J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

乙女新党、ワンマンライブで新旧アイドルコラボ!! 初コントも披露!

2015年7月7日(火) 13:55配信

乙女新党が、第二幕に突入してちょうど1年となった7月5日に赤坂BLITZでワンマンライブを行った。

ステージに立ったメンバーたちが、「こんなに沢山の人が来てくれて本当に嬉しいです!」(優里花)、「ペンライトがいっぱいあって、すごく綺麗!」(あやめ)と口々に感謝の言葉を放ち続けた今ライブは、『ビバ!乙女の大冒険っ!!』からスタート。6人体制初ワンマンとはガラリと印象の違うパフォーマンスを披露した。

「今日の日のためにみんなで頑張って来た」というメンバーの表情からもダンスからも、もちろん歌声からも、彼女たちが練習を重ね、数々のイベントやステージを踏んできた経験の中で手にした自信が滲むように感じられる。

6人のフォーメーションでダイナミックに魅せながら聴かせる第一幕の楽曲はもちろん、それぞれの魅力が詰まった第二幕の楽曲も、さらにはあやめと優里花が歌い、まりに真優、有沙に愛里の4人が可愛らしいコーラスとダンスでサポートする『凸凹解決せんせーしょん』でも、そのパワーアップの様子が伝わるキュートさ、そしてダイナミックさで会場を熱く湧かせていく。

序盤から盛り上げた後には、6人では初めてのコントも披露。6者6様の個性を出して、オーディエンスを笑顔にした彼女たちは、「あなたが大好きだよ」と伝えて『とりことりことりこ』を歌い上げる。恋しちゃうドキドキ感と同時に襲う不安感とを時にツン、時にデレ、という絶妙なスパイスでミックスしたこの曲で会場一体の盛り上がりに。

そんなアッパ-チューンに続いてしっとり聴かせた『サクラカウントダウン』の後は、TBSのお膝元である赤坂BLITZにあの「ザ・ベストテン」復活!?のコント付でのカバーコーナー。キャンディーズの『暑中お見舞い申し上げます』ではあやめ、まり、優里花が絶妙かつ華やかなハーモニーを聴かせ、愛里と真優はピンクレディーの『渚のシンドバッド』でこれまでに見せたことのない大人な表情で楽しませ、最後に有沙が松田聖子の名曲『夏の扉』を爽やかに可愛らしく届ける、という新鮮な歌声に、会場のテンションもアガっていく。「すごく練習した」という彼女たち。その成果を存分に発揮してのカバーは、新旧アイドルコラボとなった。

メンバー緊張のカバーコーナーを終えれば、ここからライブは後半戦へ突入。これからの季節にぴったりな『キミとピーカン☆NATSU宣言っ!!!』へ。今回のワンマンライブのタイトルにもなっているサンバのリズムが印象的なこの曲で、アイドルとしてのパワーを見せつけるかのように笑顔いっぱい元気いっぱいに聴かせると、同じく笑顔いっぱい元気いっぱいに踊って歌うオーディエンスの熱が相俟って、会場を常夏の空気にするほどに揺らしていく。

そのまま6人体制でパワーアップした楽曲が続き、歌声だけでなくコミカルな表情やパフォーマンスで全身全霊での表現をするメンバーに会場の視線は釘づけ。一斉にあがる腕がステージのメンバーたちの力をより大きくし、ライブは大きな盛り上がりの波を生んでいった。そんな楽しい時間はあっという間。本編最後の曲へとライブは進んでいく。

1年前の7月5日。4人の乙女新党から、6人へと新体制となった日。あれから1年。不安な顔をしながらも、前へ向かっていこうと強い決意を持って進んできた時間。ぶつかりもしたし、悩んだりもしてきた彼女たちは、確実に自分たちの足で歩んできたのだ、と感じさせたのは本編ラストの『新・乙女新党のうた』だった。6人の個性がキラキラと輝き、1人として同じ色がないからこその魅力を放つこの曲。党員の声援も加わって、力強く響くこの曲は、今日という日に彼女たちが刻む、未来へ向けての全力宣言だ。

アンコールでは、初の東名阪ワンマンライブツアーの開催が発表になると言うサプライズも。また1年後の7月5日。どれほど大きく進化するのだろうか、と楽しみになる、期待したくなる、そんなライブだった。

●セットリスト
M1 ビバ!乙女の大冒険っ!!
M2 ボクだけの世界
M3 凸凹解決せんせーしょん
M4 とりことりことりこ
M5 乙女の365日
M6 サクラカウントダウン
M7 暑中お見舞い申し上げます
M8 渚のシンドバッド
M9 夏の扉
M10 キミとピーカン☆NATSU宣言っ!!!
M11 もうそう★こうかんにっき
M12 2学期デビュー大作戦!!
M13 ときめき☆パラドックス
M14 新・乙女新党のうた
EC1 わんだほーにゃんだほー
EC2 お受験ロッケンロール

乙女新党 イベント情報

乙女新党定期公演「ガムシャラ党大会Vol.2」
7月11日(土)AKIBAカルチャーズ劇場

iCON DOLL LOUNGE
7月12日(日)ラフォーレミュージアム原宿 *初回記念女性入場無料

BOUQUET presents IDOL ROCKS!
7月18日(土)大阪・心斎橋SUNHALL

「アイドル甲子園 in 名古屋」supported by 生メール
7月25日(土)名古屋M.I.D

「アイドル甲子園 in Zepp NAGOYA」supported by 生メール
7月26日(日)Zepp NAGOYA

TOKYO IDOL FESTIVAL 2015
8月1日(土)2日(日)お台場・青海エリア

@JAM EXPO 2015
8月29日(土)横浜アリーナ

「@JAM EXPO×アイドル甲子園」supported by 生メール
8月30日(日)Zepp DiverCity TOKYO

乙女新党 ニコ生レギュラー番組情報

乙女新党ふわふわサミット
生配信日:毎月第4日曜日
出演:乙女新党 MC:金成公信(ギンナナ)
次回放送: 7月26日(日)17:30~18:30
会場:AKIBAカルチャーズ劇場

乙女新党 オフィシャルサイト


このタグがついた記事をもっと見る

第二幕~GROWING UP~

第二幕~GROWING UP~

出演者 乙女新党 
概要 ポジティヴな“2軍”やや中学生アイドル・ユニット、乙女新党が6人体制として行なった1st&2ndライヴを映像化。2014年12月の渋谷TSUTAYA O-EAST、2015年7月の赤坂BLITZでの渾身のパフォーマンスを収めている。

 作品詳細・レビューを見る 

キミとピーカン☆NATSU宣言っ!!!

キミとピーカン☆NATSU宣言っ!!!

演奏者 乙女新党 
乙女新党 
作詞 NOBE 
作曲 成本智美 
概要 日本テレビ系「徳井と後藤と麗しのSHELLYが今夜くらべてみました」5月エンディング・テーマ

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. ダウト バンドの“次”につながる新曲「閃光花火」 リリース!【撮りおろし&インタビュー】

    4位

  5. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS