J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

氣志團万博2014 ~房総大パニック!超激突!!~ [9月13日(土)千葉県・袖ケ浦海浜公園]

2014年10月22日(水) 19:30配信


  • 氣志團

  • 森山直太郎

  • ニューロティカ

  • 私立恵比寿中学

  • 筋肉少女帯

  • 味噌汁'S

  • きゃりーぱみゅぱみゅ

  • ももいろクローバーZ

9月13~15日の3日間、千葉・袖ケ浦海浜公園にて開催された『氣志團万博2014 ~房総大パニック!超激突!!~』。“ありえないを形にする”をテーマに開催してきた、氣志團主催のロックフェス『氣志團万博』も今年で3年目。これまで多くの奇跡を起こしてきたこのフェスだが、「二度ある奇跡は三度ある。起こしますよ、奇跡。いえ、奇跡しか起こしません」と氣志團・綾小路 翔が宣言するように、今年も奇跡のようなメンツが3日間に渡って登場。満員のオーディエンスを前に、最高のライヴパフォーマンスを繰り広げた。

絶好のフェス日和。開会宣言から氣志團万博スタート!

照りつける太陽、澄み切った青空と絶好のフェス日和で迎えた初日。オープニングセレモニーアクトの森山直太朗がカラオケで歌う「さくら ~独唱~」、弾き語りで歌う「若者たち」からの開会宣言で、いよいよ氣志團万博が幕開け。

トップバッターを務めたのは、氣志團も多大な影響を受けたと公言する、結成30周年を迎えたベテランパンクバンド・ニューロティカ。旧メンバーの修豚を加えたスペシャル編成で登場した彼らは、ピエロ姿のアツシがステージを駆け回り、「チョイスで会おうぜ」、「ア・イ・キ・タ・」など、往年の名曲を惜しみなく披露。「俺たちがインディーズ日本代表だ!」と力強く宣言し、祭りの幕開けにふさわしい勢いあるステージングで、一発目から会場を大いに盛り上げる。

アイドルからメタルサウンドまで。多種多彩なステージ

続いての登場は、昨年の氣志團万博でオープニングアクトを務め、豪雨の中で魅せた圧倒的パフォーマンスが伝説となっている、私立恵比寿中学。新メンバーの小林歌穂と中山莉子がスケバンに絡まれるミニコントから、「売れたいエモーション!」でライヴがスタート。昨年よりも明らかに貫録とアイドル性を増した彼女らは、「仮契約のシンデレラ」、「放課後ゲタ箱ロッケンロールMX」など、広いステージをいっぱいに使った全力のパフォーマンスで披露し、観客を魅了した。

ステージにマーシャルのアンプが積み上げられ、圧巻のメタルサウンドで魅せたのは筋肉少女帯。会場に来る時に車のタイヤがパンクしたというエピソードから、「FESよりJAF!」というオチで大爆笑を生んだ大槻ケンヂのMCはもはや名人芸。「袖ケ浦を印度にしてしまえ!」と披露した「日本印度化計画」、会場中がダメジャンプを合わせた「踊るダメ人間」から、「これが聴きたいんだろ? 演ってやるよ」と始まった曲は、オーケンがももいろクローバーZに作詞提供した「労働賛歌」の筋少バージョン。モノノフ(ももクロファン)の大合唱で、会場が一体となる。

鼻メガネのファンがフィールドを埋める奇妙な光景のなか、鼻メガネで登場した味噌汁'S。煽りVTRで綾小路が「フェスで彼らを見ることは、二度とないかもしれない。ロックの生き証人になって下さい」と語った彼らのステージは、疾走感ある「OKAN GOMEN」でスタートするや、耳なじみの良い歌声と抜群の演奏力、キャッチーな楽曲で初めて見る人の心もガッチリ掴む。「こんな異色なフェスはないと思いますよ。氣志團、あっぱれでございます!」と絶賛すると、人気曲「ジェニファー山田さん」で大きく盛り上げた。

スタンディングエリアに入場規制がかかるほど観客を集め、大歓声のなかで登場したのは、国民的人気者と言える、きゃりーぱみゅぱみゅ。ダンサーを引き連れ、「ピカピカふぁんたじん」で明るく楽しくライヴが始まると、「みんな一緒にダンスが楽しめるライヴになってるので、よろしくお願いします!」と可愛く挨拶し、「にんじゃりばんばん」~「インベーダーインベーダー」~「ふりそでーしょん」と人気曲をメドレーで披露。会場をきゃりーワールドに包むと、観客が笑顔で歌い踊った。

祭りの主役、氣志團から初日の大トリ、ももいろクローバーZのパワフルなステージ

続いては祭りの主役、氣志團の登場。和太鼓の勇ましい響きに誘われ、巨大神輿に乗って現れた綾小路が「ワッショイ、ワッショイ!」と祭り気分を煽る。この日のために制作した「房総大パニック!超激突!!」で始まると、「スタンディング・ニッポン」などGIGの人気曲でフィールドを揺さぶると、「よく来たな! 俺たちがこの街のバンド・氣志團です。これが俺の生まれ育った街だぜ、俺の街に来てくれてありがとう」と感謝の気持ちを伝える。東京湾に陽が落ち始めた頃、「一曲だけ聴いて欲しい曲があるんだ」と歌ったのは、<君にあの夕陽を見せたい>と團長の独唱で始まる「落陽」。感傷的な歌声と夕焼け空が相まった美しくセンチメンタルな光景に大きな拍手が起こる中、ラストは「俺の地元、来ないか?」と「One Night Carnival」で大盛り上がりの中、初日のステージをフィニッシュ。

すっかり陽も落ち、ステージ上を華やかな照明が照らす中で始まったのは、岡村靖幸の“デート”という名のライヴ。グルーヴィなバンド演奏とセクシーな歌声で披露した「愛はおしゃれじゃない」で観客を魅了し、ダンスさせる。「氣志團ベイベ~!」と何度も煽りながら気持ちよさそうにステップを踏み、キレキレのダンスで見せた岡村。ノンストップのスペシャルメドレーから、「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」「だいすき」と大ヒット曲で盛り上げ、会場を巨大ダンスフロアへと変えた。

そして氣志團万博初日の大トリを務めたのは、ももいろクローバーZ。色とりどりのペンライトがフィールドを埋め尽くし、国歌斉唱で厳粛な雰囲気のなか、ライヴがスタート。「DNA狂誌曲」などキュートでパワフルな歌と激しいダンスで観客の心をガッチリ掴むと、「ももクロ万博へお越しのみなさ~ん!」と百田夏菜子。ももクロ万博に毎年、氣志團さんに出てもらって嬉しいです」と言いたい放題。「1年ぶりの新曲です」と自分たちの曲のように披露したのは、氣志團「SECRET LOVE STORY」のカバー。ラスト「行くぜっ!怪盗少女」では夏菜子が三点倒立からソロパートを歌うという妙技を見せ、花道でのえびぞりジャンプでクライマックスを生む。

しかし、このままでは終わらないのが氣志團万博。アンコールの声に再登場したももクロが「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」を披露していると、ももクロと同じステージ衣装を着た氣志團が登場。ももクロと一緒に完璧な振り付けで歌い踊り、10人で「モーレツ!」と声を合わせる。このサプライズに会場中が大きく湧き、最高潮の盛り上がりを見せ初日のアクトが全て終了。「最後はももクロちゃんに締めてもらわないと」と綾小路が煽り、ラストは夏菜子のカウントダウンでステージ裏から大きな花火が上がり、氣志團万博初日は華々しく幕を閉じた。

(文/フジジュン 写真/青木カズロー 釘野孝宏 中野修也)

氣志團万博2日目へ
氣志團万博3日目へ


「J-POP」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

房総魂~SONG FOR ROUTE127~

房総魂~SONG FOR ROUTE127~

演奏者 氣志團 
概要 2001年衝撃のメジャー・デビューから2007年までの約5年間にCD音源で発表された全シングルに加え、ライブで多くの感動を与えてくれた楽曲、そして、それぞれの心のナンバーワン・ソングを余すことなく完全セレクトした究極のスーパー・コンプリート・ベスト!

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 【第6話あらすじ】『花のち晴れ』波乱の“Wデート” 平野紫耀が涙の告白!?

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS