J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

<ライヴレポート>RIP SLYME、真冬に現れた亜熱帯

2015年1月6日(火) 21:30配信

RIP SLYMEが12月24日に恒例のクリスマスライヴを行った。2000年から毎年、場所やテーマを変え、趣向を凝らした内容で催されてきた同ライヴ。今回はZepp Tokyoを会場に「CHRISTMAS ON THE BEACH」と題されて行われた。

「RIPには夏の曲が沢山あるので、夏の曲だけでライヴが出来るんじゃない?の発想から始まった」(RYO-Z)という、この日のライヴ。な、だけあり、本編は夏をテーマにした曲だけで構成。ステージ上にはフェニックスやフラミンゴ、トーチにトロピカルなバーも配置され、タイトルのビーチというよりは、むしろジャングルクルーズや密林探検といった様相を見せていた。

まずは会場を盛り上げるべく、若手お笑いコンビ「デニス」がステージに現われる。小ネタを披露し、会場を和やかにさせた後は、SUも混じり、会場を交えてのコール&レスポンスやトークで会場を温めていく。最後のコール&レスポンスを終えた瞬間、切って落とされるようにステージの幕が落ち、ゴンドラの乗ったアロハにハーフパンツといったバカンス・ルックなメンバーが登場。1曲目の「Under the sun」が始まる。

前半5曲は、まさに熱帯夜とも言うべきアッパーな曲が立て続けにプレイされた。とは言え、どれもこの日ならではの亜熱帯にトラックアレンジされており、熱度を更に寄与した「Under the sun」、コール&レスポンスで会場を一つにしていった「真夏のWOW」、ミッドとローの効いたドラムンベースが密林感を増させた「Watch Out!!」、季節を暑い7月へと引き戻すかのようであった「Hotter than July」等が、いきなり会場を高温化させていく。

間には前述のデニスを司会に、アトラクションゲームやテーマに沿ったトーク、メンバーへのアンケートなどが盛り込まれ、普段のステージからでは見えにくかった5人の本音や裏側が笑いや苦笑交じりに、次々と露呈されていく。この企画は楽曲以外にもファンにとっては素敵なプレゼントとなったことだろう。

ポリネシアンアレンジされた「ジャングルフィーバー」、オリジナルよりアッパーでダンサブルなアレンジに生まれ変わった「楽園ベイベー」等を経た中盤では、MONGOL800のキヨサクがウクレレ片手にステージに登場。そのウクレレを伴奏に、メンバーそれぞれのリクエストナンバーが歌われる。SUは「真夏の果実」(サザンオールスターズ)、RYO-Zは「お嫁においで」(加山雄三)、ILMARIは「La・Bamba」(リッチー・ヴァレンス)、デニスは「夏の日の1993」(class)、そして、このコーナーを締めくくるかのように最後には、この秋リリースされたMONGOL800のトリビュート盤にRIP SLYMEが参加した際のナンバー「あなたに」が全員で歌われた。

また、中盤では他にも、夏の曲ながらしっとりと聴かせる曲たちが夏の夕方~夜を思い起こさせてくれた。中でもウクレレをバックに、レゲエやジャジーな要素も交えられた「Island」、「随分久しぶりにやった」とメンバーも後に語った、「虹」や「花火」と言ったライヴでは珍しい曲たちも、加えて会場にプレゼントされた。

後半のトークでは、<真夏の似合う男>と称された「武井壮」も加わり、何故かサンタの倒し方やトナカイの倒し方を伝授。会場を和ませていく。

後半は再び盛り上がりゾーンに。水着のギャルたちをダンサーに従え、より華やかさを増した「太陽とビキニ」、ねっとりとしたジューシーさをまき散らした「熱帯夜」、そして、高速のタオルの大旋回も壮観。この日一番の沸点を記録した「JOINT」で本編は終了した。

アンコールに出てきた5人は、まずはメンバーだけでトーク。過去のクリスマスライヴのエポックを振り返る。そして、この日のライヴ半分トークやアトラクション半分だった内容を省み、「みんなの守備範囲の広さに感謝」とPESが告げる。

アンコールはやはりクリスマスらしいロマンティックな曲が会場を彩った。「クリスマスなので素敵な出会いを」(RYO-Z)の気持ちの込もった「星に願いを」、ミラーボールも回り、ほっこりとした温かさに会場が包まれた「Supreme」、そしてラストは鈴の音を交えたクリスマスならではのアレンジの「Present」が、この上ない幸せな気持ちへと会場を導いてくれた。

外は寒いがそんなことを一切忘れさせてくれる、まるで真夏のような暑くて、熱いライヴであった。会場を出る多くの人たちの上気した表情が、この日のライブの熱さと成功を物語っていた。(文:池田スカオ和宏[LUCK'A]/撮影:オノツトム)

セットリスト:1.Under the sun 2.真夏のWOW 3.Watch Out!! 4.Hotter than July 5.SPLASH 6.ジャングルフィーバー 7.楽園ベイベー(2014 Summer Remix) 8.真夏の果実…SU お嫁においで…RYO-Z La・Bamba…ILMARI 夏の日の1993…デニス あなたに…全員 9.Island 10.虹 11.Danced all night 12.花火 13.太陽とビキニ 14.熱帯夜 15.JOINT Encore En-1.星に願いを En-2.Supreme En-3.Present


「RIP SLYME」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

20th ANNIVERSARY

20th ANNIVERSARY

演奏者 RIP SLYME 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】38号』7/24(火)発売!木村拓哉、二宮和也の豪華W表紙!

    1位

  2. ワンオク TAKAのイケメンすぎる交友関係まとめ! 三代目JSB・岩田剛典、佐藤健、綾野剛etc.

    2位

  3. 『ファインディング・ドリー』タコのハンクは○○依存症だった!? ボーナス映像一部解禁!

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS