映画・音楽・芸能のおすすめエンタメ情報なら、T-SITEニュース エンタメ

【深読み!】メタルギア最新作、大ヒットでも賛否両論 『メタルギアソリッドV』は“未完の大作”に終わるのか

2015年10月16日(金) 16:06配信

「最後の最後まで可能な限りメタルギアソリッドVを作り込みましたので、安心して遊んでいただけるものになっていると思います」

売上げランキングを軒並み独占、メディアのレビューも高得点のオンパレード。ハードの普及にも大きく貢献し、世界中でプレイ動画がシェアされている。

エンディングをめぐって賛否両論の『メタルギアソリッドV』

エンディングをめぐって賛否両論の『メタルギアソリッドV』(C)2015 Konami Digital Entertainment

こうした点を見れば、小島秀夫監督が完成報告動画で語った冒頭の発言に違うことなく、『METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN』は確かにその名をゲーム史に刻まれるべきタイトルであることは間違いない。しかし、歴代シリーズのファンからのものも含め、現状その出来に否定的な声が上がっていることもまた事実である。

一体何が、こうしたプレイヤーを落胆させる要因となったのだろうか…。

プレイできなかった「クライマックス」

本作品の初回限定版『SPECIAL EDITION』には、特典映像として「本編には収録できなかった内容」が収録されている。

ネタバレとなるので本作をプレイした後に観賞するよう注意書きがなされているのだが、そこにはおそらく本作品の「最終局面」となるはずだったであろうミッションのコンセプトアートとカットムービーが収められている。

語られているストーリーについての詳しい言及は避けるが、そこで描かれている激戦の様子から、本作における〝最終決戦〟のシーンであることは明白だし、本編に収録されていれば最もプレイヤーの心を揺さぶるシチュエーションであることも間違いない。それだけに、「どうしてこれをプレイさせてくれなかったんだ!」とファンが口惜しさを募らせるのも無理はないと言える。『SPECIAL EDITION』を購入するほどの熱心なファンならなおさらだ。

そして、このように本編未収録となった幻のエピソードが他にも多数あるだろうという感触を、実際にゲームをプレイした多くのファンが感じている。

序章、第1章とクリアし、「ようやく第1章クリアか!」とそのボリュームに期待をしたのも束の間、第2章に収録されているミッションの約半数が第1章のミッションの高難易度版であり、わずかな新規ミッションを片付けていくとあっという間にエンディングに到達。そのあまりに突然の幕切れに驚いたプレイヤーも少なくないはずだ。

実際にゲームデータの解析を試みたユーザーによる「本編で使用されていないデータがある」という報告もネット上に広まり、「本来の完成形ではないのでは」と疑問の声が日に日に高まっている。

頼みの綱はダウンロード配信? 果たして「次の展開」は…

「シリーズ最大の謎が明らかになる」と謳われ、小島監督自身が「最高の手応え」と豪語していただけに、「もっと楽しみたかった」「本当はもっとプレイできるはずだったのでは」と、タイトル通り「ファントムペイン」をプレイヤー自身が味わう形となっている現状。もはやこれも演出の一環なのでは、と疑いたくなる状況だが、本当にこのまま終わってしまうのだろうか。

考えられる可能性は、発売スケジュールの事情などから収録しきれなかった内容を、ダウンロードコンテンツとして追加配信する展開だ。

オンライン対戦ができる『メタルギアオンライン』のゲームデータのほか、本編の不具合修正パッチも随時配信されているため、今後もこうした形式で何らかの追加コンテンツが配信される可能性は充分にある。

実際、歴代シリーズでも、後日追加コンテンツを収録した「完全版」的位置付けのソフトが発売されており、本作のプロローグに位置づけられた『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』でも、発売後しばらくして追加ミッションが配信されている。「新しい形のゲームになる」と小島監督が語っていた本作品だけに、今後も進化を遂げていくことを期待したい。

そしてもし、コンテンツの追加配信が当初から予定されていなかったとしても、プレイヤーからの「次」を切望する声が、今後の展開に何らかの影響を及ぼす可能性はある。

スネーク役を演じてきた大塚明夫氏は、「みなさんの応援が小島監督のガソリンになる」と本作発売直後から度々インタビューで語っていた。賛否両論のいずれの反響もが、作品に対する高い期待の表れとして、「次」の展開への原動力となるだろう。

前述の映像特典のカットムービーは、シリーズお馴染みのあのセリフで終わっている。

「まだだ、まだ終わっていない」

(文:小林三笠)


「メタルギアソリッドV ファントムペイン」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN

METAL GEAR SOLID V:THE PHANTOM PAIN

概要 本作では、従来のシリーズ作をはるかに上回る規模のマップや、新しいアクション・システムの数々、“人種”と“報復”をテーマにした重厚なシナリオがプレイヤーを待ち受ける。細部まで緻密に作り上げられた“フォトリアル”な映像。時間経過、天候変化の概念を取り入れたオープンワールドで体験する、自由度の高いリアルな潜入。今まで以上に臨場感あふれる、スリリングな“メタルギア”が姿を現す。また「マザーベース」や「バディシステム」といった新要素も加わり、多人数同時オンライン対戦プレーが楽しめるオンラインマルチモードも収録。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. BABYMETAL、米「Rock on the Range」で、2ndステージのヘッドライナーとして登場!

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    4位

  5. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS