J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

再来日直前! ポップで愛らしいミンディ・グレッドヒル緊急インタビュー

2015年6月11日(木) 20:24配信

アメリカ・カリフォルニア出身の女性シンガーソングライター、ミンディ・グレッドヒル。日本でのデビュー作となった3rdアルバム『アンカー (Anchor)』は、洋楽のインディ・アーティストとしては異例の大ヒットを記録。4thアルバム『ウィンター・ムーン (Winter Moon)』の日本国内リリース時には初来日も果たした。5thアルバム『ポケットフル・オブ・ポエトリー』を経て、このたび約3年ぶりの再来日を果たす彼女に、アルバムのこと、日本のことetcたっぷりと聞いてみた。(インタビュー: DJ mahonon)

 

 

─ミンディさん、今回2回目の日本ツアーと言うことですが、前回来られた時の日本にどのような印象をもたれましたか?

初めて日本に行った時は、街中がとてもキレイで驚いたわ。道には全然ゴミが無くて、どの建物も手入れが行き届いていて。とにかく、日本の人たちは自分の国のことをとても気にかけていると感じたし、会う人みんなが礼儀正しくて、親切だったわ。

─ツアー中に行ってみたいところ(観光地・お店など)はありますか?…過密スケジュールでしょうけれども。

和紙のお店にはまた行ってみたいわ。あとはアンティーク・ショップ、それに渋谷のお店はどこも素敵だったし、ユニクロもね。

─ご家族に買って帰りたい日本のお土産とか、なにかありますか?

私の子ども達は、日本の飴が好きなの。それに、一番上の子は任天堂のゲームが大好き。特にセルダの伝説が好きなの(笑)。旦那さんには、日本製の素敵なシルクタイを買ってあげたいわ。

オーディエンスとの距離が近い親密なライヴになると思うわ

 

 

─今回のライヴツアー、日本のファンもとっても楽しみにしています。あんな曲やこんな曲をやってくれるといいな~、とか、どんな衣装かな?など私も個人的にワクワクしているのですが、どんな感じのライヴになりそうでしょうか?

以前のツアーのように、オーディエンスとの距離が近い親密なライヴになると思うわ(私もそう言う雰囲気が大好きなの)。私の鍵盤と歌、それにギタリストだけのシンプルな編成の。それに今回は、私の最新のアルバム『ポケットフル・オブ・ポエトリー』からの曲も演奏できると思うから、『アンカー』の楽曲と一緒に楽しんでもらえると思うわ。衣装はもちろんヴィンテージのドレスを着るつもりよ。

─日本の音楽は聴いたりされたことはありますか? もしあれば、どんな印象をおもちですか?

それって、日本の伝統的な音楽のことかしら?だとしたら、日本映画を観ている時によく耳にしているわ。とても美しいし、私にとってはとてもピースフルで瞑想的だわ。

─普段は、どんな音楽を好んで聴いていらっしゃいますか?

実はエレクトロニック・ミュージックが好きなの。例えば、ピュリティ・リング (Purity Ring)、Classixx、Lightsとかが好きなの。でももちろん、インディポップやロックも大好きよ。

─ミンディさんご自身が影響を受けたアーティスト、音楽があれば教えてください。歌手になったきっかけは誰ですか?

そうね、その時々で変わっていく感じだけど、最近はヴァンパイア・ウィークエンド (Vampire Weekend)がお気に入りね。でも、いつでも大好きなのは、女性メインのバンドで、カーディガンズ、サンデイズや、ビョークが大好きよ。

─アルバムジャケットやPVがミンディさんの音楽とぴったりで、とても素敵なのですが、ご自分でもディレクションされているのでしょうか?

ありがとう。ジャケットのデザインは私のアイデアよ。でも、それをありのまま実現してくれるグラフィック・デザイナーの力も大きいわね。

 

 

─instagramの写真がいつも愛に溢れていて、とても素敵なのですが、どなたが撮影されているのでしょうか?

本当にありがとう。大部分の写真は私が撮った物よ。でも、アーティストとしての写真は、一緒に活動している才能豊かな写真家が撮った物も多いわ。名前を挙げると、Jefra Starr Linn、Wendy Whitacre、Justin Hackworthとか。みんな本当に才能があるの。

─作曲するとき(曲が思い浮かぶとき)はどんなシチュエーションが多いのでしょうか?

アルバムを作っている最中は、集中して週に何日かは曲作りに時間を割いているの。インスピレーションなんていつ降りて来るか分からないから、時にはドライヴの最中とか、シャワーを浴びている時とか、モップがけしている時とか、色々ね。でも、アイデアが降りて来た時は、iPhoneに録音しておいて、あとからイメージを広げていくの。

─今後の活動予定はどのような感じなのでしょうか? 新しいアルバムを楽しみにしています!

実は今は、サイドプロジェクトとして、エレクトロニック・ポップをパートナーと作っているの。今年中にはリリースしたいわね。だけどもちろん、ミンディ・グレッドヒルのアルバムも作っているわ。これは来年にはリリースしたいわ。

待望の再来日公演決定!ミンディ・グレッドヒル  セカンド・ジャパン・ツアー “Pocketful of Poetry” tour, 2015  Tチケット販売中!

【祝・ミンディ・グレッドヒル来日!】素敵音楽レーベル:プロダクション・デシネ

TSUTAYAの音楽好きによる音楽まとめサイト
ジャンル、シチュエーションに問わないプレイリストを掲載!! 音楽を次々に流すプレイリスト形式でつなぎ移動中にも作業用にもピッタリ♪
他のオススメはコチラ。


「ミンディ・グレッドヒル」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ポケットフル・オブ・ポエトリー

ポケットフル・オブ・ポエトリー

演奏者 ミンディ・グレッドヒル 

 作品詳細・レビューを見る 

アンカー

アンカー

演奏者 ミンディ・グレッドヒル 

 作品詳細・レビューを見る 

ウィンター・ムーン

ウィンター・ムーン

演奏者 ミンディ・グレッドヒル 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    1位

  2. いい音だと、音楽をもっと楽しめる。TSUTAYAとソニー ウォークマン(R)とのコラボレーションコーナーを実施中!

    2位

  3. 【インタビュー】月9デリヘル嬢役・今田美桜 高橋一生が引き出した“福岡で一番かわいい女の子”の色っぽさ

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS