J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

エレクトリックリボン インタビュー、新体制となって初のシングルリリース!

2015年8月8日(土) 16:44配信

エレクトロポップユニット・エレクトリックリボン。“エリボン”の愛称で親しまれている彼女たちは、メンバーでありコンポーザーとしても活躍するasCaが生み出すポップでキュートな楽曲が耳の肥えた音楽リスナーからも高い支持を得ている。今年2月に3人のメンバーを加え、新体制となって初のシングルリリースも控える5人に現在の心境や、新曲『無敵ガール』について、さらに9月に開催される「ツタプレ meets IDOL ~Tカードで全員入場だよ~ presented by ツタプレ」についても聞いてきました!(インタビュー&文:加藤蛍 撮影:西槇太一)

エレクトリックリボン

エレクトリックリボン

ー本日はよろしくお願い致します。はじめてエレクトリックリボンを知る方のために、自己紹介をしていただきつつ、エリボンのライヴや楽曲についてうかがっていきたいと思います。

asCa「エレクトリックリボン、リーダーのasCaです。すべての楽曲の作詞、作曲、打ち込みを担当しています」

erica「グループを引っ張るタイプのリーダーというよりは、一緒にワイワイしてくれるようなリーダーです!」

chiaki「いつも笑顔で、練習やレッスンをしている中で、上手くいかないとシュンとした空気になりがちなんですけど、場を明るくしてくれるというか…」

pippi「あとは、良い意味でおっとりさんです。ライブでもあおりが上手です」

asCa「なんか、みんながうれしいこと言ってくれるー!」

ーまさに、愛されリーダーですね! asCaさんはメンバーでありながら、エレクトリックリボン(以下、エリボン)の生みの親でもあって。今日もお洋服のあちこちにリボンが付いていますね!

asCa「リボン好きなんです♡ グループ名に関しては、リボン好きっていうのもあるんですけど、もともとは私がソロでアーティスト活動を始めた頃につけた名前なんです。当時は自分の名前が好きではなく、“エリボン”って愛称で呼ばれたいなって思っていて。そのためには、どういう名前をつけたら良いんだろうっていう発想から付けました」

ーそうだったんですね! では、もうひとりのASUKAさんこと、pippiさん。

pippi「ASUKAと書いてpippiです。私は、そこにいるだけで空気が和むような、pippiを見た方が、あのグループなんかカワイイ子がいるなって思ってもらえたらいいなって♡ そんな立ち位置です」

ーpippiさんは、今年の2月に加入したメンバーなんですよね。

pippi「はい、3人で入った内のひとりです。私はもともとエリボンの楽曲が大好きで聴いていたんですよ。だから、そんな大好きなユニットに自分が加入して、メンバーとして活動していることが、いまでもたまに信じられなくて。約半年経ったいまでも、正直あまり実感がないです」

erica「そんな風には全然見えないけど(笑)」

pippi「メンバー同士で写メを撮り合ったりするときも、オリメンに頼むのはちょっと恥ずかしくて。というか、『果たして私の携帯で撮って良いのか?』『ツーショットチェキの代金払わなくて良いのか?』みたいな、ファン側の気持ちになってしまうという(笑)。最初は、メンバーのことをアイドルのエリボンさんだー!みたいな、キラキラした憧れの目で見ていましたけど、最近はみんなも私と同じ人間なんだなって思えるようになって。普通におしゃべりできるようになってきました」

ー普段からこんな風にかわいらしい方なんですか?

natsuki「このままです。でもじつは一番真面目だし、現実的な考えの持ち主で」

asCa「いつもはヒャッハー!って感じのテンションなんですけど(笑)、シリアスな場面でするっと出てくる意見がすごく的を得ていたりすることがあって。そういう面も持っているところが、かっこいいし、頼れる存在ですね。アイドル歴がメンバーの中で一番長いんですよ」

pippi「もう10年になります。私、グラビア出身でメジャーな雑誌に取り上げていただいたこともあるんですよ」

エリボンが生活の一部になってきました

ーバラエティ豊かなメンバーが集まっているのがよくわかります。では、お次の方。

erica「ericaです。主に、ライブ中にお酒を飲んでいます。そして、エリボンのメインヴォーカルを担当しています。昼間はOLとして勤務していて、会社帰りや週末にエリボンとして活動をしています」

ーということは、髪に緑メッシュが入っていたり、アイドル活動をしていたりというのも会社から認められているんですね。

erica「すごく理解のある会社なので、髪が緑でも大丈夫なんです。勤務中も“THE・OLさん”みたいな格好もしていませんし」

pippi「見たことないかも〜! スタイルが良いので、いつも体のどこかを露出させてます」

asCa「音大の声楽科出身ということもあり、歌に関しては絶大な信頼を置いていますね。エリボンのヴォーカル部分での柱です」

ーではnatsukiさん、お願いします!

natsuki「私もヴォーカル担当です。どうしてもアイドルシーンに関わりたくて、コンセプトカフェでバイトをしたりしていたのですが、エリボンに加入したのをきっかけにアイドル界での金髪ショート流行に乗ろうと思って染めて(笑)。金髪ショート界隈に殴り込みにきました! 歌はずっと好きで、カフェ時代も店内のステージで歌ったり、ソロでライブハウスに出演したりもしていて」

ーで、今年の2月にエリボンの一員になったと。

natuski「はい。半年経って、やっとメンバーになった実感が出てきました。初めの頃はおぼつかない部分もありましたが、いまはもう、この5人でのバランスや空気感が出て来たのではないかな、と。エリボンが生活の一部になってきました」

erica「natsukiは、ザ・アイドルって感じです」

asCa「そうだね、それにとても芯の強い子です。アイドルになりたいっていう強い気持ちで加入してきたので、アイドルとしての信念や理想がきっちりあって、それに向かって努力している。私も、いつもパワーをもらっています」

ーまさに意識高い系アイドルですね。では、最後chiakiさんお願いします。

chiaki「私もヴォーカル担当で、主にお客さんにパンを配っています」

ー思わず耳を疑う発言が飛び出しましたが(笑)。パンを配っているとは…?

chiaki「パンが大好きなので、ライブ中にお客さんに配るんです」

asCa「本当にパンに詳しいんですよ。私はパンを食べるときはいつもchiakiに成分表示を見てもらってます。そうすると、これが入ってるからこれは良いパンだよ、とか教えてくれるんです」

chiaki「天然酵母のほうが絶対に美味しいです」

エリボンのパワフルなライヴ

エリボンを第三者目線で見て、曲を作ってしまう!?

ーchiakiさんも2月に加入した組ですが、どんな経緯で入ったのですか?

chiaki「私も昼間はOLとして働いているのですが、もともとアーティストを目指していて。で、たまたまエリボンの曲を聴いてみたらすごくかっこよくて」

ーたしかに、いわゆるアイドル楽曲とはまた違った魅力がありますよね。その楽曲を制作しているのがメンバーでもあるasCaさんというのがすごいです。

asCa「書きたいものを書いて、作りたい曲を作っているだけで。でも、どんなときでも、メンバーのことは頭に浮かびます。このメンバーにこんな曲を歌ってもらいたいな、とか、このパートはあの子の声が映えるなとか。それにお客さんとしてライブに行くのも大好きなので、エリボンを第三者目線で見て、こういうライブが見られたらうれしいなとか、そういう感じで作ってしまうんです。なので、深い思考でロジカルに作るっていうのは、私には向いてないのかも。メンバーもみんな音楽好きの子ばかりなのでいろいろ意見を聞いたりしています。」

natsuki「すごく詳しいという訳ではないけど、エレクトロは好きですね」

pippi「pippiはエレクトロよりもゴリゴリのロックが好きだったんですけど、ふと聴いたエリボンにはすごくはまってしまって。iPodに大好きなアカシックさんとエリボンだけを入れて、ひたすら聴いてました」

asCa「えー、そうだったの! 知らなかったけど、うれしい! 私も、エレクトロはもちろん好きなんですけど、もともとはロックバンド出身なので、エリボンの楽曲にもどこかにロック要素があるのかもしれないです」

無敵ガールをイメージした決めポーズ、ぜひみんなで一緒に!

9月30日開催の「ツタプレ meets IDOL ~Tカードで全員入場だよ~ presented by ツタプレ」では、ericaさんのお酒を飲む姿や、chiakiさんがパンを配るところも見られるかもしれないですね(笑)。

erica「10月13日に新曲『無敵ガール』をリリースするのですが、おそらくイベント当日も披露すると思います!」

asCa「私の曲ってハッピーなものが多いのですが、『無敵ガール』はマイナーコードを使用した、切ない中にも女性の持つ強さが出ているような楽曲です」

pippi「強気な女の子になった気持ちで歌っています」

natsuki「曲の中で何度も出てくる、無敵ガールをイメージした決めポーズがあるんです。簡単なので、会場に来られた方はぜひ一緒にやっていただけたらうれしいです」

chiaki「エリボンの曲は一緒に手を振ったり、客席と一体感のある盛り上りが特徴的で。難しい振りだと私たちもできないので(笑)、簡単にできるものばかりです!」

ーでは最後に、今後の目標をお聞かせください。

erica12月29日に渋谷WWWという、エリボン史上一番大きな箱でワンマンライブをやるのですが、会場を満員にするのが現時点での一番の目標。ぜひ、エリボンをまだ観たことがないという方にも来ていただきたいです!」

エレクトリックリボン 「ツタプレ meets IDOL」出演!Tチケット購入特典はこの取材時の生写真!

 

 

ツタプレ meets IDOL ~Tカードで全員入場だよ~開催概要 

開催日時:2015年9月30日(水) 17:00開場/18:00開演
出演:はっちゃけ隊fromPASSPO☆、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、エレクトリックリボン、おやすみホログラム、ぷちぱすぽ☆
会場:TSUTAYA O-WEST(東京都渋谷区道玄坂2-14-8 2F)
料金:スタンディング:3,500円(税込/1ドリンク代別)
チケット販売期間:7月31日(金)17:00からTチケットにて先行受付(抽選)開始(http://meetsidol.tticket.jp/

Tチケット購入特典(前売りのみ)

・Tチケットでご購入の上、Tカードで入場された方全員にTポイント5ポイントプレゼント!
生写真(はっちゃけ隊fromPASSPO☆、ゆるめるモ!、エレクトリックリボン、おやすみホログラム、ぷちぱすぽ☆)
・DVD(BELLRING少女ハート)
※各グループごとに特典が異なります。入場時にお好きなグループの特典をお渡しいたします。生写真は各グループごとに複数種類ございますが、ランダムでのお渡しとなりますので、予めご了承ください。
※特典は入場者先着順でのお渡しとなり、なくなり次第終了となります。

公式HP:http://tsutaya.jp/tmi/
主催/企画/制作:株式会社カルチュア・エンタテインメント、株式会社TSUTAYA、
協力:株式会社シブヤテレビジョン、株式会社ウェーブマスター

ツタプレ meets IDOL オフィシャルサイト

エレクトリックリボンワンマンライブ「エレクトリックパーティー」~初ワンマンは渋谷WWW!!~のチケット情報はコチラ!

TSUTAYAの音楽好きによる音楽まとめサイト
ジャンル、シチュエーションに問わないプレイリストを掲載!! 音楽を次々に流すプレイリスト形式でつなぎ移動中にも作業用にもピッタリ♪
他のオススメはコチラ。

エレクトリックリボン オフィシャルサイト


「エレクトリックリボン」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

無敵ガール

無敵ガール

演奏者 エレクトリックリボン 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS