J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

ハートビートプロジェクトアンバサダー大塚 愛、10,000人の心音とメッセージで繋いだ楽曲を初披露

2014年12月22日(月) 15:22配信

6月に記者発表会が行われた「スマート光ハートビートプロジェクト」のハートビートプロジェクトアンバサダーの大塚 愛のライブが、「東京国際フォーラム」で開催された。

このプロジェクトは、西日本電信電話株式会社が、新しいコミュニケーションの形として、全国から集める心音等をもとにひとつの歌を生み出し、距離、世代、性別を超えて人と人をつなぐ目的で発足されたもの。この楽曲制作のための心音収集活動を「スマート光ハートビートプロジェクト」ハートビートキャラバンと題し、大塚 愛の全国ツアー8会場(福岡、静岡、広島、なんば、仙台、東京、新潟、名古屋)で開催してきた。そして、6月から9月にかけて「スマート光ハートビートプロジェクト実行委員会」の主催するイベントなども合わせ、約10,000人の心音やメッセージを収集し、ついにこの心音等を元にした大塚 愛のプロジェクト楽曲「end and and ~10,000 hearts~」が完成。東京で行われたライブ『AIO PIANO vol.2』で初披露した。

大塚 愛は楽曲を制作するにあたり、「多くの方々から集まった心音を聞き、こんなに人によって音が違うことを知りました。心音にも個性があるのだなあ、と。また、多くの方々から集まったメッセージを拝見し、協力して下さった気持ちの中には大きな期待もあり、その気持ちにしっかり応えようと思いました」とコメント。

「実際に集まった鼓動を聞いてみると、自分が想像していた音質とは随分と違っていたので、その音を使っての製作は本当に難しかったです。でも、とにかく感謝の気持ちをカタチにしようと。タイトル「end and and ~10,000 hearts~」はその“終わりのその後”という意味です。終わりはないという意味でもあります。みなさんの気持ちがひとつにつながって、またこの曲を聞いていただいた方々もつながってみんなで前を向ける楽曲になっていれば幸いです」と楽曲への想いを語った。

その後、「みんなの思いを乗せて歌います」と「end and and ~10,000 hearts~」が歌唱披露されると、会場は感動に包まれた。

スマート光ハートビートプロジェクト http://www.ntt-west.co.jp/ikouze/heartbeat/

◆大塚 愛 オフィシャルサイト


「大塚愛」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

大塚愛

生年月日 1982年9月9日(35歳)
星座 おとめ座
出生地 大阪府

大塚愛の関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 【第6話あらすじ】『ブラックペアン』二宮の母・倍賞美津子が「ダーウィン」治験第1号に?

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS