J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

ONE☆DRAFT、破壊力満点のニューアルバム『ダイナマイト』リリース

2014年10月20日(月) 02:29配信

LANCE(MC&VOCAL)、RYO(VOCAL)、DJ MAKKI(DJ)からなるユニットONE☆DRAFTが、ニューアルバム『ダイナマイト』を10月22日にリリースする。

ONE☆DRAFTといえば、アスリート出身のたくましい男たちが熱く歌い上げる友情と応援歌、そして純情一直線のラブソングの世界がすぐに思い浮かぶ。2007年のメジャーデビュー当初からその個性はずっと変わらないが、2013年のレーベル移籍後はサウンド的な進化もあり、より音楽的な説得力を増して現在に至る。1年3ヵ月ぶりの通算5作目『ダイナマイト』は、そんな彼らの得意技をぎゅっと詰め込んだ、破壊力満点の作品だ。

まず1曲目に登場するタイトル曲「ダイナマイト」からやる気満々。エレクトロ/ディスコ的なリズムにお祭りビートを掛け合わせたような、有無を言わせず腰が浮く強力なダンスチューン。LANCEのリリックは高校野球選手だった過去を振り返り、“いつもど真ん中、駆け引きなんてない”と宣言する剛速球メッセージだ。

その一方で、アルバム中盤に収められたアルバムのリード曲「一度きりの大声で」は、去ってしまった恋人に贈る切ない失恋ソング。と同時に弱い自分の心に喝を入れて前を向こうとする、こうした切ないけれど元気の出る失恋ソングを歌わせたらONE☆DRAFTはピカイチだ。そしてもうひとつのリード曲「Signal」は、アコースティックギターとピアノの物悲しいフレーズが心に残る曲調に乗せ、子どもの頃の無邪気な自分と大人になった今を重ねあわせる人生ソング。歌もメロディも切なさいっぱいだが、“こんな時代を追い越してやれ!”という力強い歌詞が登場するのがONE☆DRAFTらしいところ。9回裏まで追いつめられても決してあきらめない、3人の生き様が歌詞にそのまま入っているのがONE☆DRAFTの音楽の最大の魅力だ。

アップテンポが半数で、残り半数はメロディアスなミッドテンポなので、初めて聴く人にもなじみやすい。友情、恋愛、生き方という男の三大テーマを歌うLANCEの声は少年のようにピュアで、RYOの歌は包容力に富み、DJ MAKKIの堅実なプレーが2人を支える。あらゆる面でバランスのとれた、新たな代表作の誕生だ。(文:宮本英夫)(TSUTAYA「VA」10月20日号掲載)

◆リリース情報

ダイナマイト

10月22日発売

徳間ジャパン TKCA-74147 ¥2,857(税抜)

ONE☆DRAFT オフィシャルサイト


「ONE☆DRAFT」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 羽生結弦とCHEMISTRYが夢の氷上コラボレーション!

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS