J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

ワン・ダイレクション、デビュー5年目で魅せた圧巻のライブパフォーマンス!!

2015年3月3日(火) 18:55配信

世界中を席巻している史上最強のグループ、ワン・ダイレクションが現在行っているワールド・ツアー「ON THE ROAD AGAIN TOUR 2015」。2月24日から3月2日まで京セラドーム大阪・さいたまスーパーアリーナで開催された特大ジャパン・ツアーでは、全6公演で計20万人を動員し、大成功を収めた。そんなジャパン・ツアーの東京公演初日、さいたまスーパーアリーナでのライブの模様をリポートする。


  • Photo by Kazuki Watanabe

  • Photo by Kazuki Watanabe

  • Photo by Kazuki Watanabe

  • Photo by Kazuki Watanabe

  • Photo by Kazuki Watanabe

  • Photo by Kazuki Watanabe

  • Photo by Yoshika Horita

  • Photo by Yoshika Horita

  • Photo by Yoshika Horita

  • Photo by Yoshika Horita

  • Photo by Yoshika Horita

まず、ワン・ダイレクションのライブが始まる前に会場をあたためたのは、同じ事務所の後輩の豪ポップ・ロックバンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー(5SOS)。今回の日本公演のサポートアクトを務めている彼らは、約30分間にわたり代表曲「Don't Stop」などを披露した。

ステージ周りのアリーナVIP席から5階のステージサイド席まで満席の会場が今か今かとワン・ダイレクションの登場を待ち望んでいると、ステージ上の巨大なスクリーンにルイ・トムリンソン、ゼイン・マリク、ナイル・ホーラン、ハリー・スタイルズ、リアム・ペインの映像が流され、ついにメンバーが登場。場内は割れんばかりの黄色い大歓声に包まれた。

ギターを弾きながら登場したナイル、アシンメトリーなヘアスタイルがスタイリッシュなゼイン、胸までオープンにしたストライプシャツがセクシーなハリー、白のTシャツに黒のパンツという爽やかなルックのルイとリアム。彼らのライブでは、写真・動画撮影可ということで、一段と大人っぽい雰囲気になったメンバーを撮影しようと、ファンたちは一斉にステージにスマホを向けていた。

1曲目は、全世界の売上が5,000万枚を突破した最新アルバム『フォー』から「Clouds」。続けて同アルバムの「Steal My Girl」も披露。『フォー』は、スタジアム・ライブを意識して作られたとあって、どの曲もメンバーがソロパートをダイナミックに歌い上げて会場を魅了した。

そして、前作『ミッドナイト・メモリーズ』の「Midnight Memories」と前々作『テイク・ミー・ホーム』の「Kiss You」のポップなナンバーが続くとファンは大盛り上がり。「Little Things」では、ナイルのアコースティックギターが響くなか、観客たちも大合唱して会場が一体化した。

ポップなステージ演出のなか、メンバーは花道でつながれたメインステージとセンターステージを横断しながら、絶えず投げキッスやピースを送っていた。ゼインは花道の手すりに腰掛け手を振り、ルイはバンドメンバーの紹介をし、リアムはライブ中に自分のiPhoneで客席の撮影も。

また、この日はハリーの日本語が炸裂。「コンニチハ、トーキョー! ボクタチハ、ワン・ダイレクション デス」からの「ゲンキデスカ?」「ミンナ、チョーカワイイ!」「ニッポンダイスキ×4」「シャシン、オネガイシマス」の日本語にファンは大興奮した。

終盤、デビューアルバム『アップ・オール・ナイト』の人気曲「One Thing」「What Makes You Beautiful」でますますヒートアップ。続いて、メロウなナンバー「Through The Dark」をファンの手拍子に包まれながらしっとりと歌い、最後はCM曲でもおなじみの「Story Of My Life」を熱唱すると、一旦ステージを降りた。

その後、すぐに会場の「1D」コールに応えて、リアムが赤いチェックのネルシャツに、ゼインが髪を結んで黒のTシャツにお色直ししてメンバーが再登場。アンコール1曲目は、2月25日(現地時間)に英・音楽授賞式「ブリット・アワード 2015」のブリティッシュ・アーティスト最優秀ビデオ賞を獲得した「You & I」。メンバーは皆、ファン一人ひとりの顔を見ながら歌い上げ、丁寧にコミュニケーションをとっているように感じた。

そして、ラストは「Best Song Ever」の大合唱で締めくくり、さいたまスーパーアリーナ公演初日は大熱狂のなか幕を閉じた。ライブの規模が拡大し、メンバーの経験値も高まり、5人それぞれの個性が発揮された結成5年目の集大成となる圧巻のライブだった。

なお、2月7日の豪・シドニー公演からスタートした本ツアーは、10月31日の英・シェフィールドまで全世界80公演が行われる予定だ。(文:國方麻紀)

ワン・ダイレクション ソニー・ミュージックオフィシャルサイト


「1D」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

フォー

フォー

演奏者 ワン・ダイレクション 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 山﨑賢人、思わず観客目線?「今日すごく…来てよかったなっていう…」―『羊と鋼の森』完成披露試写会

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露
  • インパクト大!“もも時計”のお姉さん・青山めぐが美脚&美ももを披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS