芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

感動ストーリーに原作ファンも涙…『エンジェル・ハート』第3話

2015年10月26日(月) 10:53配信

25日、『エンジェル・ハート』(日本テレビ系)の第3話が放送された。

『エンジェル・ハート』公式HPより

『エンジェル・ハート』公式HPより

この日はファルコン(ブラザー・トム)が公園で、「幸福の女の子」と呼ばれるミキ(渡邉このみ)と出会う。ミキはファルコンに絵本を読んであげる心の優しい少女だが、母親と貧しい生活を送るも母親が死んでしまい、一人寂しく暮らしていたのだ。悲しい境遇をもつミキを見て、周囲はそれぞれ、さまざまな想いを巡らせる。

Twitterでは「ファルコンの取り乱し方も原作通り」や「ファルコンが壊したテーブルをガムテープで直してあるシーンが漫画っぽくていい」など、再現性の高さなどから相変わらず原作ファンの評価も高い。香(相武紗季)の心臓に導かれるかのようにミキを母親のように抱くシャンイン(三吉彩花)だが、今後のシャンインの心の動きにも注目だ。

第3話はアクションシーンが少なく、悲しくも温かいストーリー内容で勝負した回だった。絶賛の声が多かった渡邉の演技も感動を呼び、次週にも期待が寄せられる。

>エンジェル・ハートのニュースをもっと読む


「エンジェル・ハート」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

エンジェル・ハート

エンジェル・ハート

監督 平野俊貴 
原作者 北条司 
音楽 岩崎琢 
声優 川崎真央  神谷明  伊倉一恵(伊倉一寿)  麻上洋子  玄田哲章 
声の出演 川崎真央  神谷明  伊倉一恵(伊倉一寿)  麻上洋子  玄田哲章 
概要 『週刊コミックバンチ』連載の同名漫画をTVアニメ化した、家族愛がテーマの作品。台湾から来日した殺し屋の少女と、新宿を拠点にする始末屋の心の触れ合いを描く。台湾マフィア「正道会」の暗殺部隊に属する香螢(シャイン)は、組織の命により新宿で任務を遂行していた。しかし、暗殺を繰り返すたび心が蝕まれていた彼女は、ある日飛び降り自殺を図る。瀕死の状態となった香螢だが、組織の手により心臓移植を行われ、奇跡的に一命を取り留める。生き延びてしまったことに落胆する香螢だが、彼女の中には新しい人格・槇村香の心が宿っていた……。本作は原作漫画の作者・北条司氏の代表作『シティーハンター』と登場人物が重なっているため続編と捉えられがちだが、ヒロインであった槇村香の死から物語が始まるというショッキングな内容のため、『シティーハンター』のファンの心情を考慮しアナザーストーリーという位置づけとなっている。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露
  • インパクト大!“もも時計”のお姉さん・青山めぐが美脚&美ももを披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS