芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

【インタビュー】COWCOWが狙う海外進出「CMを取りたい」

2015年7月27日(月) 19:29配信

末広がりの8月8日に、ルネこだいらで行われる子供向けのお笑いイベント「こどもフェス お笑い秘密基地」を主催するCOWCOW。

最近はインドネシアを含めた東南アジアでも注目を集めている国際派芸人に、今回のイベントや、海外でお笑い芸人が活躍するためのノウハウなどを余すところなく直撃した!

子供向けイベントを仕切ったCOWCOW。「一生懸命やる芸人を呼びました」

──今回のこどもフェス「お笑い秘密基地」は、いつ頃から話が進んでいらっしゃったんでしょうか?

善し:(自分が)ずっとよしもとに「こどもフェス」みたいなことが出来ないかと打診していたんです。いきなりロックフェス規模でするのも大変なので、ライブイベントに関するノウハウのある部署の人に話を持ちかけて、「ルネこだいら」が相応しいんじゃないかという話になりました。

──かなり規模が大きめなんですね。

善し:そうですね、普通の劇場の公演よりも、お祭り感はかなり強いですね。

──ステージもありつつ、コンテンツもありつつですよね。どれくらいプラン出されたんですか?

善し:毎回、会議も参加してきたので「こうしたらいいんじゃないか、ああしたらいいんじゃないか」と試行錯誤して、かなりガッツリプランを出してきました。

多田健二(以下、多田):ご当地キャラも北関東全般、呼びたいなぁと。チラシも作って、ガッツリ、スタッフの人たちとの会議にも入らせていただいてやらせてもらったという感じですね。

──「COWCOWプロデュース」といっても過言ではないですね。出演する芸人さんの基準みたいなものはあったんですか?

多田:お子さんに、っていうのはもちろん、親御さんも楽しめる人ですかね。あとは一生懸命やってくれそうな人(笑)。仕事として捉えず、全力で取り組んでくれるであろうメンバーを取り揃えました。自信をもってお送りできるメンバーですね。

──今回、ターゲットはお子さんが中心にということなんですが、パッと見の分かりやすさっていうのが大きいのかなと思いますが。

善し:そうですね、子供は寄席なんかで顔色を見てると100%楽しめないところがあると思うんですけど、今回は「これでもか」というほど全部楽しめると思いますね。一部と二部、二部と三部の間にも十分なインターバルの時間があるので、そこで読み聞かせを行ったりとか。日本一のバルーンアート芸人もいますから。

多田:東京ではあまり知られていない「おしどり」っていう針金アートショー芸人も楽しめるので、抜かりがないです(笑)。子供が笑っていれば親も楽しいし、もちろん大人が見ても楽しめるものになっているので、間違いなく全員が楽しめるんじゃないかなと。

──このフェスはシリーズ化していきたいですか?

多田:そうですね、夏はやりたいですし、機会があれば夏・冬、とか。とりあえず毎年一回はやりたいな、と。夏の恒例行事といいますか。

──テンコ盛りという感じですね、ご当地キャラも10体くらい出演していますね。

善し:今回のイベントで、ご当地キャラそれぞれに「基準」があることを初めて知ったんですよ。交通費だけでOK、「こうしてくれたら出ます」とか、それぞれに条件がね(笑)。勉強になりましたよ。

──話は変わりますが、6月19日からインドネシア・タイ・マレーシアの3ヵ国を巡るツアーをしていましたよね。海外のお子さんにもウケたいというのはありますか?

善し:インドネシアではあたりまえ体操のYouTubeが見られてますけど、もちろんお子さんも知ってるんですけど、結構大人が見てくれてるんですよ。大人が先にやるっていうか、一緒に踊ったりとか(笑)。インドネシア特有ですね。

──やはり多田さんがインドネシアのジョコ・ウィドド大統領に似ているから?

多田:そうですねぇ(笑)。最近は、大統領が選挙のときにいつもいう「サラム・ドゥア・ジャリ」(いつも2番で出てください)「ドゥア、ドゥア」っていう言葉(インドネシア語で“2”の意味)をモノマネで言ってたんですけど、「ドゥアを一緒にできる歌」を作ってアジアツアーのときにライブできるレストランでやったんです。お子さんから大人、レストランの店員さんも一緒にやってくれて、日本よりも盛り上がった。すごい良かったですね。

──そこからの、バンコクに行ってチュラロンコーン大学でやられたって。超名門じゃないですか。

多田:なんか、タイの東大といわれてるみたいですね。ここでは「あたりまえ体操」をタイバージョンでやったんですけど、それがもう信じられないくらいウケて。

──タイの当たり前って例えばどんな?

多田:「お酒とドリアン、一緒に食べると…パーン※」

善し:「後ろ向きはきれいな女性だと思って、声かけたら男だった」とか…

(※編集部注:ドリアンと酒を一緒に口にすると体内で急速に発酵して危険、という通説がある)

──マレーシアにも行かれましたが、同じ東南アジアでも違いはありましたか?

善し:全然違いますね。インドネシアはインドネシア語、タイはタイ語、マレーシアは言語がいろいろあったので、結局英語にしたんですよ。だから、それぞれなかなか一筋縄ではいかないな、みたいな。

──ちなみにこの間の4月に行われた「アジア住みます芸人」の出発式で共演した、東南アジアに行かれた芸人さんはどうでしたか?

多田:そうですね、みんなもう目死んでましたよ…って、そんなことないです、みんな元気よくやってました(笑)。インドネシアは3組いたんですけど、ちゃんとインドネシア用のネタを作って、僕らと一緒にイオンさんのモールのイベントに出たりとか、ちゃんとやってましたね。
で、タイは3人いるんですけど、それぞれ3人でタイ語のコントをしたりとか。

「住みますアジア芸人」の出発会見。笑顔で見送ったCOWCOWだが、複雑な思いも…

──助言などもされました?

善し:結構しましたよ。「そういうのあかんで」みたいな。作家さんも言ってたんですけど、「恵まれすぎ」というか。大変な過酷なところには行きますけど、なかなか日本でお笑いをやること自体難しいですよね。

「日本ではそんなに成功してないっていうので海外」ってことなんですけど、いやいや、海外こそ難しいぞ、っていう。日本がダメだから海外っていう考えじゃなくて、日本ももちろん難しいし、そこをちゃんと踏まえて遊びに行く感覚じゃなくて、本気でやれよ、みたいな。

会見の時とか、すごいみんなテンション上がってて。だからまぁ、現地の言葉を覚えて現地のテレビに出られるようにならないと意味がないぞ、っていうね。しゅんとしてましたけどね(笑)。

タイで活動中のぼんちきよしのブログ。ブラマヨ小杉に宛てたメッセージはいつもブログだ

タイで活動中のぼんちきよしのブログ。ブラマヨ小杉に宛てたメッセージはいつも自分のブログにしたためている。「直接メールしたらいいのに」(多田)

──胸に刺さったんでしょうね、愛のムチというか…。

多田:いや、まぁ、成功しないと、こっちにも帰ってきづらいじゃないですか。向こうで売れてくれたら僕らも出やすくなるし。

善し:タイに行っているぼんちきよし君はね、タイのあたりまえ体操のネタを色々くれたんですよ。「こういうのありますよ、兄さん」みたいな。それもウケてね。自分らもネタやってて。

その翌日のFacebook見たら彼のブログがめっちゃアツくて、アツアツすぎてほんとに。ブラックマヨネーズの小杉竜一に宛てた内容だったんですよ。それを僕らが見せたら小杉は「…こいつアホちゃう?」って一言。

一同:(爆笑)

多田:こっちが見せなかったら小杉は知らなかったんですよ…。どう届くと思ってたんだろ…? 直接メールしたらいいのに、みたいな(笑)。

──単純な疑問なんですが、向こうの仕事のギャラは?

多田:最初の何回かは投資といいますか、ノーギャラです。飛行機代、宿泊代、かかってますからね。よく、後輩とかにもいわれるんですよ、「海外とかでも儲けて」みたいなこと。全く逆。行けば行くほど、たぶん僕らの給料は減っていくと思う(笑)。

でもまぁ、日本で皆さんがこうやって海外の話に興味を持ってくれるので、その為にも行っているというか、もちろん海外で活動したいというのもありますし。なのでお金の部分は全く、ですね。

──何年後には黒字、というか「やってやろう」というのありますか?

多田:そうですね。やっぱり向こうでCMを取ったりとか、そういうふうな感じにならないと黒字にはならいというのは聞いているので。

──YouTubeでここまでヒットしていたら、そろそろお声がかかるのでは?

多田:そうですねぇ、もうそろそろやりたいですね。

──やるとしたら拠点はジャカルタ?

善し:ジャカルタに限らずですね、タイもマレーシアも楽しかったし、いろんなところに行きたいですし、何回も一緒のところに行かないと意味がないっていうのもありますし。じっくりやっていくという感じですかね。

──インドネシアのお笑いは観たりしている?日本とはつくりとか笑いをとるツボはどんなところが違いますか?

善し:番組(バラエティ)は日本みたいに複雑じゃないですね、ほとんどが生放送なので。

ちょっとコント形式というか、『カックラキン大放送!!』みたいな感じですね。芝居仕立てで歌を歌ったり。あとは音楽番組が主流なので、芸人さんは芸人さんでいますけど。僕らが出るとなったら、音楽番組とか情報番組とかのワンコーナーが多いんですよね。くりぬきでポンと、最初はそういうのばっかりでしたよ。

──ゆくゆくは生番組でかけあいをするくらい?

多田:そうですね、なんか、うーん。。

善し:そうなったらもう完璧に(言葉を)覚えないとね。英語よりは簡単っていうんですよね。発音とかもつまずくことは少ないので、単語で形成されているので分かりやすいんですよ。だから、あたりまえ体操もハマるんですけど。
…私たちが覚えないとダメですね、早く(笑)。

──仕事をやりながら、語学をやる時間はありますか?

多田:ペラペラになるのは難しいと思うんですけど、「こんにちは」「ありがとう」「皆さん愛してます」とか(笑)。そういう単語単語というか言葉のきりはしは覚えて言ってるっていう感じですね。まぁ、何年か住まないと難しいですよ。


「COWCOW」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

あたりまえ体操 & アイアンメイシン

あたりまえ体操 & アイアンメイシン

出演者 COWCOW 
概要 お笑いコンビ、COWCOWの「あたりまえ体操」を収めるシリーズ第3弾。“恋愛バージョン”や“ソーセージバージョン”などののほか、迷信を題材にした「アイアンメイシン」も収める“ダブルA面”の内容だ。

 作品詳細・レビューを見る 

COWCOW CONTE LIVE 7

COWCOW CONTE LIVE 7

出演者 COWCOW 
概要 よしもとのお笑いコンビ、COWCOWが毎年行なっている恒例ライヴの第7弾となる2014年公演をシューティング。鋭い人間観察が笑える「おしごとずかん」など、子供から大人まで楽しめるコントと漫才を収める。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS