芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

大河ドラマを2倍楽しむ! 幕末のトリビア

2015年1月13日(火) 04:35配信

吉田松陰 国会図書館蔵

吉田松陰 国会図書館蔵

大河ドラマ『花燃ゆ』の時代は、幕末。過去の大河でも1963年の大河1作目『花の生涯』を初め、近年では『新選組!』『篤姫』『龍馬伝』『八重の桜』など、戦国時代に次いで舞台になっている。

さて、そんな「幕末」のイメージについて、私たちが持っているものと、実際の史実では様子が違う、ということがかなりある。ここでは幕末に関する豆知識を紹介しよう。

ペリーの来航ではなく、●●に恐れた日本

まずは、幕末が始まるきっかけとなったペリー来航だ。

1853(嘉永六)年にペリーが黒船4艘を率いて日本へ来航し、幕末が始まったとされている。

しかし、ペリーの来航自体は、実は幕府側も事前に知っていた。江戸時代、鎖国していた幕府は、ヨーロッパ諸国で唯一交易を行っていたオランダに、毎年の世界情勢を記した「オランダ風説書(ふうせつがき)」を提出させていた。“ペリー来航”の情報も、この報告書によって前年に知っており、特段腰を抜かすほどの驚きではなかった。

ペリー来航で驚いたのは、黒船に積んであった大砲「ペクサン砲」にある。

この大砲は、鉄球をそのまま飛ばすのではなく、着弾すると爆発する榴弾を使用できる最新型のものであった。

この船に積んである大砲がペクサン砲であることを知った幕府側が本気で驚くのは、ペリーが江戸湾まで侵入し、測量をしたときだ。『日本史「常識」はウソだらけ』(加来耕三著、祥伝社)によれば、その場でペクサン砲を撃てば江戸の町が火の海になる。このことが日本を太平の眠りから覚まさせた。

幕末の写真感度は「ISO」にすると…?

ペリー来航で、西洋のものが庶民に浸透し始めるのも幕末。写真もそのひとつだ。

最初に日本人が撮影したのは1857(安政4)年。モデルは当時の薩摩藩主・島津斉彬だ。ちなみに『レンズが撮らえた幕末維新の志士たち』(小沢健志監修 山川出版社)によれば、当時の写真の感度は、ISOにして「0.1~1」程度。

ご自身が持っているデジカメの感度を見て頂ければ、当時の写真の感度いかに低いかがわかるだろう。数分間動いてはいけない理由もここにある。

勝者・長州藩の歴史はわからないことだらけ?

さて、吉田松陰が属する長州藩(現在の山口県)は、幕末から明治維新の表舞台に立つ藩である。維新後も“倒幕の功労藩”として、明治政府で権勢を振るった。

これにより「長州=倒幕」というイメージが定着しているが、幕末期の藩内は倒幕一辺倒ではなかった。尊王攘夷を目指す「正義派」と、外国との通商をよしとする幕府を擁護する「俗論派」が藩を二分していた。結果的には吉田松陰も加わっていた正義派が藩を仕切って明治維新への流れにつながってゆく。

ちなみに吉田松陰は正義派だったが、海外からも学ばなければいけない、というスタンス。その証拠に、ペリー来航の翌年にアメリカへ密航しようとして失敗、投獄・自宅謹慎の処分を受けている。

こうした状態は薩摩藩も同じ。幕府を盛り立てようとする人物、はたまた尊王攘夷思想に凝り固まった志士。彼らが天皇のいる京都や江戸など、複数の場所で同時期に活動をしていたため、パッと見の「幕末」という時代は、実態がよくわからないものになっている。

さらに維新後、“負け組”となった「俗論派」の関係者や関連史料が処分されてしまったため、『江戸幕府崩壊』(家近良樹著、講談社)によれば、長州藩の歴史の事実確認が未だにできない状態だという。

西洋文明が入り、人々の意見も多種多様になっていた幕末。先行きが不透明な現代と似たところがある時代を、もっと触れてみるのもいいかもしれない。


「大河ドラマ」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

井上真央

生年月日 1987年1月9日(31歳)
星座 やぎ座
出生地 神奈川県横浜市

井上真央の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS