  エリス・ルービン  サム・ハンフリー[俳優]  ポール・スパークス 
監督 マイケル・グレイシー 
製作総指揮 ジェームズ・マンゴールド  ドナルド・J・リー・Jr  トーニャ・デイヴィス 
脚本 ジェニー・ビックス  ビル・コンドン 
音楽 ジョン・デブニー  ジョセフ・トラパニーズ 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ヒュー・ジャックマン

生年月日 1968年10月12日(49歳)
星座 てんびん座
出生地 豪・シドニー

ヒュー・ジャックマンの関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 東方神起 「この2人の居場所を作ってくださって心から感謝しています」 5大ドームツアー「東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~」ライブレポート

    1位

  2. 【ネタバレ】名探偵コナン、黒の組織黒幕“あの方”の正体が判明!長期休載も発表!

    2位

  3. BugLug 47都道府県ツアーファイナルにて新ヴィジュアルと3rdアルバムタイトル発表!さらに謎の企画も!?

    3位

  4. 最新作『映画プリキュアスーパースターズ!』ポスター解禁!前売り特典も発表!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 天木じゅん、セカンド写真集で“全裸”も 史上「最大の露出」
  • 仲里依紗、キュートな「ブラ姿」を披露 今年のバレンタイは…?
  • 『ポプテピピック』上坂すみれ、2年ぶりのライブ演出は「飲んでから考える」
  • アラサーグラドル・金山睦、ボリューム満点のDVD「ご想像にお任せします!」
  • 白石若奈「私の良さが出せた!」 DVD『私、脱いだら凄いんです』発売記念イベント
  • “エロすぎるジャズピアニスト” 高木里代子、「うる星やつら」ラムちゃんコスプレで演奏を披露
  • 欅坂46・平手友梨奈、理想の1日は「ゴロゴロ」と「散歩」
  • 元Dream5・大原優乃、“Fカップ”豊満ボディーを披露 初の写真集『ゆうのだけ』が1位に
  • 山本舞香、ファースト写真集で水着姿を初披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS