J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

【ライヴレポート】SKY-HI流エンターテインメントショー! 2014.03.12@赤坂BLITZ

2015年3月14日(土) 23:10配信

AAAのメンバーとして精力的に活動する傍ら、昨年発表されたMTV VMAJ 2014でメジャーデビュー曲『愛ブルーム』が最優秀ヒップホップ賞を受賞するなど、ソロアーティストとしても唯一無二の存在感を放っているSKY-HI。

そんな彼が、3月12日赤坂BLITZにてSKY-HI TOUR 2015~Ride my Limo~のFINAL公演を開催。大勢のニコニコ生放送観覧者に見守られる中、販売直後に即SOLD OUTしたという凄まじいチケット争奪戦を勝ち抜いた観客を、非日常的な極上の世界へと誘った。

 あ

Photo by Satoshi Hata

開演前、会場に流れるのは、遊園地のアトラクションで耳にするようなコミカルなアナウンス。本ツアーは“Limo(リムジン)に乗るようにSKY-HIが非日常世界へエスコートするぜ!”というテーマで実施されていたのだが、会場に一歩足を踏み入れた時から、SKY-HIのエンターテインメントショーは始まっていた。

そして、突如誰もいないステージにSKY-HIの力強いラップが響き渡る。その言葉に操られるまま、自然と腕をステージの方へ伸ばし、静かにリズムを刻み始める観客達。

そこへスッとステージに姿を現すと、一言、「さぁ宴と行こう皆の衆!」。宴の始まりを告げる『Tyrant lsland』『Crytical Point』『逆転ファンファーレ』『愛ブルーム』のメドレーに、フロアは大きく波打った。フルバンドによる大迫力かつ華やかなサウンドを自由自在に乗り回し、言葉の弾丸を次々に撃ち込むSKY-HIの姿は、まさに“トリックスター”…ならぬ“魔術師”。予測不能で一時も目を離せない、ゴージャスな幕開けとなった。

前半のMCでは、「いい顔してるねぇ!楽しみにしていただいていた方ってどれくらいいらっしゃいます?…俺もだよ!(笑)」と嬉しそうに語る一幕も。 その反面、MC中も、軽快なバンドサウンドに乗せてまるで歌っているように話す徹底ぶりに、ハッとさせられた。

誰よりも音楽を愛し、音楽で繋がりたいと願う、彼らしい演出だ。そんなMCの流れから「何はともあれ!HAPPYに行こうぜ?」と叫ぶと、『HAPPY』から次のブロックへ突入!大きな声でコール&レスポンスを繰り返す観客との一体感が心地良いラブソング『Blanket』や、SKY-HIダンサーズとともにキレのあるダンスで魅了した『WHIPLASH』など、表情豊かな楽曲達が続く。

また、「なぁ、忘れたくても忘れられない恋愛ってあるかい…?」という問いかけから始まった『Diary』では、紫のライトがムーディーに揺らめく中、恋人への後悔をぶちまけるようにストーリーを描き出すSKY-HI。かと思えば、『Serial』で感情を剥き出しにする一面もあり、「弱気や迷いが消えないなら、いっそ全て抱えてしまえばいい!怖くていいさ、弱さを知れ!弱くていいさ、強さを知れ!他の誰かを傷つけて得る強さなんかよりも、自分自身の弱さを受け入れられることの方がよっぽど強い!」そう、まっすぐ前を見据えて叫ぶ彼の言葉のパワーに圧倒された人も多かったことだろう。 さらに、『Dance Part』『センテンス』では遊び心の効いた演出も披露。多彩な楽曲達を粋な演出で繋げ、1つのショーとして魅せる展開に、観客からは大きな歓声と手拍子が送られた。

あ

Photo by Satoshi Hata

バンドやブラス隊、ダンサーズとともに、あっという間に駆け抜けてきた前半18曲。後半は、原点に戻ってDJと2人きりのスタイルで『ONE BY ONE 2015』からスタート。 続いて、本ツアーのテーマソングでもあるポップチューン『Limo』をこの日限りのスペシャルな編成&ダンスパフォーマンスで披露すると、勢いそのままに『TOKYO SPOTLIGHT』『Tumbler』のパーティーゾーンへ!メンバーと一緒になって楽しげにタオルを振り回し、ジャンプを繰り返す、SKY-HIの無邪気な笑顔が眩しい。

気づけば残り5曲。「残り5曲は1曲ずつみんなに手渡ししていきたい」と届けられたのは、3月18日にリリースされる最新曲『カミツレベルベット』。奇跡の逆再生MVが話題の今作は、昨年SKY-HIが精神的に辛い時期に、仲間やファンに救われた経験をもとに制作したということで、キャッチーで自然と笑顔になるような前向きな楽曲に仕上がっている。コアなHIP HOPファンだけでなく、幅広い人に自分の言葉を届けようとする想い。それは、続いて披露された『スマイルドロップ』、1stアルバム収録の『キミサキ』といったラブソングからも溢れていた。

「元気でいればまた会えるから、俺から君達に送る最後の言葉はさよならじゃない。またね!」そう言い放ち、最後に披露されたのは『またね』。みんなで手を振って迎えたフィナーレは、じつに心温まる情景を映し出していた。“またね”の言葉通り、本ツアーの追加公演として年末にZeppツアーも決定しているSKY-HI。言葉の魔術師の極上のショータイムはまだまだ続く。

(文:斉藤碧)

SKY-HI「SKY-HI TOUR 2015 ~Ride my Limo~」2015年3月12日 赤坂ブリッツ セットリスト

1 Suger 2 Tyrant Island 3 Critical Point 4 逆転ファンファーレ 5 愛ブルーム(A)6 HAPPY 7 Blanket 8 WHIPLASH 9 ILLICIT LOVE 10 Diary 11 Serial 12 サファリシステム 13 RULE 14 トリックスター 15 Dance Part ~ センテンス 16 Jack The Ripper 17 マインドコントロール 18 ONE BY ONE 2015 19 Limo 20 TOKYO SPOTLIGHT 21 Tumbler 22 カミツレベルベット 23 スマイルドロップ 24 キミサキ 25 愛ブルーム(B) 26 またね


「AAA」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

カミツレベルベット

カミツレベルベット

演奏者 SKY-HI 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

SKY-HI

生年月日 1986年12月12日(31歳)
星座 いて座
出生地 千葉県

SKY-HIの関連作品一覧


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. 山﨑賢人、思わず観客目線?「今日すごく…来てよかったなっていう…」―『羊と鋼の森』完成披露試写会

    1位

  2. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    2位

  3. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    3位

  4. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    4位

  5. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露
  • インパクト大!“もも時計”のお姉さん・青山めぐが美脚&美ももを披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS