芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

1月ドラマの意外なキーワード 「東大卒」に「ダメ男」

2015年2月1日(日) 17:52配信

○○妻を演じる柴崎コウ

『○○妻』で完璧な妻を演じる柴崎コウ

今年1月からスタートしたテレビドラマは現在、第3話から第4話に入っている。今期のドラマには、共通する2つのキーワードがある。

「ダメ男」と「東大卒」だ。

ヒロインを際立たせる「ダメ男」

「ダメ男」は、次の各ドラマに共通している。

『残念な夫。』(フジテレビ系、毎週水曜22時~)

『○○妻』(日本テレビ系、毎週水曜22時~)

『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系、毎週月曜21時~)

『問題のあるレストラン』(フジテレビ系、毎週木曜22時~)

『流星ワゴン』(TBS系、毎週日曜21時~)。

たとえば『残念な夫。』では、自分は育児に非協力的なのに「夫としては80点」と自信を持つ、文字通り残念な夫が描かれている。勘違いで情けないダメ男を演じているのが、イケメンの玉木宏というのもおもしろい。

『○○妻』でニュースキャスター役の東山紀之は、完璧な妻(柴咲コウ)がいないと服のコーディネートがダメなばかりか、ハンコの位置すらわからない。仕事一筋だから、ま、いいか…。

35歳になってもニートで、一度も働いた経験がないくせに自分を「高等遊民」と言い張るダメ男(長谷川博己)が登場するのは『デート』。

一方、セクハラやパワハラをしても何がいけないのか気づかず、自分のことしか考えない男を描く『問題のあるレストラン』は、社会問題を追及するような秀作だ。

これら“ダメな男”が、なぜ今期多く登場しているのか。上智大学文学部の碓井広義教授(メディア論)は、こう分析する。

「いま女性が元気な時代で、それを象徴しているのだと思います。言ってみれば、ヒロインを際立たせる役割を担っている。ダメ男をも飲み込んでしまう女性の元気さが、より強調されているのでしょう」

女性の方が充足していなくて、ある意味、野心があるということなのだろうか。

明確なキャラ設定ができる「東大」

もう一つのキーワードは「東大卒」。

『銭の戦争』(フジテレビ系、毎週火曜22時~)で、主演の草なぎ剛が演じる富生は東大卒の元エリート証券マンという設定。原作は韓国の漫画だ。

二階堂ふみが『問題のあるレストラン』で演じる新田もまた東大卒だし、生田斗真と小栗旬の共演で話題を呼んでいる『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(TBS系、毎週金曜22時~)で、女性刑事・日比野(上野樹里)もまた東大卒だ。

初回視聴率14.8%と好調な滑り出しを見せた『デート』で、杏が演じる依子はなんと東大大学院を卒業後、内閣府の研究所で働く国家公務員である。そのエリートが、初対面の男性に勃起力や性的な嗜好を聞くなど、斬新なドラマになっている。

やはり東大出身者は、勉強はできるがやや変わり者なのか?

「明確なキャラクター設定がされている、ということでしょう。勉学はできるけれども、どこか変で少し浮いている奴。それを説明なしにドラマに組み込んでいけるのです。いわば、記号としての東大卒でしょうね。実際の東大卒は千差万別なんですが」(前出・碓井教授)。

登場人物のバックグラウンドが「東大卒」というだけで、ある程度認識できるようなキャラ設定ということなのだ。

今クールのドラマは「ダメ男」と「東大卒」をチェックしながら今後の展開を見守っていくと、新たな発見があるかもしれない。

(文:青柳雄介)


「ドラマ」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

流星ワゴン

流星ワゴン

出演者 西島秀俊  香川照之  井川遥  市川実和子  高橋洋[俳優]  入江甚儀  町田啓太  高木星来  横山幸汰  佐藤詩音 
脚本 八津弘幸  松田沙也 
原作者 重松清 
音楽 千住明 
概要 重松清のベストセラー小説を、西島秀俊と香川照之の共演でドラマ化した感動作。妻子の心の闇を見過ごしたことから家庭が破綻しかかっている一雄が、ワゴンでタイムトリップし、過去をやり直そうとする……。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

西島秀俊

生年月日 1971年3月29日(47歳)
星座 おひつじ座
出生地 東京都八王子市

西島秀俊の関連作品一覧

香川照之

生年月日 1965年12月7日(52歳)
星座 いて座
出生地 東京都

香川照之の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    1位

  2. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. RADWIMPS、2018フジテレビ系サッカーテーマ曲「カタルシスト」のMV公開!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS