芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

タカアンドトシに直撃! かえってきた『よみがえりマイスター』爆笑エピソード

2015年8月11日(火) 19:52配信

タカアンドトシがMCを務める大人気番組、“復活ドキュメントバラエティ”『よみがえりマイスター』(NHK総合)が、8月12日(水)の19時30分にかえってくる。

壇蜜と絡むタカアンドトシ

壇蜜と絡むタカアンドトシ

今回、日本が誇る修理・復元・再生の達人たち、通称“よみがえりマイスター”に依頼するのは、タレントの壇蜜さんと人気シェフの川越達也さん。そして2人の著名人に加え、戦後70年に相応しく、文字の消えてしまった「70年前の戦地からの手紙」のよみがえりも見逃せない。

5月に放送された前回に比べ、さらにパワーアップした今回の放送の魅力を、爆笑トークを交えてタカアンドトシが自ら語ってくれた――。

タカアンドトシ

今回放送する『よみがえりマイスター』の魅力について語ったタカアンドトシ

――どんな番組なんでしょうか?

タカ:自分の大切にしているもの、壊れてしまった思い出の品などを、よみがえらせてくれる夢のような番組で、人が幸せになる瞬間を見ることができます。こんな素晴らしい番組はありません。

トシ:依頼人の著名人2人の意外で新たな一面が見れると同時に、マイスターの腕の凄さに驚くばかり。ビックリすることの連続ですよ。

タカ

タカ

タカ:マイスターの腕ももちろんですが、依頼人の『よみがえらせたい』という思いに、僕は着目しています。これまで大切に保存していたものを『どうにかよみがえらせたい』という、藁にもすがるような依頼人の思いには、心を動かされてしまいます。

トシ:今回は、壇密さんと川越シェフの知られざる意外な一面も必見です。壇密さんの依頼は、祖父の高価な二眼レフカメラのよみがえり。祖父はこのカメラで祖母などの姿を撮っていたそうですが、40歳の若さで病死。間もなくカメラも壊れてしまいました。祖父の形見のカメラをよみがえらせて、祖母を喜ばせたいという壇密さんの思い。壇密さんは実は、おばあちゃんが大好きでとても影響を受けているということで、おばあちゃんと会っているときは凄く柔らかい感じがするんです。セクシーでミステリアスないつものムードとは、まったく違う意外な面があるので驚きました。

タカ:エロい目でこれまでは見ていたってことだな(笑)。あと凄いなと感じたのは、壇密さんのおばあさんが『いまだにおじいさんのことが好きで、再婚できなかった』と言ったこと。その一途な思いが凄い。いまの時代、そんな人いませんよ。私が死んだら、妻はすぐ再婚するだろうし、私だってそうですよ。

トシ:お前もそうなのかよ。最低だな。

タカ:憧れますね、早く亡くなってしまったけど、ずっと思われているおじいちゃん。羨ましいですよね、ずっと愛されているおじいちゃん。

トシ:川越達也シェフは、笑顔でさっとスマートにおしゃれな料理を作るイメージだけど、実は高校球児だった。新聞配達のアルバイトをしてグローブを買い、甲子園を目指していた泥臭い時代が実はあったんです。ボロボロのそのグローブを直して、白球を追っていた頃の原点を見つめ直したいといいます。そこで、その道50年のグラブ職人が、よみがえりに挑戦します。

――お2人にとって、よみがえらせたいものは?

タカ:以前はおしゃれ好きで、服やアクセサリーをよく買っていましたが、今はまったく物欲がないんです。その物欲をよみがえらせたい。

トシ:なんだよ、それ。じじぃじゃねえか。枯れちまったんじゃねえか。僕は最近、ご飯があまり食べられなくなってしまったので、あの頃の食欲と胃腸がほしい。

タカ:体がじじぃじゃねえか。それとも、嫁の飯がまずくて食えないんじゃねえか(笑)。

――トシさんには、待望の女の子が6月に生まれましたね。

トシ:「まだ2ヵ月なんで、男の子か女の子かわからないような感じです。でもね、抱っこすると、柔らかいんですよ。もう少し大きくなると、女の子って実感できるのかな。待ち遠しいな。でも、デレデレになって何も言えないかも。怒る自信はないですね。

トシ

トシ

――「タカトシ」さんといえば、ずっとコンビで活動されていますね。

トシ:コンビでずっとやっていきたいですね。なくてはならない相方、というほどのもんじゃないけど(笑)。

タカ:その言葉、そのままお返ししますよ。

トシ:しょうがねえから、付き合ってやっているんですよ。

――「よみがえりマイスター」の話に戻りますが、どんな方たちに観てもらいたいですか?

タカ:年配の方にも若い方にも、感動してもらえると思います。70年前に戦地の父から届いた手紙があって、でも、文字が消えてしまっている。これなんか、最新のデジタル技術を駆使して、70年前に書かれた文字を復元することができて驚くばかり。こんなことができるのか、と感動しちゃいますね。

トシ:当時4歳だった娘さんが、現在は74歳。戦地で父が『もう帰れない』と覚悟して書いた手紙ですが、人一倍の子煩悩だった父の思いを知りたい、という思いから依頼したそうです。感情移入しちゃいますよね。


――今年は戦後70年の節目の年ですが、考えさせられるものがありますか?

タカ:ありますよ。いま安保法案が問題になっていますが、やっぱり戦争はない方がいい。この依頼人のお父さんのように、家族を残して死ぬかもしれないに、戦地に行かなければいけない。自分がそういう立場になったら、行かないでしょうね。

トシ:行きませんって、当時はダメだからね。

タカ:怖いんで、戦争。

トシ:テレビで見聞きしたことを言おうとしてるだけだろ(笑)。大したこと言えないんだから、やめてください。薄っぺらくて恥ずかしいから(笑)。

タカ:でも、本当にイヤなんですよ、僕。

トシ:依頼者の方は当時4歳。僕にはいま4歳の息子がいますが、その子どもを残して戦争に行って、そこで手紙を書く。凄い時代だったんですね。自分がその立場だったら、手紙を書けるかなって、考えさせられましたよね。

タカ:僕は怖くて、ブルブル震えて書けないな。

トシ:あなたのチキンハート振りを披露しなくていいから(笑)。わずか70年前の日本ですが、まったく別の国のことのように感じ実感がわきません。でも、そういう時代が確実にあったんですね……。

タカアンドトシ

タカアンドトシ

――最後に「ぜひここを観てほしい」という一言を。

トシ:すべての依頼人に深い思いがあって、その思いに対するマイスターの思いがある。そして、素晴らしいラストを迎えています。モノに対する思いと、相手に対する思いが存分に詰まっているので、そこをぜひ楽しんでください。

タカ:ピンポイントになりますが、僕は川越シェフのグローブですね。梅沢富美男さんとのキャッチボールを見ていただきたい。

トシ:そこかい!

タカ:夢のキャッチボールを見ていただきたい。梅沢さんも血が騒いだのか、熱くなっていましたよ。

(文:高城龍二)

【インタビュー】COWCOWが狙う海外進出「CMを取りたい」


「タカアンドトシ」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

単独ライブ2014

単独ライブ2014

出演者 タカアンドトシ 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS