J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

現在のガールズラップシーンを凝縮!イベント『G.I.R.L.S RAP showcase』ライブレポート

2015年10月16日(金) 20:12配信

現在のガールズラップシーンを凝縮したコンピレーションアルバム『G.I.R.L.S RAP』が、9月16日にリリース。本作に収録されているグループが出演するショーケースイベント『G.I.R.L.S RAP showcase』が、10月14日(水)に、東京・TSUTAYA O-nestで開催された。

双子ならではの歌とダンスで魅了!MIKA☆RIKA

まず、1番手に登場したのはMIKA☆RIKA。一卵性の双子で容姿はそっくり。緑の衣装がMIKA、黄色の衣装がRIKAだ。

2人は「MIKA☆RIKA QUEST」で、軽快にファンキーにライブをスタートする。

そして、観客の手を挙げるように促し、そのまま“パパパパジャマパーティ”と歌いながら「自宅待機 ~仕事したくないよ~」を披露。続けざまにビートの強い「南国しゅか〜」、ダフト・パンクのカバー「Get Lucky」を歌唱しフロアをアゲていく。ナチュラルに揃った双子ならではの歌とダンスはかなり独特。
「FUNKY OL ~仕事したくないよ~」では、“仕事したくないよ”のフレーズに、観客が“ないよ!”と応える。ジェームス・ブラウン風のファンクからポップなサビに展開する「下っ端」で楽しいムードを作り、そこはかとない前向き感のある歌詞と切ないメロディがグッとくる「ホシノフルマチ」を披露しライブを終えた。

オーディエンスと一緒に楽しむステージ!Y.I.M

続いては、オミールとあすちゃんのY.I.Mが、OL感溢れる「長期休暇」でユルりとラップしていく。

南国ムードたっぷりトロピカルな「タイランド」を歌ったあとは、パーカッシブな「パンケーキ」を披露する。“次は乳がない歌を歌います”“(フロアの男性に向かって)胸、大きくないですか?”と観客をいじり笑いを誘いながら、貧乳の思いをドープなサウンドで歌う「classA」を歌唱。

DJブースのトラックを自分たちで流し、脱力モードのラップでありながら、観客をじわじわと自分たちのペースに巻き込み盛り上げていくY.I.Mのスタイルはかなりユニーク。オミールが“次は心に染みる曲をやります”、あすちゃんが“私とオミールさんのおばあさんが3日違いで死にました”と語り、2人で“イエ〜! さわげ〜!!”と声を上げ、Y.I.M流のおばあさんへ捧げたスローチューン「グランドマザー墓」を歌う。そのまま“青雲、それは〜”とCM曲を歌い出すと、会場中が大合唱となるというナゾの展開へと発展した。最後は、10月21日にリリースされる2ndミニアルバム『Conceptually』のリード曲「コーデ」で、洋服への欲望をラップしライブを終えた。

これがコウテカの底力! 校庭カメラガール


次は、校庭カメラガールが3人編成でステージに登場。

真っ暗な会場にブッといビートのEDMが響き渡り、照明がビカッと輝き「Wedge Sole Eskimo」から勢い全開。フロアは、一気にヒートアップした。ましゅり どますてぃが歌とラップをリードし、しゅがしゅ ららがキュートなボーカルを聴かせ、リーダーのもるも ももはDJとラップで観客をアゲまくる。

「Puppet Rapper」でファンキーなグルーヴを作ったかと思えば、新曲「TOKYO terror」は、バキバキのEDMチューン。ダイナミックなサウンドにフロアは沸きまくる。そして、メロウな「Where the Wild Things」を聴かせたあとは、もるも ももが“これがラストの曲になりますから、ぶちアガりましょう”と語り、トランシーな「Swallow Maze Paraguay」を披露。スピード感たっぷりのラップがかなりスリリング。様々なカラーの楽曲で魅せていく、コウテカの強さを見せるパフォーマンスだった。

イベントのトリを飾ったlyrical school

そして、トリを飾るのはlyrical school。イベント前日、hinaが12月にグループを卒業という驚きの発表があったばかり。だがリリスクは、いつもと変わらぬご機嫌なテンションで「S.T.A.G.E」から飛ばしていく。続けて「I.D.O.L.R.A.P」をたたみ込み、観客の盛り上がりもグングン上昇。

MCでは、ayakaがhinaの卒業について触れ、“hinaが12月でlyrical schoolを卒業します。残り2ヶ月間、今のこの6人で精いっぱいラップアイドルとしてがんばっていきたいと思っています”と今の思いを語ると、会場は大きな拍手に包まれた。続けてmeiは、“私たちは5年前からラップアイドルとして活動してきて、今まで女性ラップの方たちだけでのイベントはやったことがなかったんです。今回『G.I.R.L.S RAP showcase』というイベントができてほんとにうれしいです”と、今回のイベントの開催の喜びを口にした。

ライブは、「ワンダーグラウンド」「プチャヘンザ!」「FRESH!!!」とキラーチューンを続々と披露。そして、ラストは切なさとエモさを合わせ持つ「photograph」を歌唱した。

観客のアツいアンコールに応えて、リリスクは、アルバム『G.I.R.L.S RAP』にも収録されている「brand new day」をパワフルにパフォーマンスし、アツくイベントを締めくくった。

まさに『G.I.R.L.S RAP showcase』は、様々なスタイルが混在するガールズラップシーンの現在をライブで体感できるイベントだった。今後、このシーンがどのように広がりを見せていくのか期待したい。(文:土屋恵介  撮影:鈴木恵)


「G.I.R.L.S RAP showcase」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

G.I.R.L.S RAP

G.I.R.L.S RAP

演奏者 オムニバス 
概要 女性ラッパーの曲のみを集めたコンピレーション。ライムベリーや校庭カメラガール、lyrical school、うどん兄弟のようなアイドルから、HAZY、NOPPAL、COPPUのような本格派、THIS IS NATS、Y.I.Mのような脱力系までカヴァー。シーンの広さと深さを実感できるセレクションが嬉しい。★ JAN:4562350490185

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 【ネタバレ】名探偵コナン、黒の組織黒幕“あの方”の正体が判明!長期休載も発表!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS