J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

BugLug ニューアルバム『KAI・TAI・SHIN・SHO』 「喜怒哀楽や人間模様を1曲1曲で出したかった」【インタビュー】

2018年5月1日(火) 12:00配信

バンドとしてまた一つ突き抜けた感のある、聴き応えたっぷりのBugLugのニューアルバム『KAI・TAI・SHIN・SHO』。
このアルバムを聴いた印象を、「しっかりとバランスの取れた確かな一点で立っているんだけど、ゆらゆらとするところをわざと残しているような、“やじろべえ”みたいな感じがした」と伝えると、笑いながら「昔から言ってて最近あんまり言ってないんですけど、俺たち“バグってるんだけどラグジュアリー”っていうところで、豪華な不良品じゃね?って。不良品だけどめっちゃいいものだから、っていうところからBugLugってきてるんだけど、それがある意味“やじろべえ”に近いのかも」と一聖が教えてくれた。

バンドとしての揺るぎない支点を確立しながら、いろんな遊び心を散りばめた今作は、まさに今のBugLugの魅力を具現化したものだと言えるだろう。(インタビュー&文:大窪由香)

BugLug

—『KAI・TAI・SHIN・SHO』は、どの曲も一筋縄ではいかない、ものすごいアルバムを聴いてしまったなという衝撃を受けたんですが、みなさんの手応えはいかがですか?

優(G)「手応えは今回正直かなりあります。衝動的になんでもやっちゃえっていうところからスタートしたし、よくインタビューでも言ってるんですけど、俺らにしかできない3枚目ができたなと。新しいバンドの1stアルバムぐらいの気持ちで作ったアルバムなので、変にコンセプトもないし、とにかくこれが今のBugLugですっていうアルバムができたことが嬉しいなって思っています。1年休んでいたっていうのもあって、普通のバンドじゃこういう3枚目は作れないだろうっていう自信もあったし、8年目のバンドの3枚目に出す1枚としては、とにかく面白いな、驚いてくれって言えるものができたから、嬉しいです」

一樹(G)「前作から3年ぶりということで、制作活動も本当に久しぶりで、音楽をやれる喜び、バンドをやれる喜びっていうのが溢れていて、それが曲やプレイに出てると思います。この楽しい感じというか、今のBugLugをパッケージしたものを聴いてもらえればたぶん、一筋縄ではいかないっていうのもわかってもらったと思うんですけど(笑)、僕たちはそういうバンドなので、それをライブでも表現して一人一人成長していきたいなと思っています」

将海(Dr)「これだけ一気に曲が増えたので、とにかくライブでやりたいっていうのがあります。今まで結構似たような選曲になっていたので、せっかくこれだけ増えたから、ライブもまた変わってくるだろうっていう感じで思っています」

燕(B)「これだけバラエティ豊かな曲がたくさん揃って、これからライブで育てていくのが楽しみです」

一聖(Vo)「アルバムを出すっていう意味では最高のスタートを切ったなという感じがします。これからどんどんアルバムにまつわる、いろんな活動があると思うので、そこをみんなで一緒に歩んでいきたいなと思います」

一聖(Vo)

一聖(Vo)

—今までのBugLugらしさを踏襲しつつも、どの曲も新しいという印象なんですが、ここに収録された楽曲は前作からの3年間でできた曲ですか?それとも活動再開したこの一年間で作られたものですか?

一聖「基本的には全部新しい形で作っています。5人揃って作るっていうのがBugLugの醍醐味だと思うので、データのやり取りして作りましょうっていうのが嫌いなので、5人でスタジオに入って一曲一曲を綿密に最初から最後まで作っていきました。47都道府県ツアーの初め…去年の9月から始めて、楽しかったですね」

—たくさんある候補曲の中からセレクトした感じですか?

「それはあるよね。ボツ曲もいっぱいあったし」

一聖「基本的には聴いていいじゃんってなったものを形にするスタイルでした。『KAI・TAI・SHIN・SHO』ってタイトルも、ローマ字表記なのはBugLugらしいのかなと思っています。実際の“解体新書”の“新”が“心”っていうところで、わかりやすく言えば喜怒哀楽、そういった人間模様っていうのをこのアルバムの一曲一曲で出していきたいなっていうイメージがあったんです。それをみんなで話し合いながら制作していった感じですね」

—13曲目の「解体心書」ありきでこのアルバムタイトルになったわけではなかったんですね。

一聖「そうですね。他にもタイトル候補はいっぱいあったんですよ。4月から回る“ANIMANIA(アニマニア)”っていうのもタイトル候補であったし。でも最終的にバンドとして何を伝えたいかって思った時に、心っていうところで何か伝えられる要素が多いんじゃないのかなと思ってこのタイトルにしました」

—そうだったんですね。楽曲「解体心書」は、療養期間があって再開して47都道府県ツアーを回って、そこで感じたことや得たものをぎゅっと凝縮して詰め込んだ曲だなと感じました。

一聖「まさにそうです。人は一人では生きていけない、生きれるわけがないっていうところでは、家族や友達もそうなんですけど、俺にとってはメンバーや、取材してくれる方たちやスタッフ、ライブに来てくれる人たちだったり、いろんな人たちが周りにいるからこそ自分は生きている意味があるんだなと感じられたので、苦しいこともいっぱいあった1年だったんですけど、最終的には笑顔になれる場面も増えてきたし、そういう思いでこの曲は書き上げました」

一樹(G)

一樹(G)

—メンバーの皆さんもそうだったと思いますが、このアルバムを受け取って聴く人たちも、自分の心と向き合うことができるアルバムだなと思いました。1曲目の「Die s Kill」はミュージックビデオも録られていますよね。

一聖BugLugとしての遊び心があふれているのかなと思ったので。タイトルや字面の時点で、“すごくネガティブな曲?”って思われるかもしれないですけど、よく見てみたらそういう曲じゃないという」

—ストレートなロックチューンかと思いきや、スカパンクになったり三拍子が入ったり、いろんな要素が詰まった曲展開の激しいナンバーですよね。

一聖「この曲はみんなでスタジオに入って、こうじゃないああじゃないって時間をかけて作りました。いっぱいアレンジしましたね」

「テンポが変わるとか曲調が変わるとかって、もう麻痺してきてますからね(笑)。いろんなのが入ってますねって言われるんですけど、やってる方はあんまりそう思ってやってないっていう」

一聖「これが普通っていう感じになってきている傾向があるね」

「むしろ、全部同じ感じの方が不安になる(笑)」

—そうですか(笑)。アルバムの前半はシリアスなナンバーが続きますが、「アリゲイターJr.」はシリーズものですよね。そういう遊びもありつつ。

「アリゲイターシリーズ、次は何になるんだろうね」

一聖「おじいちゃんとか。アリゲイターグランドファーザーとかかっこいいなあ」

「アリゲイターの孫、っていうのもあるよ」

「演歌みたい(笑)」

—「ASHURA」のポエトリーリーディング、この展開は意表をつきました。「言刃」はイントロから将海さんのドラムが印象的ですね。

将海「そこはなんかちょっとこだわったというか。珍しくやいのやいの言いました。一回ラフな状態のを聴いたんですけど、ちょっと変えたいなと思って」

—「Heroin」はジャジーで、BugLugのまた新しい一面を見たなと。

「まさにこういう曲も1年目のバンドにはたぶんできないことだし、そういった意味でこのアルバムの面白みの一つでもあるのかなと思いますね」

一樹「こういうシャッフル調の曲ってヴィジュアル系によくありますけど、ここまで色気のある音や声は無理でしょってところで結構自信作ですね。ベースもすごくいいし。制作がすごく楽しかったんですよ。レコーディングでは高いところから低いところまで一聖は大変だったと思うんですけど、あがったものを聴いてすごいなあと思いましたね」

「この曲はライブで再現させるのも結構難しくてね」

一樹「そう。結構ごちゃっとするんですよね。かなり引き算をしてます、この曲は。モータウンみたいな女性コーラスも入れてもらって、おしゃれな感じにできたし。あと歌詞もいい。これは僕の推し曲です」

「今回、どの曲も個性が強いからいいですよね。『S×N×O』ってどういう意味かわかりました?」

—わからなかったんですよ。×のところは伏せ字なのかな?とは思ったんですけど。

一聖「確かに×のところが伏せ字なのは合ってます。これは脳トレです」

—あ、答えは教えてくれないんですね(笑)。

「歌詞カードを見ながら聴くとその歌詞にしか聴こえないかもしれないですけど、俺たちは歌詞カードどおりには歌ってないもんね」

一聖「そうだね(笑)。取材に来てくれたみなさん、モヤモヤしたまま帰ってます(笑)」

—モヤモヤしながら帰ります(後日リリックビデオを見て納得)。「SINGULARITY」は今作の中ではデジタル色の強い曲で、他とまた毛色が違いますね。

一樹「これは最初から構成が結構固まってたよね。機械と人間っていうテーマも」

「テーマがすごくいいなと思っていて。曲にもそれが全面に出ていて、よくこんな曲が作れるな、すげえなと思った。サビ前のコーラスが入るところがあるじゃないですか。あそこが映画の攻撃シーンというか、『スターウォーズ』の世界みたいな情景が浮かんできて、個人的にも好きですね」

一聖「このシンギュラリティっていうのが2045年に本当に起きるんじゃないかっていう話になっているのを知って。ツアー中にテレビ番組でAIのことをいろんなところでやってたんですよ。カフェみたいなところでもロボットが売るようになるところが日本でもできるらしくて。AIの発達によって、全部機械に頼りっぱなしになっていったら、立ち位置が逆転されるんじゃないかなって。発展することですごく便利になるし、すごい世の中になるとは思うんですけど、でもそれがひっくり返らねえかなと思ったので、こういう歌詞になりました」

優(G)

優(G)

—「Die s Kill」から「SINGULARITY」まで、どんどんダークになっていった流れから、突然このラテン調の「(●θ●)」がきた時に、この曲が一番不気味って思いました。

一同「(笑)」

一聖「その発想いいですね(笑)。恐ろしいソングとして売り込んでください」

「この曲はすぐにできた曲だよね」

一聖「早かったよね。一瞬だった。原曲があって、じゃあこうしようっていうアレンジはすぐに決まったんですよ」

一樹「意外とそういう曲がライブで活躍したりするんですよね」

「確かに、この曲の明るさが気持ち悪いよね(笑)」

「言われてみたらサイコパスだよね(笑)。イメージとしては昔のLPみたいな感じなんですよね。ここからがB面、みたいな」

一聖「しかもこれ、歌詞が載らないんですよ。あえてまったく載せない」

「なんかで歌詞書いてなかった?」

一聖「あ、歌詞じゃないけど一言だけポルトガル語で書いた」

「スーパー不気味じゃん(笑)!」

—そして、今までこんなにど直球なラブソングがあったのかと思うぐらい晴れやかな「[Boy]Adolescence[Girl]」に続くわけです。

一聖「プレッシャーがでかいよね、いい曲なのにね(笑)」

「これもなんだか怖く聴こえるよね(笑)」

—「SHISHIMAI」のギターイントロ、かっこいいですよね。

「一樹が難しいフレーズを弾いてて」

一樹「チャレンジだったね」

「将海のジャッジが厳しかったよね、だいぶ」

一樹「ようやくアルバムが出せるので、いろいろギターを弾きまくってやろうっていう気持ちが溢れました。なので自分の許容範囲をはるかに超えたものを取り入れました。今までの自分のままじゃダメだろうっていう意識が強くて、このアルバムは自分に課した試練でした。初めは普通の曲だったんですけど、みんなでアレンジしたらすごくかっこよくなって、一聖の歌詞も加わっていい曲になったので、これぞ自分の目指す音楽の形でした」

「音がなかったらちょっとやばいけどね」

一聖「“Yeah Yeah SHISHIMAI”って言ってるからね(笑)」

—イントロに一瞬、間がありますよね。これはわざとですか?

一樹「そうです。そのままいってもよかったんですけど、爆発させるには一回ふっと無音を作った方が、その後の破壊力がすごいと思って取り入れました」

将海「あれ、ミスじゃなかったんだ」

一樹「このアルバムを作るにあたって、みんなにスポットがあたるところができたらいいなと思っていて。この曲ではドラムソロを作りました」

将海「ドラムソロはフィーチャーされたら困るところもあるんですけど、その時は俺じゃない人が俺に降りてきてると思うので、その人の魂を感じてほしいです」

—「神隠し」のギターソロはどちらが弾いてるんですか?

「俺です。いいソロが弾けました。レコーディング中、結構意識したんですよ。一樹ならこうしないだろうなっていうソロを弾きたくて。そういうのがちゃんと弾けてよかったです」

—「新人生(Re-Recording ver.)」はシングルよりまた一歩踏み込んだ感じがしますね。

一聖「今回、なぜ録り直したかというと、47都道府県ツアー全48公演全部で『新人生』を歌ってたんですよ。それは本当に自分自身が新しい人生を迎えているからこそ歌いたいっていう思いが強くて歌っていたんですけど、ライブをやっていて感じたことや得たことがいっぱいあったんで、これは録り直さないと意味がないなと思って。前回録ったのは武道館が終わった去年の6月だったんですけど、自分で言うのもあれなんですが、まだふわふわしてたんじゃないかなと思っていて。だから改めて録り直しました」

—そして「解体心書」は冒頭にもお話ししましたが、この1年で得たものが詰まった曲だなあと、なんだかちょっとホッとした曲でもあります。

一聖「わかりやすくいえば、3曲目の『ASHURA』と真逆の世界なんですよね。『ASHURA』はみんながいるから生きづらい、生きている価値が見出せない、だから別に一人でもいいじゃないっていう世界に、いずれなるんじゃないかっていう不安を抱いていたから作れたんですけど、そんなわけないじゃんとも俺は思っていたから、この『解体心書』が作れたっていうのが一番大きいですね」

—「ASOVISM」はライブを意識された曲ですか?

一聖「まさにそうですね。5人でライブを作ってっていうのはもちろんなんですけど、BugLugのライブに来てくれる人たちも一緒にライブを作ってくれていて、それを感じられたからこそできた曲かなと。俺、伝え方が下手くそなところがめっちゃあると思うんですよ。だから歌でちゃんと歌えたらいいなと。それをメンバーもすごく理解してくれて一緒にこの曲を作ってくれたからこそ、すごくいい出来上がりになってありがたいなと思っています」

燕(B)

燕(B)

—ちなみに一樹さんは「Heroin」が推し曲とおっしゃってましたが、他のみなさんの推し曲はどの曲ですか?

「やっぱり『ASHURA』かな。『解体心書』っていう、このアルバムで一番言いたい曲の真逆になってる曲っていうのは、やっぱり対になって重要な曲になるんだろうなというのがあって。いろんな矛盾がある中で、『解体心書』でのメッセージが成り立っているわけで。その矛盾だったりとか、そういう人間の心の移り変わりをわかりやすく『ASHURA』が対になって表現してくれているなと思うんで、とても重要な曲だと思います」

将海「僕は『神隠し』ですね。LEVINさん(ex.La’cryma Christi)のスタジオで録ったんですけど、この曲をやってる時に初めて『今のフレーズ、歌心あるやん』ってコメントくれて(笑)。 それがむっちゃ嬉しくて。たぶんこの曲はアルバムの中で一番個人的にはドラムがよく録れました……ってLEVINさんもたぶん思っています(笑)」

「一樹が『Heroin』を推しているので、俺『ASOVISM』ですね。この曲のサビが好きで、昔作ろうとしてた曲のサビがあって、当時どうしても俺はその曲がやりたくて。でもその時にはやらなかったんですよ。それをパワーアップして、この曲の中に入れられたのが良かったです。歌詞も、今日は今日しかないからいっぱい楽しもうっていうことをライブでよく一聖が言ってるんですけど、そういうこともちゃんと書いてあるし、すごい入り込める。自分自身もBugLugのメンバーとして歌に入り込める曲だと思うので、すごい好きです」

一聖「全部大好きな曲なんですけど、『Die s Kill』ですね。やっぱりBugLugらしさがすごく出てるなと個人的に思うのと、初めて聴く人もいっぱいいると思うので、なんだこの曲は?ってなるかもしれないけど、しっかりとした言葉のメッセージがあるので、できれば聴いてくれた人がBugLugを通して『Die s Kill』を抱いてくれたら嬉しいなって思います」

将海(Dr)

将海(Dr)

—そして4月20日から全国ツアー「ANIMANIA」がスタートしてます。

「“ANIMANIA”っていうタイトルのとおり、アニマの魂を一つに集めるとマニアになると。その魂と魂のぶつかり合いみたいなライブができたらいいなと思っているので、よろしくお願いします」

一樹「アルバムツアーっていうのはバンドのツアーにとって、僕的にはもっとも大事なツアーだと思っていて、このツアーでしかやらない曲、今後もしかしたら2度とやらない曲もあるかもしれない。そういうものがアルバムツアーだと思ってるので、『KAI・TAI・SHIN・SHO』をたくさん聴いてもらって、今っていうこのツアーを自分たち自身も楽しみながら、みなさんと一緒にライブを作れたらいいなと思います」

将海「アルバムを通して感じたものをライブでも感じてもらいたいなと思います。『歌心あるやん』ってLEVINさんも言う、歌心があるドラムがたたけるようにしていきたいなと思います」

「これだけアルバムの曲が増えて、曲は音源聴いてるだけでも、俺たちがただ演奏しているだけでも、育ってはいかないので、ライブでみんなで育てていきたいですね」

一聖「前回よりも生きててよかったってって思える1日にしたいと思うので、わかりやすく“共生”っていう形になれたらいいなと思います」

BugLug リリース情報

完全生産限定豪華盤

初回生産限定盤

通常盤

KAI・TAI・SHIN・SHO

2018年5月1日発売

完全生産限定豪華盤 RSCD-280~282(CD+2DVD) ¥8,000(税抜)

初回生産限定盤 RSCD-283~284(2CD) ¥3,700(税抜)

通常盤 RSCD-285(CD) ¥3,000(税抜)

【完全生産限定豪華盤】 [CD] 01.Die s Kill 02.アリゲイターJr. 03.ASHURA 04.言刃 05.Heroin 06.SINGULARITY 07.(●Θ●) 08.[Boy]Adolescence[Girl] 09.SHISHIMAI 10.S×N×O 11.神隠し 12.新人生 (Re-Recording Ver.) 13.解体心書 14.ASOVISM [DVD] (DISC-1) Die s Kill -Music Clip- Die s Kill -メイキングオフショット- KAI•TAI•SHIN•SHO -レコーディングオフショット- (DISC-2) 2018.2.24 高田馬場AREA 01. WGMM 02. SHOW 2 GLOW 03. THE DEAD MAN’S WALKING 04. KAIBUTSU 05. 三月十日 (Acoustic Ver.) 06. 人造カオス

【初回生産限定盤】 [CD] (DISC-1) 01.Die s Kill 02.アリゲイターJr. 03.ASHURA 04.言刃 05.Heroin 06.SINGULARITY 07.(●Θ●) 08.[Boy]Adolescence[Girl] 09.SHISHIMAI 10.S×N×O 11.神隠し 12.新人生 (Re-Recording Ver.) 13.解体心書 (DISC-2) 01.JUGEMU (2018.2.24 高田馬場AREA) 02.マイ・プラネット (2018.2.24 高田馬場AREA) 03.Y×Y×M×E (2018.2.24 高田馬場AREA) 04.[AB]Cosmic (Re-Recording Ver.)

【通常盤】 [CD] 01.Die s Kill 02.アリゲイターJr. 03.ASHURA 04.言刃 05.Heroin 06.SINGULARITY 07.(●Θ●) 08.[Boy]Adolescence[Girl] 09.SHISHIMAI 10.S×N×O 11.神隠し 12.新人生 (Re-Recording Ver.) 13.解体心書 14.ASOVISM

BugLug TOUR 2018 「ANIMANIA」

4/20(金)TSUTAYA O-WEST ※ASOVIP限定

5/3(木祝)新潟 GOLDENPIGS BLACK STAGE

5/5(土)仙台 MACANA

5/7(月)札幌 BESSIEHALL

5/19(土)名古屋 ell.FITSALL

5/20(日)大阪 MUSE

5/25(金)岡山 CRAZYMAMA 2nd Room

5/27(日)福岡 DRUM Be-1

6/2(土)新宿 BLAZE

6/9(土) 高松 DIME

6/15(金)浦和 Narciss

6/17(日)千葉 LOOK

6/23(土)京都 GROWLY

6/24(日)岐阜柳ヶ瀬 Ants

6/30(土)長野 LIVEHOUSE J

 

開場 / 開演

[平日公演] 18:00 / 開演 18:30

[土日祝公演] 16:30 / 開演 17:00

チケット 前売¥4,800 / 当日¥5,800 (税込・ドリンク代別)

【一般発売】4/14(土)

BugLug主催フェス

8月9日(木) 新木場STUDIO COAST

BugLugワンマンライブ「KAI・TAI・SHIN・SHO」

9月1日(土) 日比谷野外大音楽堂

開場17:00 / 開演 18:00

チケット 前売\,5000 / 当日¥6,000

 

【特別先行予約受付】(一般の方も申し込み可)

受付期間:4月20日(金) 〜 5月20日(日) 23:55

お申込みURL:http://l-tike.com/buglug0901/

【一般発売】6/30(土)

【ライブに関する総合問い合わせ】

NEXTROAD 03-5114-7444(平日12:00~18:00)

BugLug オフィシャルサイト

『KAI・TAI・SHIN・SHO』特設ページ

『KAI・TAI・SHIN・SHO』特設サイト

BugLug オフィシャルサイト


フォトギャラリー


「BugLug」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS