芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

異常な盛り上がり見せた『恋仲』 舞台裏を徹底分析!

2015年9月17日(木) 18:18配信

「王道ラブストーリー」を描くと話題を集めたものの、月9史上最低の初回視聴率でスタートして不安視されていた『恋仲』(フジテレビ系)が9月14日の放送で最終回を迎えた。

『恋仲』画像は公式ページより

『恋仲』(画像は公式サイトより)

“夏枯れ”状態のドラマ、『恋仲』は固定ファンで潤った

初回は視聴率が9.8%と悲惨でしたが、最終回の視聴率は11.5%。平均視聴率は、10.8%を記録し、なんと『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『デスノート』(日本テレビ系)に続く夏ドラマ3番手という結果になったのだ。

「今期はドラマ“夏枯れ”といわれて視聴率は振るわないものが多かったのですが、『恋仲』は6話からは右肩上がり。全体でも初回から視聴率が大きく変動することがなく、若者を中心に固定ファンがついた結果ですね」(テレビ誌ライター)

「演技はうまくないけど、あかり(本田翼)の笑顔の破壊力 半端ない」
「葵(福士蒼汰)に思われたい」
「翔太も幸せになって~いい奴なのにフラれるなんて」

などと、三角関係の誰かに共感するファンが多かったようだ。ネット上の盛り上がりは凄まじいが、視聴率はイマイチ。そこで、最終回には様々な仕掛けが施されていた。

「一部生放送を導入し、Twitterで副音声を流す連動企画がありましたが、これは明らかに『リアルタイムでみて』というテレビ局側のリクエストでしょう。生放送は、これまで香里奈主演のドラマ『私が恋愛できない理由』でも導入されましたが、ストーリーも演出も、クオリティーは落ちてしまうことは否めません」(ドラマコラムニスト)

若手スタッフがネットバズの決め手に

さらに、その生放送では“サプライズ出演”があり、通行人役でHKT48指原莉乃が出演したのだ。指原は放送後にTwitterで、

「これで指原も月9女優になれました!皆様ここまで支えてくださりありがとうございました!」

と、まるで主演を務めたかのような喜びようだったが、放送中に「え、指原?」と大きな話題を呼んでいた。

「30代の若手スタッフが中心で作っていたので、ネットの反応が自然と気になったのでしょう。副音声しかり、ツイッターのつぶやきや掲示板で盛り上がる要素がたくさん組み込まれていた。視聴率がとれなくなった今、ネットと連動してドラマを盛り上げるというのは、今後広がる手法なのかもしれません」(同前)

これらの仕掛けによって、多少は視聴率が上がったので功を奏した、とはいえるのだろう。

バトンタッチされる山Pと石原さとみは?

いい評判をなかなか聞かなくなってしまったフジテレビだが、月9はドラマの看板枠だ。来期は、『5時から9時まで』(小学館)という漫画原作のラブコメディで、石原さとみが人生最大のモテ期到来に戸惑う英会話講師を、山下智久が東大卒の高身長・高収入の僧侶を演じることが先日発表された。

「福士蒼汰や本田翼と比べて経験も知名度もあるが、問題は監督とプロデューサーの手腕です。原作に手を加えようとする傾向もありますが、失敗すると原作ファンを冒涜してしまいます。どこまで斬新な設定にし、どこを守るのか、そこが成否のカギでしょうし、期待が高まる部分でもあります」

ドラマ視聴習慣が衰退し、テレビ局も視聴者も手探り状態の今、どんな新しいアイディアが飛び出してくるのか。今後のドラマ界に注目していきたい。

(文:高城龍二)

視聴率2ケタ取り戻した月9『恋仲』、福士蒼汰の救世主は吉田羊?

『恋仲』最終回、「お祭り」状態に 放送カウントダウンからツイキャス、生放送でHKT48・指原登場


「恋仲」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

本田翼 in 『起終点駅 ターミナル』

本田翼 in 『起終点駅 ターミナル』

出演者 本田翼 
概要 2015年秋公開映画『起終点駅 ターミナル』の現場に密着、ヒロイン役の本田翼の魅力に迫る。彼女のオフショット映像のほか、原作にも映画にもないヒロインのオリジナル・エピソードを本田翼がモノローグで演じる。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

本田翼

生年月日 1992年6月27日(25歳)
星座 かに座
出生地 東京都

本田翼の関連作品一覧

石原さとみ

生年月日 1986年12月24日(31歳)
星座 やぎ座
出生地 東京都

石原さとみの関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    1位

  2. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. RADWIMPS、2018フジテレビ系サッカーテーマ曲「カタルシスト」のMV公開!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS