J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

ピンク・フロイド『永遠(TOWA)』全世界16カ国初登場1位!日本独占インタビュー第2弾

2014年11月23日(日) 13:00配信

photo by Mayumi Nashida

photo by Mayumi Nashida

ピンク・フロイド20年振り通算15作目となる新作であり、50年のバンドの歴史に別れを告げるラスト・アルバムとなる『永遠(TOWA)』が、19年振りの全英初登場1位を含む、全世界16カ国のアルバム・チャートで初登場1位を獲得した(イギリス、ドイツ、フランス、カナダ、オランダ、ベルギー、ポルトガル、ハンガリー、オーストリア、スイス、デンマーク、ノルウェー、アイルランド、ニュージーランド、クロアチア、スロベニア)。

またアメリカで2位、イタリア2位、オーストラリア3位、フィンランド4位ということで現在20カ国で初登場でトップ5入りを果たしている。日本でもオリコンデイリー洋楽アルバム初登場2位を記録。21ヵ国目のTOP5入りが期待される。

そして、現在のピンク・フロイド唯一の創設メンバーであるニック・メイソンのNYで行なわれた日本独占インタビュー第2弾が公開され、ラスト・アルバムの理由、リック・ライトへの想いなどを真摯に語ってくれた。

◆ピンク・フロイド日本独占インタビュー第2弾 

以下インタビューより抜粋すると、なぜラスト・アルバムなのか?という問いには

「2つ理由がある。1つは デヴィッドがピンク・フロイドとしての活動はやり尽くしたと思ってること。彼はピンク・フロイドの大掛かりなショーなどより規模の小さい活動をしたいんだ。ギター演奏や創作活動に専念したいんだろうね。もう1つの大きな理由はリックが亡くなったことだ。彼の存在はとても大きいので正直なところリックなしでは本来のピンク・フロイドを表現できない」

何をもって“ピンク・フロイドのアルバム”と定義されるのか?という問いには

「重要なのは僕たち3人が携わっていることだ。3人が一緒に演奏しているという感触がこのアルバムに懐かしい雰囲気を与えている。デジタルになってからは完璧なサウンドを作るために録音は別々に行いオーバー・ダブするという手法が使われる。だが 一緒に演奏すれば互いに影響し合いマジックが生まれる。今回それを再発見できた」

と答えている。メッセージビデオはパート3まで存在し、日本のファンへのメッセージと日本の思い出を語ったパート1は先日公開。パート3も近日中に公開予定だ。


「洋楽」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

永遠(TOWA)

永遠(TOWA)

演奏者 ピンク・フロイド 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 映画『ジオストーム』からブルゾンちえみの吹き替え映像&日本語吹替え版予告が解禁!

    2位

  3. ワンオク TAKAのイケメンすぎる交友関係まとめ! 三代目JSB・岩田剛典、佐藤健、綾野剛etc.

    3位

  4. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS