J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

<インタビュー>ハイヒールとワンピースのギタープリンセスchay。24歳の「葛藤と恋と夢」

2015年2月16日(月) 17:00配信

 

 

ハイヒールにワンピース姿でアコースティックギターをかき鳴らす。その女の子らしいスタイルが目を惹くシンガー・ソングライターchay(チャイ)が、月9ドラマ『デート ~恋とはどんなものかしら~』の主題歌に抜擢された。

ニューシングルのタイトルは『あなたに恋をしてみました』。月9のプレッシャーのなか制作されたという今作は、作曲に多保孝一(元Superfly)を迎え、歌詞には自身の恋愛経験をギュっと詰めこんでいる。かつての『テラスハウス』を経て、現在は『CanCam』の専属モデルも務めるという、異色のキャリアで突き進む彼女が今抱える想いとは。葛藤をバネにする24歳女子の本音を訊いた。(インタビュー&文:秦理絵)

ひとりだったら、プレッシャーに押しつぶされそうになってたかもしれない

―「あなたに恋をしてみました」は作曲を元Superflyの多保(孝一)さんが手がけたということですが。

「念願叶ってやっていただきました。私はもともと洋楽が大好きなんですけど、J-POPだと多保さんが作る曲が好きで。いつかご一緒したいっていうのはデビューしてからもずっと言ってたんです」

―メロディには多保さん節というか、懐かしい洋楽の雰囲気を感じますよね。

「そうですね。ドラマサイドからも60年代のレトロなテイストっていうイメージがあって。当時を知っている人には懐かしんでもらいたいし、同世代の人には新鮮なものとして楽しんでもらいたくて。多保さんと話し合いながら作っていきました。

―ちょっと歌謡曲っぽい印象もあって。レコーディングで歌ってみてどうでしたか?

「今までは自分で作詞作曲をしてたから、自分にはないメロディだったので難しかったです。もう1,000本ノックぐらい歌い直したんですよ。こんなに、何度も歌ったのは初めてだと思います。でも多保さんが付きっ切りでディレクションしてくださって。今まで自分がすごく歌の面でコンプレックスなところがあったんですけど、多保さんはそれを言わなくても、親身に解決に導いてくれました」

―そのコンプレックスな部分ってどんなところだったんですか?

「ちょっと苦しそうに歌うところとか、あとは滑舌が悪いところとか」

―こういう歌謡曲っぽい歌は滑舌が大事ですよね。

「大事だからこそ、最初に歌ったときと一語一句をはっきり歌うように直した後では全然違うものになりましたね。やっぱり聴いただけで、言葉が伝わることが前提だと思ってたんですけど、直し方もわかってなかったんです」

―作曲だけじゃなく、今回の制作には多保さんの力が大きかったんですね。

「そうですね。今回は月9のタイアップっていうことで、不安もあったんです。最初にお話を聞いたときは、もちろん夢のようで、ウソみたいで、単純にうれしい気持ちもあるんですけど、「やったー!」っていう感じじゃなくて、数秒後には、どうしよう、どんな曲にすればいんだろう?って。そういう感覚は初めてでした」

―それを多保さんとの共作で解きほぐされていったんですね。

「そうなんです。本当に心強かったです。ひとりだったらプレッシャーに押しつぶされそうになってたので。大大大先輩のおかげで良い曲ができたなと思ってます」

すごく恋愛に対して不器用なところがあって。一生懸命だけど空回りしちゃう

―歌詞のほうはchayさんが手がけていますが、すんなり書けましたか?

「台本を読みながら書きました。ドラマを見ていただければわかると思うんですけど、登場人物がありえないぐらい恋愛に不器用なんですね。でもどこか自分に似てるなと思うところがあって。私もすごく恋愛に対して不器用なところがあるんです。一生懸命なんだけど、結果、空回りしちゃうっていうところが、(杏演じる主人公の)依子と似てるなって。だから自分の恋愛経験をもとに、重ね合わせながら書きました」

―あの恋愛不適合者たちと、chayさんが似てるっていうのは意外ですね。

「でもドラマが放送されたあと友達には似てるってすごい言われたんですよ。あんなに合理的でもないし、理系でもないし、喋ることは全然違うんですけど、やっちゃうこととかは似てるって。とくに実体験なのが、『今日はハイヒール/お洒落したのに~絶体絶命! 会話も弾まない!』のところ。実際に私も会話のなかで聞き取るんですけど、まず調査するんです」

―(笑)。

「それで彼が女の子らしい恰好が好きって聞いたら、そういう服を買いに行って。初デートは高いヒールを履いて、『いつも履いてるんですよ』みたいな感じで行くんですけど、結果、歩いてるうちに靴擦れしてもう歩けないとか。可愛いと思われたくて、張り切ってお化粧したら濃くなりすぎて引かれるとか。会話も考えて、途切れないように気まずくならないように何個か用意しておくんだけど、たとえば共通の友達のことを話して盛り上げようと思ったら、そこまで仲良くなくて、「あ、うん」で終わっちゃたりとか(笑)」

―じゃあ、「元カノと 私は正反対」っていうのも本当にあったことですか?

「そうなんですよ。いつも正反対。まず正反対って気づいた段階で絶望的なんですけど。そこにある一筋の光が、よく耳にする『“好きになった子がタイプ” 』っていうアレで(笑)。そこだけを希望に『頑張るわ』っていうところも実体験ですね。周りの友達は元カノの名前を聞いたら、Facebookで調べたりしてるんです。『こんな子なんだ!全然違うじゃん』みたいな話もするので、共感してもらえるといいですね」

私はいつもワンピースにヒールで歌ってる。それを自分らしいスタイルとして確立できればと思ってます

―ところでchayさんはメジャーデビューをして2年が経ちましたが、今自分が理想とするシンガーソングライター像に近づけてるなっていう手応えはありますか?

「そうですね……私は小さい頃にシンディ・ローパーを見て歌手を目指したんですね。キラキラしてて、この人を見てると、この人の曲を聴いていると楽しい気持ちになるっていう。そんなふうに耳でも目でも楽しめるようなアーティストになりたいと思ってるんです。だから、私はいつもワンピースにヒールで歌ってるんですけど、それがミスマッチとか似合わないって言われたりもしたんですね。でも、それを自分らしいスタイルとして確立できればなと思ってます」

―なるほど。その想いはchayさんのこの2年間の歩みとまさにリンクしますね。

「ああ、良かったです。だから去年、CanCamの専属モデルになったのも、自分が目指してる“目で楽しめるアーティスト”っていうところに、一歩近づけるお仕事だなと思ったからなんです。でも、私はのように身長150cm台のモデルは、CanCamとしては初めてなんですね。スタイルも良くないし。だから、『こんな自分でいいのかな?』って不安なときもあって。でも、逆に150cm台が私しかいないんだったら、背の低い読者の人からも親近感があって、1番マネしやすいモデルさんになりたいっていうふうに前向きに捉えることにしたんです」

―そうなると、ミュージシャンってすごく潔癖が求められる部分があるから、ミュージシャンなのにモデルやってると悪く言われる部分もあって大変じゃないですか?

「そうですね。それは……私も一番気になったんです。歌を真剣にやってないんじゃないかと思われるのが。まだCanCamのモデルになる前に、自分がファッションとメイクが好きだっていうことを、そこまで表立って言うことでもないのかなと思ってた時期があって。隠してるっていうわけではないんですけど。でも、『テラスハウス』に出て、あれは私服で出てるんですけど、そこに注目してもらえたりしたのが大きかったですね。全然、自分らしくて良いんだなっていうことに気づけたので。だから……うん。これからは、そこを両立していきたいです」

◆リリース情報

あなたに恋をしてみました

2015年2月18日発売

初回完全生産限定盤(CD+ブックレット:写真上):WPCL-12049/\1,800(税抜)
200個限定:CanCamコラボレーションパッケージ
chayオリジナルリボンヘアゴム+アクセポーチ付き

通常盤(CD:写真下):WPCL-12050 \1,200(税抜)

【CD収録曲】1.あなたに恋をしてみました 2.Again 3.Love is lonely 4.Let It Be(Acoustic Ver.)-The Beatles ※4曲目は通常盤のみ収録

chayサイン入りポラをプレゼント!

初めてのドラマタイアップのことから、恋愛話まで、飾らずたくさん話してくれたchay。そんな彼女のサイン入りポラを2名様にプレゼント!

応募締切り:3月15日(日)

>プレゼント応募サイト


「chay」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

chay

生年月日 1990年10月23日(27歳)
星座 てんびん座
出生地 東京都

chayの関連作品一覧

Superfly

結成年月日 1984年2月25日(34年)

Superflyの関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】38号』7/24(火)発売!木村拓哉、二宮和也の豪華W表紙!

    1位

  2. 天木じゅん、セカンド写真集で“全裸”も 史上「最大の露出」

    2位

  3. シーナ&ロケッツ・鮎川誠が葬儀直後に語った「シーナと俺」の物語 音楽――そして愛

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS