J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【2014年音楽シーン】各月アルバムランキングで振り返る2014年音楽シーン(1月~6月編)

2014年12月30日(火) 10:00配信

2014年もあと残りわずか。そこで今年の音楽シーンを各月のアルバムランキングから振りかえってみた。(文:フジジュン)

(全国のTSUTAYA RECORDSのアルバム「全ジャンル」と「J-ロック/パンクジャンル」の各月販売ランキング)

2013年が改めて評価された1月

NHK『紅白歌合戦』、『日本レコード大賞』など、年末の特別番組の影響もあり、2013年のヒット曲が改めて評価された1月。最初の月の総合チャート首位を飾ったのは、国民的アイドルグループとして勢いが止まらない、AKB48の1年5ヵ月ぶりとなる新作『次の足跡』。「恋するフォーチュンクッキー」、「さよならクロール」などヒット曲満載の今作に、AKB48の快進撃を振り返った人も多いはず。
ロック・チャートで特筆すべきは、銀杏BOYSのアルバム『光のなかに立っていてね』、『BEACH』。実に9年もの歳月を費やして制作された、ファン待望の超大作だったが、今作をもって、ヴォーカル・峯田以外のメンバーが脱退。新曲を生で見ることは叶わなかった。

◆1月全ジャンル アルバムランキング

 AKB48「次の足跡」

 AKB48「次の足跡(初回限定盤A)」

1位 AKB48 「次の足跡(初回限定盤A)」
2位 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 「THE BEST/BLUE IMPACT」(DVD付)
3位 Flower「Flower」(DVD付)
4位 Dragon Ash 「THE FACES(初回限定盤)(DVD付)」 
5位三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 「THE BEST/BLUE IMPACT」

◆1月J-ロック/パンク アルバムランキング

Dragon Ash「THE FACES」

Dragon Ash「THE FACES(初回限定盤)(DVD付)」

1位 Dragon Ash「THE FACES(初回限定盤)(DVD付)」
2位 銀杏BOYZ「光のなかに立っていてね」
3位 銀杏BOYZ「BEACH」
4位 RADWIMPS「×と○と罪と(初回限定盤)」
5位 Dragon Ash「THE FACES(通常盤)」
   

ベスト盤リリースラッシュの2月

毎年、様々なアーティストのベスト盤が発売されることの多いこの時期。ロック・チャートでは、MAN WITH A MISSION、NICO Touches the Walls、ASIAN KUNG-FU GENERATIONと、ロックシーンを賑わす人気バンドたちのベスト盤がチャートイン。
総合チャートでは、“懐か新しい”をテーマに、最新型のゆずを見せてくれた、ゆずの新作『新世界』。2015年元日に入籍することを発表した杏と東出昌大が夫婦役を演じ人気となったNHK朝の連続ドラマ「ごちそうさん」主題歌「雨のち晴レルヤ」、「ヒカレ」など、人気シングル曲を含む全15曲で構成された今作は、新旧のファンを大満足させた。

◆2月全ジャンル アルバムランキング

ゆず「新世界」

ゆず「新世界(初回限定版)」

1位 ゆず「新世界」[初回限定版]
2位 加藤ミリヤ「LOVELAND(DVD付)」
3位 SEXY ZONE「Sexy Second(B)(初回限定盤)(DVD付)」
4位 SEXY ZONE「Sexy Second(A)(初回限定盤)(DVD付)」
5位 ワン・ダイレクション「ミッドナイト・メモリーズ」
   

◆2月 J-ロック/パンク アルバムランキング

MAN WITH A MISSION「Beef Chicken Pork」

MAN WITH A MISSION「Beef Chicken Pork」

1位 MAN WITH A MISSION「Beef Chicken Pork」
2位 NICO Touches the Walls「ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ ベスト (初回限定盤)(DVD付)」
3位 ASIAN KUNG-FU GENERATION「フィードバックファイル 2 (初回限定盤) (DVD付)」
4位 Dragon Ash 「THE FACES(初回限定盤)(DVD付)」
5位 SEKAI NO OWARI「ENTERTAINMENT(通常盤)」

ロックバンド勢が底力を見せた3月

E-Girls、EXILE ATSUSHIとLDH勢が活躍するなか、総合チャートとロック・チャートの両方で2冠を獲得したのは、BUNP OF CHICKENの新作『RAY』。表題曲である「RAY」は、フューチャリング・アーティストに初音ミクを迎えたバージョンも配信リリースされて話題を集めた。頭はオオカミ、体は人間の究極の生命体バンド・MAN WITH A MISSIONの3rdアルバム『Tales of Purefly』は、物語性あるコンセプチュアルな構成に、新たな魅力も垣間見られた。また、MWAMは同月に全米デビューも果たした。

◆3月全ジャンル アルバムランキング

BUMP OF CHICKEN「RAY」

BUMP OF CHICKEN「RAY(初回限定盤)(DVD付)」

1位 BUMP OF CHICKEN 「RAY(初回限定盤)(DVD付)」
2位 E-Girls「COLORFUL POP(初回限定盤)(DVD付)」
3位 EXILE ATSUSHI「MUSIC(初回限定盤) (DVD付)」
4位 Kis-My-Ft2「HIT! HIT! HIT! (初回限定盤)(DVD付)」
5位 MAN WITH A MISSION「Tales of Purefly」
   

◆3月 J-ロック/パンク アルバムランキング

BUMP OF CHICKEN「RAY」

BUMP OF CHICKEN「RAY(初回限定盤)(DVD付)」

1位 BUMP OF CHICKEN 「RAY(初回限定盤)(DVD付)」
2位 MAN WITH A MISSION「Tales of Purefly」
3位 BUMP OF CHICKEN 「RAY(通常盤)」
4位 the HIATUS「Keeper Of The Flame」
5位 back number「ラブストーリー(A) (初回限定盤)(DVD付)」
   

音楽シーンに押し寄せる新しい波を感じた4月

3月に公開されたディズニー映画『アナと雪の女王』が公開直後から話題となり、4月にはサウンドトラックが総合チャートトップ3内に。その後、社会現象と言える盛り上がりを見せたこの作品は、2014年のエンタテイメントを象徴する作品となった。
そんなアナ雪を抑えて、4月の総合チャート首位を獲得したのは、女性だけでなく男性からの支持も厚い、福山雅治の新作『HUMAN』。ロック・チャートではニコニコ動画発の新生代アーティスト・米津玄師のアルバム『YANKEE』や、今作をキッカケに飛躍的な活躍を見せるゲスの極み乙女。のアルバム『みんなノーマル』がチャートイン。新生活がスタートしたこの月、音楽シーンにも新しい波が押し寄せていた。

◆4月全ジャンル アルバムランキング

福山雅治「HUMAN」

福山雅治「HUMAN(初回限定盤)(DVD付)」

1位 福山雅治「HUMAN(初回限定盤)(DVD付)」
2位 福山雅治 「HUMAN(通常盤)」
3位 「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック」
4位 福山雅治「HUMAN(グッズ付盤) (初回限定盤)」
5位 加藤ミリヤ/清水翔太「THE BEST(初回限定盤)(DVD付)」
  

◆4月J-ロック/パンク アルバムランキング

 BUMP PF CHICKEN「RAY」

 BUMP PF CHICKEN「RAY(通常盤)」

1位 BUMP OF CHICKEN 「RAY(通常盤)」
2位 米津玄師「YANKEE(映像盤) (初回限定盤) (DVD付)
3位 ゲスの極み乙女。「みんなノーマル」
4位 the HIATUS「Keeper Of The Flame」
5位 back number「ラブストーリー(通常盤)」
   

2014年の象徴「アナ雪」の勢いが止まらない5月

公開1ヵ月が過ぎGWを迎え、アナ雪現象が日本全土へと広まったことを証明するように、『アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディション-』が総合チャート首位を獲得。「Let It Go ~ありのままで~」を収録したMay J.のアルバムもチャートイン。音楽シーン的には、aiko『泡のような愛だった』、稲葉浩志『Singing Bird』がチャートインするなどカリスマ的人気を誇る大物ミュージシャンの活躍も目立った。ロック・チャートでもカリスマ的人気を誇る、チバユウスケ率いるTHE BIRTHDAY『COME TOGETHER』がチャートイン。正体が一切明かされていない謎の新人バンド・味噌汁'Sなど新たな台頭の登場も見逃せない。

◆5月全ジャンル アルバムランキング

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック

「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディション-」

1位 「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック-デラックス・エディション-」
2位 aiko「泡のような愛だった」
3位 稲葉浩志「Singing Bird(初回限定盤) (DVD付)」
4位 May J.「Beartful Song Covers」
5位 back number「ラブストーリー(通常盤)」
  

◆5月J-ロック/パンク アルバムランキング

アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック

味噌汁’s「ME SO SHE LOOSE(初回限定盤) 」

1位 味噌汁’s「ME SO SHE LOOSE (初回限定盤)」
2位 米津玄師「YANKEE(通常盤)
3位 The Birthday「COME TOGETHER(初回限定盤)(DVD付)」
4位 SEKAI NO OWARI「ENTERTAINMENT(通常盤)」
5位 Gotch「Can't Be Forever Young」

上半期最後の月を圧倒した歌姫

しんみりと切ない梅雨の季節にピッタリなバラードソングばかりを再録した、安室奈美恵のバラードベスト『Ballada』が総合チャート首位を獲得した6月。名曲「CAN YOU CELEBRATE?」「SWEET 19 BLUES」などキャリアの集大成と言える今作は、改めて安室奈美恵の圧倒的存在感を見せつけた。
ロック・チャートでは、10-FEETのコラボ・アルバムとカヴァー・アルバムにライヴDVDも付いた豪華盤『6-feat 2 +Re: 6-feat +LIVE DVD』、cold rainのミニアルバム『Until The End』がチャートイン。昨今、パンク/ラウドがチャートを賑わせている背景として、全国で多くのフェスなどが開催され、ライヴが身近になったことも影響しているのかもしれない。

◆6月全ジャンル アルバムランキング

安室奈美恵「Ballada(DVD付)」

安室奈美恵「Ballada(DVD付)」

1位 安室奈美恵「Ballada(DVD付)」
2位 「アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック」
3位 安室奈美恵 「Ballada」
4位 ウカスカジー「AMIGO」
5位 安室奈美恵 「Ballada(BD付)」
   

◆6月J-ロック/パンク アルバムランキング

10

10FEET「6-feat + Re: 6-feat + LIVE DVD(初回限定盤)(DVD付)」

1位 10FEET「6-feat + Re: 6-feat + LIVE DVD(初回限定盤)(DVD付)」
2位 coldrain「Until The End」
3位 味噌汁’s「ME SO SHE LOOSE (初回限定盤)」
4位 Base Ball Bear「二十九歳 (初回限定盤) (DVD付)」
5位 レキシ 「レシキ(DVD付)」

   
   

>【2014年音楽シーン】各月アルバムランキングで振り返る2014年音楽シーン(7月~12月編)はこちら


「TSUTAYA」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. 【ネタバレあり】これを知ったら 『ジュラシック・ワールド』を2倍楽しめる!『ジュラシック・パーク』へのオマージュの数々

    2位

  3. 小島みゆ、神尻Eカップ美乳でセクシーポーズラッシュ!?

    3位

  4. 【第7話あらすじ】『あなたには帰る家がある』玉木宏、“離婚”に踏ん切りがつかず…

    4位

  5. CARトップ創刊50周年記念!オリジナルトミカ付きTSUTAYA限定特装版発売決定!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS