芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

ひな祭りに公開告白した春香クリスティーン、デートの話題は「政治とカネ」

2015年3月4日(水) 14:45配信

初デートは国会前だった春香クリスティーン

初デートは国会前だった春香クリスティーン『春香クリスティーンのおもしろい政治ジャパン』

3月3日放送の『好きになった人~ひな祭りにカップル誕生SP~』(日本テレビ系)で、公開告白した“政治オタク”タレントの春香クリスティーンが、4日の『情報ライブミヤネ屋』に生出演した。

『好きになった人~』で彼氏イナイ歴23年のクリスティーンが告白したのは、構成作家で37歳の山際良樹氏。

宮根誠司からは「(3日の)番組があったからいいよ? 番組がなかったら告白してた?」などと突っ込まれていたクリスティーンだが、「毎日メールをする相手がいるのがうれしい」と、交際ホヤホヤぶりをアピール。また、『好きになった人~』放送日の3日にも焼き鳥屋で2回目のデートをしていたことを明らかにした。

3日に放送されたときの「国会議事堂前」初デートの時は沖縄の辺野古基地問題について、3月3日の焼き鳥屋では「政治とカネ」の話をしていたという。

「直接的に聞くとヤラしくなるけど、口づけはした?」とストレートに聞いた宮根に「キスはまだ」というクリスティーン。宮根は「お付き合いしたら、チューはだいたい(デート)3回目やな。明後日行くならそんとき行け! 隙見て行け!」とハッパをかけた。

交際について事務所の大先輩・和田アキ子に報告したところ、「自分のペースで無理せず頑張れ」と、1分半の留守電メッセージをもらったという。

スイスにいるクリスティーンの家族は、本人の交際をネットニュースで知り、よろこんでいたという。政治談議に花を咲かせる年の差カップルに注目である。


「春香クリスティーン」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ナショナリズムをとことん考えてみたら

ナショナリズムをとことん考えてみたら

著者 春香クリスティーン 
概要 ネット住民の葛藤、移民に揺れる欧州、「イスラム国」の核心まで、いまを読み解くための視点とは?テレビ番組の発言で「ネトウヨ」からバッシングされ、「炎上」を経験した春香クリスティーンさん。そのあとには原発再稼働を容認する企画に登場し、左派から「失望した」といわれたことも。そもそも自分は「右」なの「左」なの?その対立軸を理解し、ナショナリズムについて真摯に考えたい、という一心から本書は生まれた。取材を重ね、「左」「右」のねじれに戸惑いながらもたどり着いたキーワードは「グローバル化」。それは、自身の出自にも深く関わるものだった。「右」でも「左」でもなく「前」。バランスと聡明さが存分に発揮された前向き社会論。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS