映画・音楽・芸能のおすすめエンタメ情報なら、T-SITEニュース エンタメ

浦沢直樹も驚嘆! 同時連載5本を抱える漫画家・東村アキコの「達人技」

2015年9月6日(日) 02:24配信

執筆の様子を公開した東村アキコ(番組ホームページより)

執筆の様子を公開した東村アキコ(番組ホームページより)

漫画家・浦沢直樹が「日本の漫画家」に迫るNHKの新番組『浦沢直樹の漫勉』に初回ゲストとしてに『主に泣いています』などの東村アキコが登場、漫画界屈指の執筆スピードで浦沢を驚嘆させた。『浦沢直樹の漫勉』では漫画家の執筆現場を事前に密着取材し、そのVTRをもとに浦沢が対談する。

驚異の連載5本を支えるのは「達人技」!

東村は昨年『海月姫』が能年玲奈主演で実写映画化、今年も自伝的漫画『かくかくしかじか』でマンガ大賞2015を受賞するなど、今最も勢いのある漫画家の一人。今回は、現在連載中の歴史漫画『雪花の虎』執筆現場に取材班が密着し、普段はあまり見せることない漫画の制作過程を公開した。

東村の現在の連載本数は『雪花の虎』を含む全5本、その連載本数を支えるのが漫画界屈指とも言われる驚異の執筆スピードだ。VTRで東村のペン入れスピードを目の当たりにした浦沢は「速い!かなわない」「この素早さは本当にすごいね」と感嘆。東村が描く安定した美しい線に「これはスピードがある線だもん」「印刷された東村さんの絵を見て相当 線が速いなと思ったけど想像以上でした」と賞賛を送った。東村が「頭の中にある(ストーリー)をイタコのように神におろしているだけ」と表現したネーム作業は浦沢曰くもはや「達人技」の域だ。東村の天才的な執筆作業のVTRを収録以前に事前視聴していたという浦沢は「(VTRを見てから)自分の仕事、ちょっとペンが速くなりました。これから僕の絵が荒れたら東村さんの影響です」とそのスタイルに影響を受けたことを明かした。

「天才肌の人だと思ったけど、裏にはこういう話があったのか」

天才的な一面を見せた東村だが、ストイックに絵画に打ち込んだ過去もある。高校時代に通っていた絵画教室の先生とのぶつかり合い、そして漫画家への道のりを自伝的漫画として発表したのが今年マンガ大賞2015を受賞した『かくかくしかじか』だ。今の自分は「先生にしごかれたおかげ」という東村の本音に、浦沢は「(初めて漫画を見たときに)この人は天才肌の人だと思ったけど、裏にはこういう話があったのか」と『かくかくしかじか』の印象を語っている。普段の漫画からは読み解くことのできないプロフェッショナルの仕事は努力に裏打ちされた「達人技」で成立していた。

公式サイトでは番組内でも放送された東村の執筆作業動画や、対談の未公開の文がテキストで公開されている。

(文:吉川泰平)


この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 【対談】『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第五章「煉獄篇」羽原信義監督×神谷浩史「何度も組んでいるスタッフとキャストだからこそできる何かが絶対にある」

    2位

  3. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS