J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

ファンキー加藤、ひとりでの初めての日本武道館ライヴ [2014.09.20 日本武道館]

2014年9月24日(水) 18:14配信

2013年の6月1日2日の東京ドーム公演にて解散ライブを行ったFUNKY MONKEY BABYS のリーダーであったファンキー加藤は、翌年の2月12日にソロデビューを果たし、そこからたった1人で歌うことを選んだ。

FUNKY MONKEY BABYSとして歌えなくなってしまうことを寂しく思ったのと同時に、このままみんなに忘れ去られてしまうんじゃないかという今までに味わったことのない恐怖感に苛まれ、自分が何をすべきなのか、何を歌っていっていいのかも見えなくなってしまったというファンキー加藤。

そして彼は、FUNKY MONKEY BABYSで歌ってきた曲を聴き返し、“俺がやりたかった音楽は全部FUNKY MONKEY BABYSでやってたんだ”と確信し、ありのまま歌い続けていくことを選んだのだ。

1人で立った日本武道館のステージ

そして。2014年9月19日と20日。

彼は日本武道館のステージに立ったのだ。

1人ぼっちで立った初のワンマンライブの1曲目に彼が選んでいたのは「リスタート」。

解散後、活動を再開するまでの心境を赤裸々に歌詞に落とし込んだこの曲は、ソロ1stアルバム『ONE』の1曲目も飾っているが、ファン思いの彼とあって、まずは真っ直ぐにここに至るまでの気持ちを、リスタートとなるこの場所で、親愛なるファンに直接歌って届けたかったのだろう。

彼がこの歌詞をどんな想いで綴り、この場所に戻りたいとどれほど強く願ったかを考えながら聴いたこのときの「リスタート」は、より深く心に突き刺さった。この曲の始まりに、涙していたファンも多かったことだろう。アルバムインタビューで、ここに至るまでの赤裸々な想いを聞かせてもらった筆者も、ここに集まったファンと同じく、そんな彼の真っ直ぐな想いに、自分でも驚くほど止めどなく涙が溢れてきた。

さらに。彼は2曲目に、早くも“やんちゃ心全開”の「Good Show」を持ってきていたのである。これも実に彼らしい選曲。 “オレは何も変わってないよ! ほらね! このとおり! 一緒に笑って騒ごうよ!” そんなファンキー加藤の声が聞こえてきたのは、私だけではなかったはず。オーディエンスは、そんな彼の歌(想い)をしっかりと受け止め、そのやんちゃ曲で手放しに盛り上がった。 最高のリスタートだ。そう思った。

次に届けられたのは、ナントFUNKY MONKEY BABYSのナンバー「ナツミ」。オーディエンスはどよめきにも似た喜びの声を上げた。きっと加藤自身、FUNKY MONKEY BABYSの曲を歌うのは少し怖かったかもしれない。しかし。彼はファンの気持ちを第一に考え、そして、何よりもはっきりと彼自身が確信した“一番届けたい、自分が一番やりたい音楽”であったことを、そして、そこがファンキー加藤の原点であることを、ここでしっかりと証明したかったのだろう。この日は、他にも「あとひとつ」「ちっぽけな勇気」などのFUNKY MONKEY BABYS曲も届けられた。

1つだけ約束します。ファンキー加藤は解散しません!

ライブはFUNKY MONKEY BABYSのときと何も変わらず、とにかく全力。格闘家を目指したこともあった彼故に、それはまるでリングの上で全身全霊で戦う格闘家のような全力投球具合であった。手加減という言葉を知らない、どんなときも一生懸命なファンキー加藤そのものを感じることの出来た時間だった。

本編ラストに届けたのは「My VOICE」。

離れてみて改めて知った、みんなへの愛しい想いを綴った手紙のようなこの曲を、ファンたちは真っ直ぐな瞳で受け止めていたのだった。

アンコールでは、昭和歌謡曲「紫陽花」を、これまた昭和テイストなPVとともに届けた。ナント、このPVでは、紫陽花色である薄紫色のスーツに身を包んだ加藤が主演を務めるという、これまでならばDJケミカルが担っていたであろう役を自らが演じ、オーディエンスを笑いの渦へと巻込んでいたのだった。そんなお楽しみをこっそり仕込んでいたのも彼の優しさ。

そこは、求めあう者同士が笑顔で向き合えた、あたたかい再会の場となった。

「またいっぱいライブしようね! いっぱい曲作るからさ。本当に今日はありがとう。1つだけ約束します。ファンキー加藤は解散しません!」(ファンキー加藤)

彼は大声でそう宣言し、この日のライブの幕を下ろしたのだった。

(文:武市尚子)



[セットリスト]1. リスタート 2. Good Show 3. ナツミ 4. 輝け 5. まわせ! 6. もっと勉強しておけばよかった 7. 愛の言葉 8. 終わらない未来 9. FLY 10. 希望の唄 11. 僕らの詩 12. 太陽 13. あとひとつ 14. CHANGE 15. ちっぽけな勇気 16. My VOICE < ENCORE >17. 太陽おどり ~新八王子音頭~ 18. 紫陽花 19. ヒーロー 20. 悲しみなんて笑い飛ばせ

ファンキー加藤 オフィシャルサイト


「FUNKY MONKEY BABYS」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

ONE

ONE

演奏者 ファンキー加藤 
ファンキー加藤 
作詞 ファンキー加藤  川村結花  平義隆 
作曲 ファンキー加藤  RUNNY  平義隆  川村結花 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ファンキー加藤

生年月日 1978年12月18日(39歳)
星座 いて座
出生地 東京都八王子市

ファンキー加藤の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    4位

  5. 今、話題の米津玄師を知る!聞いておくべきおすすめ6曲【徹底分析】

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露
  • インパクト大!“もも時計”のお姉さん・青山めぐが美脚&美ももを披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS