芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

【2016年・紅白歌合戦直前】SMAPよりも注目集める? 安室奈美恵と宇多田ヒカルの出演動向

2016年11月4日(金) 15:21配信

NHK公式サイトより。まだ出場者、MCの発表はない

NHK公式サイトより。11月4日現在、まだ出場者・MCの発表はない

間もなく、第67回紅白歌合戦の出場アーティストや司会者が発表される見通しだ。

かつては年末の風物詩として、毎年のように視聴率70%から80%をキープしていた国民的番組も、近年は次第に低迷。近藤真彦と松田聖子がトリを務めた昨年は、ついに40%を割り、歴代最低の視聴率を記録してしまった。

隠し玉の「安室奈美恵」と「宇多田ヒカル」

NHKも、ただ手をこまねいているわけではない。

この2人、どうなる?

この2人、どうなる?

毎年、サプライズゲストやスペシャルゲストを招いたり、特別な中継を行うなどしている。たとえば1993年は、101歳の双子姉妹「きんさん」と「ぎんさん」が開会宣言をし、1994年には吉田拓郎が初めて出場。2002年は中島みゆきが黒部ダムから「地上の星」を熱唱した。矢沢永吉がサプライズでステージに立ったのは2009年だった。一昨年、中森明菜がスペシャルゲストとして出たことは記憶に新しい。

今年は、どんな大物が「隠し玉」として用意されるのか。SMAPの出場が危ぶまれる中、注目されるのが、安室奈美恵宇多田ヒカルの動向だ。この2人が揃っての出場となれば、今年の紅白の「超目玉」となることは間違いない。

紅白の常連だった安室奈美恵

安室は1995年、ミリオンセラーとなった「chase the chance」で紅白に初出場。2年後には大ヒット曲「CAN YOU CELEBRATE?」で、3回目の出場にして紅組のトリを務めるなど、2003年まで9年連続出場し常連となっていた。それ以来13年間、出場辞退していることがやや気になるが。

この曲で紅白のトリを務めた 「CAN YOU CELEBRATE?」

1997年、この曲で安室は紅白のトリを務めた 「CAN YOU CELEBRATE?

「ですが、安室は今年、NHKのリオ五輪のテーマソング『HERO』を歌いました。NHKの五輪中継が多かったこともあり、多くの人の耳に馴染んだ曲です。当然、NHKとしては紅白出場を見据えた上で、五輪ソングを安室にオファーしているでしょうから、出場してもらう絶好のチャンスでしょう」(芸能ライター)

ところが、ここへ来て暗雲が垂れ込めている。NHKのもくろみに反して、安室は出場に二の足を踏んでいるというのだ。それはなぜか。前出の芸能ライターが解説する。

「安室の主張は、アーティストとしてライブ以外で歌うことは避けたい、というものです。NHKは、『それならば収録出演ででも……』と交渉を重ねている最中です。それに対し安室側は、『フルコーラスを歌わせてくれるのなら』との条件を出しているようです」

出場歌手の多い紅白は、長い歌でも通常、「紅白バージョン」として3分ほどに縮めて歌う。安室だけに持ち時間を増やすことにNHKはいま、頭を悩ませているという。過去には、1990年の第41回の際、長渕剛が1人で15分以上をかけて3曲を歌い、「電波ジャック」「紅白ジャック」と言われたことがあった。長丁場の生放送だけに、タイムキープが重要な紅白。

NHKは安室にどんな結論を出すだろうか。

宇多田は未出場ではあるものの…

もう一方の大物、宇多田ヒカルはどうだろう。

「今年、人気の朝ドラ『とと姉ちゃん』の主題歌『花束を君に』を作詞作曲し、5年ぶりに音楽活動を再開した宇多田ヒカルは、意外なことに紅白には出場していません。しかし今年は、朝ドラのオープニングを担当したことから、紅白への初出場が有力視されていました」(前出の芸能ライター)

この作品も1999年 『First Love』

1999年、一気にブレイクした宇多田ヒカル 『First Love

近年、朝ドラの主題歌を担当したアーティストは必ず紅白に出場してことも、大いに期待を抱かせる。

『花子とアン』の絢香、『カーネーション』の椎名林檎、『ごちそうさん』のゆず、などだ。宇多田はさらに、今年9月、『SONGSスペシャル 宇多田ヒカル』に出演していることも、NHKサイドとしては紅白へ大きく前進したと考えている。

ところが宇多田は、「アーティストとしてのイメージを大切にしたい」との理由から、「紅白のステージに立つことは見送り」と、一部で報じられた。難色を示した宇多田にNHKは、ぎりぎりまで生出場の道を探りながらも、最悪の場合、収録での出場の道も検討しているという。

絶大な人気を誇る安室と宇多田。出場そのものも微妙な情勢だが、できることなら、生の姿を見てみたいものである。

(文:高城龍二)

>紅白歌合戦の記事をもっと読む


「紅白歌合戦」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

花束を君に

花束を君に

演奏者 宇多田ヒカル 

 作品詳細・レビューを見る 

Hero

Hero

演奏者 安室奈美恵 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

宇多田ヒカル

生年月日 1983年1月19日(34歳)
星座 やぎ座
出生地 ニューヨーク

宇多田ヒカルの関連作品一覧

安室奈美恵

生年月日 1977年9月20日(39歳)
星座 おとめ座
出生地 沖縄県

安室奈美恵の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. SuG、日本武道館に向けての新曲「AGAKU」インタビュー「アクシデントすらもドラマにするっていうのが、自分たちの正解」

    1位

  2. 【異色対談】千聖(PENICILLIN、Crack6)×俳優・塩谷瞬×DJ/俳優・鮎貝健 ソロデビュー20周年記念ベストアルバムリリース!

    2位

  3. 小林麻耶、山田純大の存在に感謝の言葉「奇跡だと思います」

    3位

  4. 【ファン目線】文春砲直撃の橋本奈々未、イメチェン姿に絶賛の声「金髪ななみん美人すぎ」

    4位

  5. 松浦美奈が選ぶ「字幕を手掛けた作品で印象に残った映画」10本

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 元Dream5・大原優乃、グラビア初挑戦でFカップ披露 目標は「表紙を飾ること」
  • 佐々木希、それとも堀北真希? 父親世代が一番ショックだった「タレント同士の結婚」カップルは?
  • 【水着ショット公開】春奈るな、ニューアルバム『LUNARIUM』収録「Fly Me to the Moon」のリリックビデオ公開!
  • 綾瀬はるか、ランニング後の入浴シーンを披露
  • “スイカップ”人妻アナ・古瀬絵理、“不倫”テーマの写真集も家では「すれ違いざまにお尻を…」
  • 浅田舞、仕上がりバッチリのセクシーママ姿で色気ふりまく
  • コムアイ、“愛人役”に挑戦「大胆な露出」も惜しまず 現場からも演技に賞賛の声
  • ショッピングセンターで大胆パンチラ姿も披露 犬童美乃梨『ハートにずっきゅん』
  • グラドル森咲智美、「氷を這わされたい」Sっ気たっぷりの芸能人とは…?

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS