芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

相武紗季がほぼ全裸! ドラマ『硝子の葦』で見せる妖艶さ

2015年3月19日(木) 14:35配信

aibu

濡れ場で話題となった相武紗季(WOWOW番組公式サイトより)

直木賞作家・桜木柴乃のミステリー小説『硝子の葦』が、WOWOWプライムにて相武紗季主演でドラマ化された。なんとこの作品、劇中で相武のベットシーンが見られる話題作なのだ。

奥田瑛二、小沢征悦との絡みが連発

エロスをテーマとすることが多い桜木の作品の映像化は、今回が初めて。男女の絡みのシーンが多く、相武の美しい背中や足、くびれを堪能することができる。

ラブホテルのオーナー幸田節子を相武紗季が演じるが、今の夫は母の元愛人。笑顔が印象的でさわやかなイメージのある相武なだけに、エロティックな濡れ場を演じ、“女優として一皮むけた”と評判になっている。

夫役の奥田瑛二や、顧問税理士で不倫関係にある小沢征悦との絡みのシーンが連発。それだけでも見ごたえ十分なのだが、さらに見どころがもう1つ。仏頂面の相武紗季が見られるのだ。笑顔で天真爛漫なものが多いため、これまでは「いい子キャラ」「清純派」が浸透していた。そんなトレードマークの笑顔を封印し、仏頂面でどこか擦れている相武。

「エロチックな絡みが多く、笑顔が少なく仏頂面で、果てに殺人までも犯してしまう。こんな強烈な役柄の彼女は初めてです。WOWOWで視聴者は少ないものの、評判が良いため、地上波でも相武のセクシーシーンが見られるのも遠くないのでは? ここ最近は、意地悪な役どころが多く、一歩一歩、女優の階段を駆け上っている。伸びしろがまだまだあって期待できます」と、ある芸能記者はこう解説する。

いびり役がいい意味でハマってきた相武

相武はこれまで、初主演を果たした『レガッタ』(2006年、テレビ朝日系)で視聴率が振るわず、平均で5.4%、悪いときは4.3%と大惨敗を喫した過去がある。主演は以降、減少したように見えるが、2番手、3番手の役どころで着実に成長している。

たとえば、山下智久主演の月9『ブザー・ビート』(2009年、フジテレビ系)では、元カノ役でいじわるさを怪演し、注目を集めた。

最近では、朝ドラ『マッサン』(2014~2015年、NHK)でマッサンの許嫁を演じ、いびり演技が話題となった。

最近はただ可愛いだけでない、意地悪な悪役も人気だが、今回の作品は、もう一歩踏込んだ、妖艶で幅を広げた相武紗季を拝むことができる。

地上波では放送できないディープな作品。今後はさらに幅を広げ、新しい相武紗季が楽しめるかもしれない?

(文:青柳雄介)


「相武紗季」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】38号』7/24(火)発売!木村拓哉、二宮和也の豪華W表紙!

    1位

  2. 天木じゅん、セカンド写真集で“全裸”も 史上「最大の露出」

    2位

  3. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS