J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

<インタビュー>少女から大人への間で──家入レオに訪れた3つの変化

2015年2月20日(金) 20:00配信

 

 

家入レオは新作『20(トゥエンティ)』で初めてラブソングを入れることができた、と明かしてくれた。それだけではない。『20』というアルバムは、おだやかに語りかけてくる家入の歌声が特徴だし、よりリスナーに寄り添った歌詞にも変化があった。この『20』というアルバムに宿るのは、これまでの家入が感じさせた意思を貫く強さというより、聴き手を包み込むような強さだ。
20歳の誕生日を迎え、シンガーとして新たな表現の可能性を見出した彼女に話を訊いた。(インタビュー&文:秦理絵)

これまでは自分の闇の部分をピックアップしてたけど、
少しずつ明るい部分も出せるようになってきました

―すごくリラックスしたムードの作品だな、と思いました。

「そうですね。今までは、家入レオっていう家のドアを開けたら、番犬ぐらいの勢いでワンワンワンッ!て吠えてたんですけど(笑)。でも、やっぱり私の家の扉を開けてくれた人に対しては、ちゃんと優しく『いらっしゃい』『お茶でも飲む?』って言ってあげることによって、私の心の階段をどんどん下りて来てくれるんじゃないかって思ったんですね。だから、今回は淡いイメージの曲が多いんです。でも、実はそこには、前よりもトゲトゲしたものを入れたつもりです」

―「little blue」とか「Last Song」みたいなアコースティックな手触りの曲もあり、「こういう家入さんもあるんだ」って気づかせてくれる作品になったと思います。

「そういうのも出せるようになってきましたね。もとから私は(感情の)起伏が激しくて、デビューする前の1年くらいの間で関わってくれたスタッフさんはすごく大変だったと思うんです。さっき隅で泣いてたのに、もう笑ってるし、とか。そういうところも前にもってこれるようになったんです。これまでは自分の闇の部分をピックアップしてたんですけど、少しずつ明るい部分も出せるようになってきましたね」

―それは自分を曝け出せるようになってきたということ?

「というか、いつも傷つく準備をして歌ってたんです」

―誰に傷つけられると思ってたんですか?

「リスナーとか……。ファーストのころはライブも経験してないし、CDをリリースしても、果たして手に取ってくれてる人に想いが届いてるかもわからないと思ってて。半径5m以内というか、自分のために制作していた部分が強かったから。今は(リスナーを)信じてみようって思えるようになりましたね」

「私のもがく姿に、君の痛みも重ねてね」が、
今は純粋に「そのままでいいんだよ」って言える

―そういう外向きの気持ちを感じたのは、「TWO HEARTS」ですね。まだ歌詞が仮のバージョンも聴かせていただいたんですけど。

「めちゃくちゃ書き直したんです」

―最初は《僕のままで歌うよ》だったのが、《君のままでそのままでいいんだ》っていう歌詞に変わってるんですよね。

「ああ、そうですね。今までは、自分の姿を通して何かを伝えたいっていうのがあったんです。私のもがく姿に、君の痛みも重ねてねっていうスタンスだったのが、今は純粋に、聴いてくれる人に対して、そのままでいいんだよって言えるようになった。そこが、今回のアルバムでは違うなあと思って、《君のまま》に変えたんです」

―だからこそ、人の心の機微をしっかりくみ取る作品にもなっていると思います。

「私、頑張ったら、頑張った分だけ、絶対に結果はついてくるものだし、答えは出てくるものだと思ってたんですよ。だから曖昧なことを言う人だったり、態度をとる大人に対してすごくあたりが強くて。子どもだったっていうのもあるんですけど(笑)。でも、『Silly』で、ドラマの話をいただいて、人について深く考えるきっかけになったんです」

―湊かなえさん原作の『Nのために』ですね。

「そうですね。これまで感情も、怒りとか喜びとか、喜怒哀楽のどれかに当てはまってたんですけど、そうじゃないグレーゾーンの部分を『Silly』で表現できたのかなと思ってて。表面的なことじゃなくて、ストンッて自分のなかから出せたっていうことは、内面的にも進めてる証なのかなと思って。ちょっと自信に繋がりました」

今まではラブソングはなかったんです。歌ってない
でも、そうやって受け取ってもらえてもいいかな

―アルバムの曲だと、「Still」とかも、《大好きって伝えたい》《大嫌いって言いたいのに》とか、はっきり言い表せない気持ちが出てるのでは?

「でも実は『Still』は、『Silly』より前なんですよ。『Still』でいう《君》っていうのは、私のなかでは音楽なんです。音楽を嫌いって思えたら楽なのにって思うことがあって……」

― 一見、ラブソングのように見えるけど。

「そうですね。そうだな……ラブソングにある意味、抵抗がなくなって、今回入れようかなと思ったところはありますね」

―今まではラブソングはなかった?

「なかったんですよ。歌ってないんです。たしかに前から、恋愛っぽく表現して歌ってたんですけど、私的には裏テーマとして全然違うものを設定していて。それをラブソングとして捉えないでって言うのも身勝手だなあ、と思うんですけど」

―ラブソングって書き方次第で、それが夢とか希望にも置き換えらえるものだから。

「そうなんですよ。投げたボールに対して、人それぞれの受け取り方があるのに、それをいちいち訂正する、みたいな感じだったんです。でも、そうやって受け取ってもらえてもいいかなっていう、心の余裕が出てきましたね」

まだ大人にはなれてないです(笑)
大人だと認められるのはなんだろう

―お話を伺ってると、これまで「自分はこうなんだ」って決めてたものがどんどんなくなってる感じもして、シンガーとして家入レオが順調に成長してきてる感じがしました。

「ありがとうございます。でも、大人にはまだなれていないですけどね(笑)」

―家入さんは、自分がどうなったら大人だと認められるんだろう?

「えー、なんだろう……?」

―どんな人が大人だと思いますか?

「個人の真実を信じられる人かな。商品価値とか、自分の目で物を見てる人」

―ランキングが上位とか、みんなが好きだからとかじゃなくて。

「そうですね」

―でも、そういう価値基準は家入さんの中にすでにあるようにも思いますが。

「うーん。わかりやすい例だと、私、今、友達を作りたいなと思っていて(笑)。20歳になったし、そういうことも頑張っていかないと、人見知りがヤバいと思っていて。いろいろ行動しないとと思ったんです。で、夜スーパーに行って、すごいフィーリングが合いそうな女の人がいたから、『気が合いますね』って言ったら、ダッシュで逃げられたんですよ」

―え!? いきなり声をかけたら、そりゃそうですよ(笑)!

「そうですか!? だから、結局、友達の基準って、自分がその人に長い時間をかけられるか、かけらなれないか、どっちかだなと思って。いつも友達候補に出会うっていうのが正しい表現だなと思ったんです。最初はフィーリングが合わないなと思った人でも、時間をかけたらかけたぶんだけ、自分にとって愛しい存在になっていくし。なんでも時間をかけることが大切なんだなって。だからそれが出来ている人は大人だなあと思います」

◆リリース情報

初回限定盤

通常盤

20

2015年2月25日発売

初回限定盤(CD+DVD・写真上):VIZL-780/3,400円(税抜)
通常盤(CDのみ・写真下):VICL-64300/2,900円(税抜)
●シングル「miss you」&アルバム『20』W購入キャンペーン応募券封入
●4thワンマンTour~20 twenty~先行抽選予約シリアルナンバー封入

【CD収録曲】1.miss you 2.little blue 3.Silly 4.lost in the dream 5.心のカ・タ・チ~Another Story~ 6.TWO HEARTS 7.For you 8.純情 9.Still 10.love & hate 11.勇気のしるし 12.Last Song 13.Silly –Another Version-(13曲目は通常盤のみのボーナストラック)
【DVD収録内容】
●「miss you」MV(Another ver.)
●SELECTIONS from"LEO IEIRI LIVE 12/13~thanks 2014~@新木場STUDIO COAST" 1.純情 2.Silly 3.勇気のしるし 4.miss you 5.Message
●Photo Session & MV Making Movies

◆ライヴ情報

「家入レオ4thワンマンTour~20 twenty~」
5月04日(月) 東京 日比谷野外大音楽堂
5月09日(土) 北海道 札幌ファクトリーホール
5月16日(土) 宮城 仙台Rensa
5月23日(土) 広島 BLUE LIVE広島
5月24日(日) 香川 高松オリーブホール
5月30日(土) 福岡 福岡市民会館
5月31日(日) 鹿児島 鹿児島CAPARVO HALL
6月04日(木) 石川 金沢EIGHT HALL
6月12日(金) 栃木 エニスホール(野木町文化会館)
6月14日(日) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール(名古屋市民会館)
6月21日(日) 静岡 三島市民文化会館
6月24日(水) 茨城 鹿嶋勤労文化会館
6月27日(土) 兵庫 三田市総合文化センター 郷の音ホール
6月28日(日) 大阪 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
7月04日(土) 東京 渋谷公会堂

家入レオ オフィシャルサイト

家入レオ ノベルティポーチをプレゼント!

20代になって初めてのアルバム『20』をリリースする家入レオ。ノベルティポーチを1名様にプレゼント。
応募締切:3月20日(金)

>プレゼント応募サイト


「家入レオ」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

家入レオ

生年月日 1994年12月13日(23歳)
星座 いて座
出生地 福岡県

家入レオの関連作品一覧

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    1位

  2. 『シアターカルチャーマガジン T.【ティー】38号』7/24(火)発売!木村拓哉、二宮和也の豪華W表紙!

    2位

  3. 【ネタバレ】名探偵コナン、黒の組織黒幕“あの方”の正体が判明!長期休載も発表!

    3位

  4. ワンオク TAKAのイケメンすぎる交友関係まとめ! 三代目JSB・岩田剛典、佐藤健、綾野剛etc.

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • “脱げる”シンガーソングライター・藤田恵名、過激なMV & ヴィジュアル解禁
  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS