芸能人・有名人・海外セレブのおすすめ芸能情報なら、T-SITEニュース 芸能

こんなところに高橋一生!? 「セカチュー」「I.W.G.P.」etc. ブレイク前夜の必見出演作【ネタバレあり】

2017年10月23日(月) 16:00配信

NHK連続テレビ小説『わろてんか』に出演、10月23日からスタートするフジテレビ系月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』にサラブレッド議員役で出演する高橋一生

TVドラマのみならず、公開中の映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY -リミット・オブ・スリーピング ビューティ-』で桜井ユキの恋人を演じ、映画『嘘を愛する女』(2018年1月20日公開)で、長澤まさみと『世界の中心で、愛をさけぶ』以来、14年ぶりに共演するなど、今や主演クラスの俳優としてひっぱりだこ。ドラマ『民王』、『カルテット』で、人気が大ブレイクして以来、世代を問わず女子をキュンキュンさせ続けている。

そんな高橋一生の過去をふりかえってみると、宮藤官九郎が脚本を手がけた伝説の青春ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』(2000年)を始め、「あの役、そうだったんだ!?」と思うヒット作、話題作が盛りだくさん。脇役ながら、存在感を残す演技が光っている高橋一生の若き日を巻き戻してみると?(文:森山直子)

長髪&メガネの引きこもり役はイケメン前夜!「池袋ウエストゲートパーク」

通称「I.W.G.P」こと『池袋ウエストゲートパーク』は放映から17年がたった今も語り継がれているドラマ。キャストも豪華だし、クドカンの脚本も演出の堤幸彦氏のスピーディなカット割り、ストーリー展開も画期的だった。

まったくの無名だった高橋一生が演じているのは当時21才だった主演の長瀬智也(マコト役)の中学時代の同級生で引きこもりの森永和範。ぼさぼさの長髪にメガネをかけ、いかにもオタクっぽい風貌はイケメン前夜の感があるが、脇役ながらドラマを見ていた人は「あの役、高橋一生だったのか?」とすぐに思い浮かぶのではないだろうか。

ちなみに和範の趣味はPCとTVと双眼鏡で外を観察することで、母親とのコミュニケーションは筆談。第2話で、行方不明になった組長の娘を探している時に手がかりとなるコンビニが見えるマンションに和範が住んでいたため、マコトが部屋からの捜索を依頼することになる。最初はドア越しにしか話さなかった和範が次第にマコトに心を開くようになり、「また遊びに来てよ」と言うシーンやついには部屋から出てマコトに会いに行く場面は感動的。

とは言え、また引きこもりになることを恐れて今度は家に帰れなくなってずっとファミレスで過ごすハメになる(第6話)のだが、どこかクールでひょうひょうとした雰囲気はのちの『カルテット』の家森役に通じるところも!? なお、I.W.G.P.には小栗旬もちらっと出演。のちにTVドラマ『信長協奏曲』(2014年)で主演の小栗(織田信長役)と高橋(浅井長政役)がガッツリ絡むことになるとは、この頃はお互いに想像できなかったに違いない。

「部長!」って呼びかけたい!ひそかな胸キュンポイントありの「スウィングガールズ」

DVD「スウィングガールズ」

DVD「スウィングガールズ」

ウォーターボーイズ』を大ヒットさせた矢口史靖監督による大ヒット映画(2004年公開)。東北に住む落ちこぼれの女子高校生たちがやがてビックバンド、スウィングガールズ(上野樹里貫地谷しほり本仮屋ユイカらがメンバー)を結成するというストーリーで、高橋一生の役は吹奏楽部の部長。

物語は夏休みに野球部の応援にバスで向った吹奏楽部のメンバーに彼女たちがお弁当を届けるハメになるところから展開していく。電車に乗って向ったはいいけれど、途中でお弁当を1つ食べてしまうわ、眠くなって乗り過ごしてしまい、炎天下、線路を歩いていくわ、電車にひかれそうになって転ぶわで大騒ぎ。グラウンドに着いた頃にはお弁当はすっかり腐っていたのだった。

そんないきさつを全く知らない高橋一生がお弁当を開けて食べるとオカズではなく石だったことに「あ?」と呆然とする表情や、食中毒にかかって管楽器の中に思わず○○の衝撃的シーンは要チェック。

お弁当が1つ足りなかったため、唯一、食中毒から免れたシンバル奏者役の平岡祐太が吹奏楽部を何とかしようと彼女たちに楽器を教えることになる。

映画の後半では「東北学生音楽祭」で吹奏楽部とスウィングガールズが共演。高橋一生が青いブレザーを着て指揮をする場面やスウィングガールズのジャズを聴いて微笑むシーンなど、セリフや出番は少ないけれど、胸キュンポイントを探す楽しみアリ。

ちなみに当時、高橋一生は20代半ば。幼さは残っているものの、漂うクールな雰囲気は意外と変わらないかも!?

チャライ高校生役は必見!『世界の中心で、愛をさけぶ』

DVD「世界の中心で、愛をさけぶ」

DVD「世界の中心で、愛をさけぶ」

“セカチュー”ブームを巻き起こした大ヒット映画で、のちにTVドラマ化もされた(映画は2004年公開)。

片山恭一原作のベストセラー小説「世界の中心で、愛をさけぶ」をもとにしたラブストーリーで、映画は小説ではあまり描かれなかった大人になった主人公、朔太郎(大沢たかお)が高校生だった1986年を振り返る形で展開していく。

高校生役を演じているのは森山未來で、高橋一生は親友役(大木龍之介)として登場。大人になった高橋一生の役を宮藤官九郎が演じているのも『池袋ウエストゲートパーク』、『カルテット』に繋がっていく縁を感じさせる(!?)。

ちなみに高橋一生は制服の白いシャツに太めのチェーンネックレスをつけているようなチャラい高校生。
屋上で朔太郎に「いい女いねーよ」とぼやくシーンなど、要所、要所で登場。朔太郎に彼女(長澤まさみ)ができたことに最初は寂しさを覚えるが、なかなか進展しない2人の恋を何とかしようと船に2人を乗せて無人島に連れていくシーンは胸キュンチェックポイント。

アロハシャツにサングラスで大人ぶり、いい思い出を作るように朔太郎にコンドームを渡し、ひとり船で去っていくイケメンっぷりを発揮している。ちょっとナイナイの矢部を思い出してしまうのは個人的見解。

カメレオン俳優の萌芽?『デトロイト・メタル・シティ』

DVD「デトロイト・メタル・シティ」

DVD「デトロイト・メタル・シティ」

人気コミックを実写化した松山ケンイチ主演の爆笑ロック映画(2008年公開)。渋谷系に憧れ、大分から上京し、東京の大学に通う根岸崇一(松山ケンイチ)は卒業後に誤ってデスメタル系の事務所に所属して道を踏み外し、ポップスから期せずして悪魔系デスメタルバンド、“デトロイト・メタル・シティ”のボーカル、ヨハネ・クラウザーII世としてデビューすることに──。

高橋一生が演じるのは根岸が所属していたポップミュージック研究会のおしゃれな後輩、佐治秀紀。卒業後はテトラポット・メロン・ティのボーカル&タンバリンとして主に路上で活動し、根岸のことをリスペクトしているという設定だ。

ある日、佐治は遊園地で偶然、根岸を見つけ、追いかけていくが、窮地に陥った根岸はトイレでクラウザーに変身。ビビり気味の佐治にグループの持ち歌、「サリー・マイ・ラブ」をトイレで歌わせるシーンは高橋一生ファンには、たまらないポイント。

びくびくしながらタンバリンを叩いて歌う内に「ナイス! タンバリン!」と褒められ、2人で向き合ってステップを踏むほどノッてくるシーンは爆笑モノだ。ネット上でも高橋演じる佐治くんは大人気。笑顔がたまらない、首のかしげ方がかわいいという声が上がっていて、カメレオン俳優としての才能をすでに発揮している。

ほかにも、「11人もいる!」「名前をなくした女神」「おひさま」など、さまざまな作品している高橋一生。現在につながる彼の若き姿を探してみるのもいいかもしれない。


フォトギャラリー


「高橋一生」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

民王スピンオフ~恋する総裁選~

民王スピンオフ~恋する総裁選~

出演者 高橋一生  相武紗季  升毅  ふせえり  川岡大次郎  山路和弘  小宮孝泰  西ノ園達大  小野麻亜矢  佐野泰臣  林家正蔵  遠藤憲一 
脚本 西荻弓絵 
原作者 池井戸潤 
演出 山本大輔 
音楽 井筒昭雄 

 作品詳細・レビューを見る 

連続テレビ小説 わろてんか

連続テレビ小説 わろてんか

著者 NHK出版  吉田智子 

 作品詳細・レビューを見る 

池袋ウエストゲートパーク

池袋ウエストゲートパーク

出演者 長瀬智也  加藤あい  窪塚洋介  森下愛子  渡辺謙  山下智久  妻夫木聡  坂口憲二  小雪  佐藤隆太  きたろう  阿部サダヲ  高橋一生 
脚本 宮藤官九郎 
原作者 石田衣良 
演出 堤幸彦 
音楽 羽毛田丈史  FOE  KREVA 
概要 マコトは池袋で母と2人で暮らす19歳。毎日幼馴染のマサと街をうろうろ過ごしている。ある日、本屋で万引きしていたシュンを見つけ、2人はそれをネタに金を取ろうと近づくが、不思議に仲間になってしまう。そんな彼らの前に女子高生のヒカルとリカが現れる。ある日、マコトはリカに誘われ、ホテルで一夜を共にしたが、翌日ホテルでリカの絞殺体が発見される…。 オール読物推理小説新人賞を受賞した石田衣良の小説をドラマ化。長瀬智也、加藤あい、ジャニーズJr.の山下智久など人気アイドルが多数出演しているが凝った演出による一風変わった見ごたえのあるドラマになっている。演出は「ケイゾク」の堤幸彦、脚本は注目の若手宮藤官九郎。

 作品詳細・レビューを見る 

3月のライオン

3月のライオン

出演者 神木隆之介  有村架純  倉科カナ  染谷将太  清原果耶  前田吟  高橋一生  岩松了  斉木しげる  中村倫也 
監督 大友啓史 
脚本 渡部亮平  岩下悠子  大友啓史 
原作者 羽海野チカ 
音楽 菅野祐悟 
概要 人気漫画家・羽海野チカの大ヒットコミックスを「るろうに剣心」の大友啓史監督、神木隆之介主演で実写映画化した青春ドラマ。本作は前後編の後編。18歳になったプロ棋士・桐山零が、川本家の3姉妹や義理の姉・香子はじめ周囲の人々と繰り広げる様々な触れ合いや葛藤を通して成長していく姿を描き出す。将棋しかなかった桐山零が川本家の三姉妹と出会ってから1年、再び獅子王戦トーナメントが始まる。しかし零の師匠・幸田は引きこもりの息子・歩にケガをさせられ、緊急入院で不戦敗に。香子も未だにA級棋士・後藤との関係を終わらせることができず、幸田家は崩壊寸前に。そんな中、川本家ではひなたがクラスでいじめ遭い、さらに、別の女をつくって家を出て行った父親が突然現われ、3姉妹を大きく揺さぶり始めるのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY ―リミット・オブ・スリーピング ビューティ―

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY ―リミット・オブ・スリーピング ビューティ―

出演者 桜井ユキ  古畑新之  佐々木一平  新川將人  阿部純子[女優]  信太昌之  木村知貴  川面千晶  飛磨  武藤心平 
監督 二宮健 
脚本 二宮健 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

高橋一生

生年月日 1980年12月9日(36歳)
星座 いて座
出生地 東京都

高橋一生の関連作品一覧

長瀬智也

生年月日 1978年11月7日(39歳)
星座 さそり座
出生地 神奈川県

長瀬智也の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. Mr.KING、永瀬廉の胸キュン演技にファン大興奮 ファンは「このイケメン誰?」の声に“神対応”

    1位

  2. 【徹底分析】『奥様は、取り扱い注意』綾瀬はるか、驚異のキャリアで確立した「好循環女優」の地位

    2位

  3. 「情熱よりも、優しく包み込むような歌い方を」久々のストレートなラヴ・バラードを前にGLAYのヴォーカリスト・TERUが切り拓く新境地とは?【インタビュー】

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 広末涼子、入浴シーンを披露!ロバート・秋山、今度はマッサージ師に?
  • 現役女子大生、超特大ボリュームの撮り下ろし写真集第5弾、発売決定
  • 道端アンジェリカ、クリスマスは「彼と家族と過ごす」姉・ジェシカとは「来年会う」
  • 【ネクストブレイク】福本莉子、ファースト写真集から貴重なカットを解禁!
  • 篠崎愛、最初で最後の「限界ギリギリ」新写真集は「今の私の結晶」
  • 安藤咲桜(つりビット)が週プレグラビアで“爆釣”御礼!
  • 【TSUTAYA・10月販売タレント写真集ランキング】石原さとみ『encourage』が1位独走中!
  • 久松郁実、海での撮影は砂が「めちゃくちゃ水着に入ってくる」
  • 長澤茉里奈、ニーハイで悩殺? “合法ロリ”は「続けたい」 『まりなだって好きなんだもん』芸能界復帰DVDイベント

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS