J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

「私たちけして怖い人たちじゃないです!」異色アイドルおやすみホログラムが語る真実!

2015年8月18日(火) 12:00配信

おやすみホログラム

おやすみホログラム

2014年5月に始動したアイドルユニット・おやすみホログラム、通称おやホロ。ハシダカズマ(箱庭の室内楽)やHave a Nice Day!とのコラボなど、アイドルというジャンルを超越した活動で注目が集まっている。キバのような八重歯&燃える赤髪がキュートなかなみると、八月生まれの夏の申し子・八月ちゃんにご登場いただき、それぞれのキャラクターについて、9月30日開催されるイベント「ツタプレ meets IDOL」についてお話を伺いました。(インタビュー&文:加藤蛍 撮影:フジイサワコ)

いつの間にか、今のおやホロになっていた

かなみる

かなみる

ー見た目は髪色も含めて正反対なかなみるさんと八月ちゃんですが、好きなものも違っていたりするんですか?

かなみる「私はゲームかなあ。あとはずっとピアノをやっていたこともあり、クラシックはわりと好きで。吹奏楽部で太鼓をやっていたので、ドラムも叩けます」

八月ちゃん「八月ちゃんは、絵を描くことが好きで先日は個展もやらせていただきました。そのときのブームで好きなものが変わるけど、いまはアイスにハマっていて。特に赤城乳業さんのアイスが好きで、いつか工場見学に行きたいと思っているんです。ガリガリ君の形をしたベンチがあるらしく、いつかそれに座りたい! あとは、亀のシー太郎」

かなみる「え、シー太郎はブームなの?」

八月ちゃん「ブームも兼ねた、相棒だよ。いつも一緒にいるのですが、こないだバイト先でバッグから外して散歩させていたら、うっかりそのまま帰ってきちゃって。いまごろ自由を満喫していると思うけど、早く捕獲しにいかないと」

ーそもそもおふたりは、どうしておやすみホログラムのメンバーになったのでしょうか。

かなみる「小さい頃からピアノをずっとやっていて。2歳から高校卒業するまでかな? 音楽を仕事にしたいと思っていたのですが、それも叶わずに終わってしまっていて。でも、やっぱり音楽が好きで、夢を諦められない気持ちを抱えて過ごしていたときに、偶然、メンバー募集の告知をみて、なんとなく応募してみたんです」

八月ちゃん「私は、おやホロに入る少し前に、“八月ちゃん”という名前で活動をし始めていて。ある日、現おやホロ運営さんから、『アイドルに興味があるなら、オーディションを受けてみませんか?』というメールをいただいたんです。突然だったので、かなり怪しんでいたんですけどね(笑)。当時はいまのおやホロとは少し形も違っていたし、特にこういうグループで、こういう楽曲をやっていきます、というような説明もなく、『次の◯曜日にライブあるけど、空いてる?』みたいな感じで、かなりユルかった〜」

かなみる「だったよね(笑)。だから私も、どうやって始まったんですか?って聞かれても、いつのまにか、とか、気づいたら、とかいう風にしか説明できなくて(笑)。続けていく内に、じょじょにいまの形になっていった感じです」

アイドルに目覚めたきっかけはでんぱ組.incさん!

八月ちゃん

八月ちゃん

ーもともとアイドルに興味はあったんですか?

八月ちゃん「私は年に一度CDを買うか、買わないかっていうくらい音楽には疎くて、最近の人たちのことを全然知らないんですよ。だから、アイドルに対する固定概念もほとんどなく。そんな真っさらな状態で、八月ちゃんの活動を始める少し前に、知人からでんぱ組.incさんを教えてもらったんです。こんなアイドルがいるんだーって衝撃を受けて、そこからアイドルに注目し始めて」

かなみる「私も、でんぱ組.incさんから受けた衝撃は大きかったですね。アイドルも聴いてはいたけど、すごくハマったことはなくて。でも、でんぱ組.incさんを見たときに、自分の思っていたアイドル像から考えると、異色な存在に映って、アイドルという存在に急激に興味が湧いてきたんです。想像していたようなアイドル像とは全然違う、ある意味なんでもありというか、いろんなことをやってのけちゃうグループがたくさんいるので、アイドルって面白いなーって」

ーたしかに、いま一番自由度が高いのは、アイドルシーンなのかもしれないですね。かなみるさんはクラシックで育ったから、余計そんな風に感じるのかも。

かなみる「おやホロに入ってから、対バンやイベントなどで、様々な音楽に触れる機会が増えていって、そのたびに自分の中での音楽というものの観念が広がって、変化していくのが楽しくて。クラシックという型の決まった音楽を聴いてきたから、規律のない、混沌とした音楽に触れたことで、価値観が180°変わりました」

おやホロは怖い人じゃないんです!笑って歌ってることの方が多いんです

ーそんな二人が出会って、おやホロというグループで活動をしているというのは、とても面白いですね。八月ちゃんから見たかなみるさんはどんな人ですか?

八月ちゃん「かなみるはライヴのときはすごい暴れん坊だけど(笑)、そこで解き放っている感じで、普段はわりとさみしがり。見ていて心配になっちゃうから、ついついお節介を焼きたくなっちゃうんですよ」

かなみる「お節介焼いてくれるんですよ〜! だから、お姉ちゃんみたいで。優しいし、Twitterの使い方とか、たくさんのことを知っていて、私よりもずっとずっと現代社会に溶け込んでいて(笑)。いろんなことを教えてくれる、頼れる存在です。ライヴのときは、いつも安定してうまく歌をうたってくれるし」

八月ちゃん「そんなに褒めてくれるの?」

かなみる「いやいや、普段は言わないからさ」

ー良い関係すぎる! お話にも出ていましたが、かなみるさんはライヴでは暴れん坊なんですか?

かなみる「ライヴ中は高まっちゃって、ほぼ記憶がないみたいな状態になって、ダイヴしたりしているんですけど、それだけじゃないですからね!」

八月ちゃん「動画サイトで上がっている映像を見ると、おやホロのライヴは怖いんじゃないかって思われがちなんですけど…」

かなみる「あれだけ切り取られちゃうと、かなりヤバい感じに見えちゃうもんね。でも、決して怖い人じゃないんですよ〜」

八月ちゃん「うんうん。それに、来てみたら意外と怖くなかった、楽しかったって言ってもらえることが多いんですよ」

かなみる「私も、笑って歌ってることのほうが多いんですよ〜」

ライヴは怖くないです!!

お客さんたちの笑顔でハッピーになれる

ー9月30日開催の「ツタプレ meets IDOL ~Tカードで全員入場だよ~ presented by ツタプレ」では、おやホロさんを初めて観る方もいらっしゃると思いますが、そんなに構えなくても大丈夫ってことですね(笑)。

かなみる、八月ちゃん「もちろんです♡」

八月ちゃん「最初は恐る恐る、フロアの安全ゾーンで観ていた方が、通ってくれるうちにだんだんフロアの真ん中へ、最終的には最前列と行けるようになったよって報告してくれたときはすごくうれしくて」

かなみる「思わず前に来ちゃったとか、言ってもらえるとうれしいよね」

八月ちゃん「おやホロの楽曲はSoundcloudに上がっているので、そこから興味を持って来てくれる方もとても多くて。アイドルの現場にはじめて来たよ〜っていう声もよく聞きます」

ーライヴで良く披露する曲、鉄板の曲はありますか?

かなみる「私は『ドリフター』かな。おやホロって言ったらコレって感じがします。あとは『note』とか」

八月ちゃん「新しいアルバムに入る予定の『揺れた』も好きです。上下のハモりが交互にゆらゆらして、旋律が行ったり来たりするので歌うのはすっごい難しいんですけど、聴きごたえはあると思います!」

かなみる「待って、ここで言ったら今度のイベントで披露しなきゃいけなくなっちゃうんじゃない?」

—期待しております(笑)! ライヴのときに大事にしていることはありますか?

八月ちゃん「私、少し前に喉を傷めちゃったことがあって、ライヴに出ても声を出せなかった時期があったんですよ。それまでは私も煽ったり、ダイブしたりしていたけど、その経験があったことで、歌に対する考えが変わって。そういう部分はかなみるに任せて、私は表情や歌声でいかに表現するかっていう方向に意識が変わりました」

かなみる「私は、ライヴ中にワーッてなっちゃうことが多くて、自分のことだけに集中しすぎてお客さんの顔を見る余裕がなかったんです。でも、最近少し余裕が出てきて、顔を見られるようになってきたんです。ふと顔を上げると、お客さんたち、汗でグチャグチャで水びたしになっていたりするのに(笑)、すっごい笑顔なんですよ。それを見ると、うーわーってグッと来て、心の底からハッピーになれる。あの光景が見たいなっていつも思ってます」

ー最後に、おやホロさんの野望を教えてください!

八月ちゃん「来年の話になっちゃいますけど、でっかい夏フェスに出たいです。サマソニとか、フジロックとか、誰もが知っているようなビッグフェスに。あとは、学園祭も出たいのでぜひ誘ってください」

かなみる「怖くないので! 学校の設備を壊したりしないので、ぜひ呼んでください!」

—(笑)。ありがとうございました!

ツタプレ meets IDOL 開催概要

 

 

ツタプレ meets IDOL ~Tカードで全員入場だよ~

開催日時:2015年9月30日(水) 17:00開場/18:00開演
出演:はっちゃけ隊fromPASSPO☆、BELLRING少女ハート、ゆるめるモ!、エレクトリックリボン、おやすみホログラム、ぷちぱすぽ☆
会場:TSUTAYA O-WEST(東京都渋谷区道玄坂2-14-8 2F)
料金:スタンディング:3,500円(税込/1ドリンク代別)
チケット販売期間:8月18日(火)19:00からTチケットにて一般発売開始(http://tsutaya.jp/tmi/

Tチケット購入特典(前売りのみ)

・Tチケットでご購入の上、Tカードで入場された方全員にTポイント5ポイントプレゼント!
・生写真(はっちゃけ隊fromPASSPO☆、ゆるめるモ!、エレクトリックリボン、おやすみホログラム、ぷちぱすぽ☆)
・DVD(BELLRING少女ハート)
※各グループごとに特典が異なります。入場時にお好きなグループの特典をお渡しいたします。生写真は各グループごとに複数種類ございますが、ランダムでのお渡しとなりますので、予めご了承ください。おやすみホログラムのTチケット購入特典は、この取材時の生写真となります。

※特典は入場者先着順でのお渡しとなり、なくなり次第終了となります。

公式HP:http://tsutaya.jp/tmi/
主催/企画/制作:株式会社カルチュア・エンタテインメント、株式会社TSUTAYA、
協力:株式会社シブヤテレビジョン、株式会社ウェーブマスター

ツタプレ meets IDOL オフィシャルサイト

おやすみホログラム オフィシャルサイト

TSUTAYAの音楽好きによる音楽まとめサイト
ジャンル、シチュエーションに問わないプレイリストを掲載!! 音楽を次々に流すプレイリスト形式でつなぎ移動中にも作業用にもピッタリ♪
他のオススメはコチラ。


「おやすみホログラム」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. ワンオク TAKAのイケメンすぎる交友関係まとめ! 三代目JSB・岩田剛典、佐藤健、綾野剛etc.

    4位

  5. 天木じゅん、セカンド写真集で“全裸”も 史上「最大の露出」

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS