芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

【お笑い考察】「オリエンタルラジオ」デビュー10周年 消えそうで消えないワケ

2015年6月12日(金) 10:00配信

8.6秒バズーカーの早過ぎるブレイクが話題になったが、実はオリエンタルラジオ(中田敦彦・藤森慎吾)のデビューからの活躍はもっと早いものだった、ということをご存じだろうか。

オリエンタルラジオ(『才(ザイ)』オリエンタルラジオ)

沈むたびに再浮上してきたオリエンタルラジオ
(『才(ザイ)』DVD)

8.6秒バズーカーよりも早いデビュー

彼らの代名詞である「武勇伝」を武器に、NSC卒業の翌月にはテレビ出演、半年後にレギュラーを獲得し、翌年には冠番組が始まった。あれよあれよという間にゴールデンにいくつもの冠番組を持つという、後にも先にもない異例のスピード出世を果たした。

しかし、そんな爆発的スタートダッシュでデビューを飾ったオリラジの番組は、その後数年ですべて終了。現在もあらゆるメディアで目にするオリラジだが、彼らの10年の芸歴は、「浮き沈みの激しい芸能界」をまさに体現している。

なぜ、オリエンタルラジオは沈むたびに再浮上することができたのだろうか。今までに彼らは、大きく2つの分岐点を経ている。

「チャラ男」と「トーク力」2つの分岐点

1つは、デビュー後の勢いが途切れた時期。ここで消えてしまえば、まさに「一発屋」として名を残しただろう。この時は、藤森が「チャラ男」、中田は「インテリ」というキャラをそれぞれが確立することで、露出を増やしていくことに成功。

藤森が様々な人やグループとコラボしている姿を目にしたり、「アゲぽよ~!」「キミ、かわうぃ~ね!」といったフレーズを耳にしたり、中田がクイズ番組等で活躍するなどの姿を見た方も多いだろう。

2つ目は、それぞれのキャラに限界が訪れ、世間から飽きられた時期。それぞれが分かりやすい役割を果たすことで、比較的すんなりと受け入れられたものの、その単純さや一本調子によって飽きられるのも当然の成り行きだったのかもしれない。

この時は、トーク力や対応力を磨き、原点に立ち返ってコンビ芸の完成度を高めることに重きを置いた。様々なシチュエーションに対応できる柔軟さと、コンビで面白いという強みを伸ばしていったのだ。それぞれが個性を発揮し、それをコンビとして統合することで、彼らは生き残り、活路を見出してきたのである。では、何がそれを可能としたのか。

それは、芸に対する真摯な姿勢と、2人の相性の良さ、であるといえる。「下積み経験のないまま、トップステージへ一気に駆け上がったことで、天狗になっていた」と、中田はかつてテレビ番組で語っていたことがある。そこに気づき、受け入れたことで、謙虚さが生まれ、今の自分たちで何とかするしかない、という覚悟が決まったという。

ラッスンゴレライを「いつかやれと言われるだろう」

まず「武勇伝」を、ダンスユニットとコラボしたり、効果音や動きに一捻り加えたりすることで、新たな要素を加え、エンターテインメントとして昇華したとさえ言われる域にまで極めた。

そして、今のブレイクに大きく寄与した、後輩芸人のネタ「ラッスンゴレライ」披露の大好評。後輩をパクった、と批判を浴びてもおかしくないところ。だが、その完成度の高さから、単なるおふざけやパクリではなく、彼らの真摯な姿勢が垣間見えたことで、安心して笑えたのだろう。

「ラッスンゴレライ」を完全コピーして第3次オリラジブームを引寄せた

今年1月、「ラッスンゴレライ」を完全コピーして第3次オリラジブームを引寄せた

このラッスンゴレライ、何と「いつかやれと言われるだろう」と中田は予見して、披露する随分前から練習をしていたというのだ。藤森も「戦略はあっちゃん」と中田の舵取りに絶対の信頼を置く。一方、中田は「藤森は自分にないアンテナを持っている」と言う。そもそもコンビ結成時、中田は藤森の「周りを幸せにする笑顔」に、藤森は中田の「面白さ」に、互いに魅力を感じ合っていた。

時流を読んだ緻密な頭脳戦略と、それを踏まえた面白さを反映したネタを創り出す中田。独特の感性でその時代の面白さをキャッチし、エンタメとして華々しく表現できる藤森。相互に補い合い、高め合う、理想の相性ではないか。

雨降って地固まるというが、雨が降れば降る程、オリエンタルラジオという地面は、よりがっちりと噛み合い、堅固になっていく。

(文:白岩 淳)

8.6秒バズーカーとオリエンタルラジオが「ラッスンゴレライ」で夢のコラボ

オリラジ新ネタテレビ初披露、突然の歌&ダンスにスタジオ騒然!?


「オリエンタルラジオ」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

才(ザイ)

才(ザイ)

出演者 オリエンタルラジオ 
概要 2008年3月に敢行されたオリエンタルラジオの全国漫才ツアーをパッケージ化。「巌流島」「万引き犯」「入院」といった爆笑必至のネタが、ノンストップ数珠つなぎ状態でハイテンションで繰り出される。絶妙アドリブも必見だ!

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 福地桃子、7月ドラマ『チア☆ダン』に出演決定「全力で挑みたい」

    2位

  3. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS