J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

見田村千晴のメジャー初フルアルバムは、歌とギターで真っ向勝負!

2015年3月18日(水) 17:48配信

 

シングル「わたくしどもが夢の跡」を3月18日にリリースした見田村千晴が、3月17日(火)に北参道ストロボカフェで行なわれた企画ワンマンライヴ「LOCK ON」のMCで、メジャー初のフルアルバム『正攻法』を4月22日に発表することを明らかにした。

アコースティックギターを掻き鳴らし、力強い歌声で社会風刺や揺れ動く人間の感情の狭間を刹那に表現する見田村千晴が、メジャー初のフルアルバムに付けたタイトルは“正攻法”。音楽業界のCDセールスの落ち込みに伴い、奇を衒ったアイデアやプロモーション手法でのリリースが多くなった今日において、純粋に歌とギターで勝負をしてきた彼女が、メジャーデビューをしてからの2年間を一言で表わしたキーワードが“正攻法”だという。

『正攻法』では、ミニアルバム『ビギナーズ・ラック』に収録されていた彼女の代表曲とも言える「悲しくなることばかりだ」(Mix for Seikoho)、発売されたばかりのシングル「わたくしどもが夢の跡」など計12曲を聴くことができる。初回盤にはDVDが付き、「悲しくなることばかりだ」「もう一度会ってはくれませんか」「わたくしどもが夢の跡」のMVと、2014年5月10日に渋谷Mt.RAINIER HALL PLEASURE PLEASUREで行なわれたワンマンライヴの映像が3曲収録される。
合わせて、初回盤と通常盤のジャケット写真も公開。腕を縛られた彼女が必死にほどこうとしているビジュアルだが、不安や心配事に縛られた彼女が、最後は解き放たれて解放されるというストーリーで、中ジャケでは解き放たれた写真を見ることができるとのことだ。

【見田村千晴 コメント】

マスタリングが終わって、メジャーでのファーストフルアルバムが完成したばかりの今、私は寂しくてしょうがない。
メジャーデビュー作のミニアルバム『ビギナーズ・ラック』の制作が始まったのが2年前。そこから全ての楽曲のプロデュース、アレンジを手掛けて下さった松岡モトキさんをはじめ、素敵な方々とのかけがえのない時間、なんていう陳腐な言葉で済ませたくないほど幸せな環境で作品を作らせてもらえた。
そんな時間がひとつの区切りを迎えて、嬉しいことも悔しいことも数えきれないほどあったこの2年間をワンワードで表現するならば、『正攻法』。
柔軟さは無いし、お洒落で気の利いたこともできない、真面目すぎる私が不器用にもがいてもがいた結果、やっぱり私には『正攻法』だった。『正攻法』こそが一番強いのだと信じたい、という願望もめいっぱい込めて、この作品が日本中の(私みたいな)強がりの弱虫たちに残らず届きますように。

見田村千晴 リリース情報

初回盤

通常盤

正攻法

4月22日発売

初回盤(CD+DVD・写真上):VIZL-823/\3,500(税抜)

通常盤(CDのみ・写真下):VICL-64347/\3,000(税抜)

【CD収録曲】
1.はなむけ 2.わたくしどもが夢の跡 3.LIFE SONG 4.悲しくなることばかりだ(Mix for Seikoho) 5.youth 6.バンドマンずるい 7.愛だろうが 恋だろうが 8.もう一度会ってはくれませんか 9.ガール 10.MUSIC 11.ラブソング(Mix on Bass) 12.独り

【DVD収録曲】
〈LIVE at Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE on 2014.5.10〉
1.青 2.悲しくなることばかりだ 3.もう一度会ってはくれませんか 〈MV〉4.悲しくなることばかりだ 5.もう一度会ってはくれませんか 6.わたくしどもが夢の跡

見田村千晴 オフィシャルサイト


「見田村千晴」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

わたくしどもが夢の跡

わたくしどもが夢の跡

演奏者 見田村千晴 
見田村千晴 
作詞 見田村千晴 
作曲 見田村千晴 

 作品詳細・レビューを見る 

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. Hey!Say!JUMP・有岡大貴、イベントで名前を間違えられるも「神対応」

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    4位

  5. 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS