J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

「キョウリュウジャー」でも人気の斉藤秀翼、ミニアルバム『PARTY!』発売記念VALENTINE’S PARTY

2015年2月15日(日) 02:59配信

ドラマ「家政婦のミタ」や「獣電戦隊キョウリュウジャー」などへの出演で人気を博した斉藤秀翼が、音楽活動を本格化。2月11日にミニアルバム『PARTY!』でデビューを果たした。その発売を記念したイベントが2月14日、バレンタインデイに行われた。

 

 

アコギ、ダンス──新しい挑戦を見せたライヴ

この日は昼と夜の2部制。せっかく2回やるのだから…ということで、昼と夜ではセットリストも変えて行われた。『PARTY!』にちなみ、出演者(と会場にいたスタッフ)のドレスコードはスーツ。待ち構えた300人のオーディエンスに大歓声で迎えられた斉藤をはじめ、ギターのSHINPEI、ベースの人時、ドラムの楠瀬タクヤの全員が黒のフォーマルスーツを着こなして登場。

満開の笑顔を見せると「Seize the Chance」でライヴはスタート。間奏では、バレンタインのせいなのか(?)客席に投げキス!「一緒に!」という斉藤の言葉で早くも会場が大合唱になる。続く「Masquerade」では、ハンドマイクに持ち替え、へヴィで妖しい世界を体現。深紅のライトに染め上げられた「新世界創造計画」、と息つく間もなく前半戦を飛ばしていく。

「今日(のイベント)楽しみにしてました? 寒い中並んでくれたみたいですいません」というMCをはさみ、「Feel」「You’re all I need」のアコースティックコーナーへ。「You’re all I need」は「元々ギター弾き語りで作っていた」というだけあって、アコギVerがとてもはまる。斉藤の情感のこもった歌声にみんなじっと聴きいっていた。

しっとりした空気を一変させたのが「Birdcage」。斉藤がマイクスタンドに身体を預け、ゆったりと優雅なヘドバンを見せると、会場のそこかしこでもヘドバンをする姿が。「みんなにも盛り上がってもらわないと」という言葉でスタートした「S :Naked Love」と再びPARTY!モードで盛り上がる。

本編ラストの「PARTY!」では、ダンサーのKAZUYAとタクローが登場。斉藤とともに3人が講師となってお客さんにサビ部分の振付をコーチ(ちなみに、右手拳を「右右右」と突き上げ⇒その右手をキラキラキラとさせながら左肩あたりまで移動⇒右クラップ、左クラップ⇒手を頭上にあげ右・左に振るというもの)。全員踊れるようになったところで、7歳から中学3年生までのキッズダンサー6人が登場。

斉藤、サポートメンバー、ダンサー&キッズダンサーの総勢12人とお客さんでみんな一緒になって「PARTY!」をダンス! 先のアコースティックコーナーもそうだが、このダンスにしても、ライヴに来るたびに新しい何かを届けたい、来る人たちを楽しませたいという斉藤の気持ちが込められているのだと思う。そんな斉藤の気持ちを受けて、会場にいる人全員が笑顔になり本編は終了。

もちろんこれだけでは終わらず、アンコールでは「Paranoia」「Solid Bullet」を披露。また、このステージで5月4日には渋谷クラブクアトロでライヴを行うことが発表された。「ひとかわ剥けた斉藤秀翼で乗り込みたい」と語っていたとおり、そこでもまた新たな彼に出会えるはずだ。

「寝るときの格好?裸です(笑)」

ライヴのあとはトークコーナー。パーカーにTシャツというラフな格好で現れた斉藤がお客さんから事前に集めた質問に次々答えていく。「寝るときの格好は?」という質問に「裸です」と答えると会場からは悲鳴のような歓声が。「ルパンのように服を脱いでベッドに飛びこむ」のだそうだ(笑)。ただ、朝宅急便が急に来たときなどは困るのだとか。慌ててバスローブを羽織るのだが、そんなときに限ってバスローブの紐が見当たらず、さらにそんなときに限って「代引き(代金引換)だったりするんだよね(笑)」と、相変わらずの巧みなトークに会場は大爆笑。

「部屋のレイアウトは?」という質問には「暗いのが好きで、友達が遊びに来た時も勝手に電気をつけられるのが嫌」と、もはやレイアウトとは無関係ながら、妙に納得の答えを。「かっこいいと可愛い、言われて嬉しいのはどっち?」には、「美しいがいいかな」と答えるなど、短い時間ながら斉藤の素顔がたっぷりと見られたのだった。

この日がバレンタインということでイベント後、斉藤は「バレンタインデイは小学生の頃は、僕から女の子にチョコを上げたくて仕方なかった。なんで男子はフラレ待ちをしなきゃいけないんだろうって(笑)」と取材に答えた。また、理想の女性像は「容姿端麗。言葉遣いとか気のまわし方を意識している人。あと最近思うのは小言を言わない人」だと話した。さらに改めてデビューを振り返って「デビュー当日は、ラジオの収録中で、あ、日付変わったかぐらいだったけど、それを待ってくれていた人もいたし、やっときたかっていう感じでした。あとは今日のライブに向かってまっしぐらでした。ただこれが分岐点になるんだろうなと思っていた」と応えた。まだ21歳、俳優としてくミュージシャンとして、そしてひとりの人間として、彼が分岐点を超え、これからどう進化していくか期待大だ。

>斉藤秀翼オフィシャルサイト

>斉藤秀翼に「バレンタインの苦い思い出と甘い思い出」からデビューアルバムのことまで聞いたQ&Aはこちら


「戦隊」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

PARTY!

PARTY!

演奏者 斉藤秀翼 
斉藤秀翼 
作詞 渡部紫緒  椎名慶治 
作曲 三浦英之  TAKUYA 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 【インタビュー】今田美桜、『花晴れ』“庶民狩り”に隠れた意外な趣味

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS