J-POP(邦楽)・J-ROCK・V-ROCK・K-POPのおすすめ音楽情報なら、T-SITEニュース 音楽

これぞニッポンの音楽の誇り。10年ぶりのオリジナルアルバム『葡萄』完成

2015年3月20日(金) 19:18配信

サザンオールスターズ

我々は今、現在進行形の「伝説」が更新される瞬間に立ちあっている――。

まさにそう痛感させられるような一枚だ。サザンオールスターズから届いた10年ぶりのオリジナルアルバム『葡萄』。「日本を代表するバンド」として誰もが認める彼らから届いたのは、全16曲、素晴らしいポップミュージックが詰まった傑作だ。

新作には、シングルとしてリリースされた「ピースとハイライト」や「東京VICTORY」を筆頭に、王道ポップスでありながらフレッシュな楽曲が並ぶ。バラエティ豊かな楽曲群には、サザンにしか出せない切なさやユーモアやエロスが、それぞれの曲に芳醇な味わいとなって息づいている。

そもそも1978年のデビューから常に日本のポップスのど真ん中を歩み続けてきたのがサザンオールスターズというバンドだ。歌謡曲、ニューミュージック、そしてJ-POP――呼び方は変われど、いつの時代もサザンの歌は「みんなの歌」であり続けてきた。時代や世代を超えた存在であり続けてきた。貪欲に新たなチャレンジを繰り広げ、数々のメガヒットを送り出し続けてきた。そんなモンスターバンドが、またゼロから生まれ変わったかのような新作を作り上げたのである。「大衆音楽の粋、ここに極まれり!」――というキャッチコピーにも納得だ。

では、ニューアルバム『葡萄』の中身はどんなものになっているのだろうか。まず一聴して気付くのは、歌謡曲のテイスト。それをノスタルジーではなく、今の時代に通用するポップスとして磨き上げている。たとえばリード曲「アロエ」の軽快な四つ打ちのビートに切れ味よいギターと情熱的なメロディが映える曲調は、1970年代のディスコ歌謡に通じるもの。裏通りの酒場が思い浮かぶような「青春番外地」や、「ワイングラスに消えた恋」、コミカルでエロティックな「天国オン・ザ・ビーチ」なども、昭和の歌謡曲を彷彿とさせる楽曲になっている。

オフィシャルサイトに掲載された〈「桑田佳祐のやさしい夜遊び」再録企画! ニューアルバム『葡萄』にまつわるQ&A〉では、桑田佳祐はアルバムの音楽性について、こんな風に語っている。

「歌謡曲は、もちろん好きで自分のルーツでもあります。もともとビートルズとかエリック・クラプトンだとかそういうアーティストに憧れていまして、欧米人みたいになりたいとか、そういったコンプレックスの裏返しみたいなものでずっとやってきましたが、長年やっていますと、自分たちらしいことを表現したり、そういう表現を模索したりするというのが一番良いんじゃないか?というような気持ちになってきましたね」

つまり彼らは、このアルバムでとても自覚的に「サザンらしさ」を引き受けたのだ。海外の音楽への憧れや対抗心よりも、自分たちの芯となっている部分をストレートに出してきている。

ここに至るまでは様々なことがあった。10年前の前作『キラーストリート』を経て、2008年にはファンに感謝を告げたシングル「I AM YOUR SINGER」をリリースし、無期限活動休止を発表した。その後2010年には桑田佳祐に食道がんが発覚し、闘病生活から奇跡の復活を果たしている。そして2013年、35周年を迎えシングル『ピースとハイライト』で活動再開。そこからじっくりと作り上げてきたのが本作だ。

「平和への願い」を歌詞のテーマにした「ピースとハイライト」を筆頭に、現代の世相とリンクした言葉を歌う曲を収録しているのもアルバムの特徴の一つだ。長嶋茂雄をモチーフにした「栄光の男」や、拉致被害問題を題材にした「Missing Persons」など、桑田佳祐なりの視点で真っ直ぐに社会を切り取った歌が歌われている。スケールの大きなアンセムソング「東京VICTORY」も、2020年に迫った東京オリンピックをモチーフにした曲だろう。

そして、さまざまなタイプの楽曲が並ぶアルバムは、最後に美しいバラード「蛍」で締めくくられる。映画『永遠の0』の主題歌となったこの曲は、“涙見せぬように笑顔でサヨナラを”と歌い上げ、“夢溢る世の中であれと祈り”という最後の一節に感動的な余韻を残している。

『葡萄』というアルバムのタイトル、そして着物をはだけた後ろ姿の女性が描かれたジャケットのアートワークもとても印象的だ。さまざまな楽曲から日本の情緒を感じとれるアルバムの世界観を象徴するようなイラストとなっている。このアートワークについて、前述のQ&Aで桑田佳祐はこんな風に語っている。

「箱根のポーラ美術館で、日本画家の岡田三郎助さんという方の「あやめの衣」という1927年の作品を見て非常に雷に打たれたように衝撃を受けまして、『葡萄』のジャケットはその絵のオマージュという部分もあります。スタッフが葡萄柄の着物をオリジナルで作ってくれまして、それでモデルさんを、オーディションして。写真を何ポーズか撮り、それをまたこう油絵に起こして。そういう風にできあがったのが『葡萄』のジャケットです」

1970年代から2010年代に至るまで、日本の音楽シーンに燦然と輝く足跡を残してきたサザンオールスターズ。アルバム『葡萄』には、その粋が刻み込まれている。ぜひ、味わい尽くしてほしい。

VA4月号は、3月20日より全国のTSUTAYA RECORDSで無料配布される。(文:柴那典)(TSUTAYA「VA」3月20日号掲載)

サザンオールスターズ リリース情報

葡萄

葡萄

2015年3月31日発売
2015年4月18日レンタル開始

完全生産限定盤A:VIZL-1000 6,500円(税抜)
※「通常盤CD+オフィシャルブック「葡萄白書」+“おいしい葡萄の旅”Tシャツ+ボーナスDVD」特製BOX入り。
完全生産限定盤B:VIZL-1010 4,500円(税抜)
※「通常盤CD+オフィシャルブック「葡萄白書」+ボーナス DVD」特製BOX入り。
通常盤(CD):VICL-64400 3,300円(税抜)
アナログ盤:VIJL-61500〜1 4,000円(税抜)
※アナログ盤は、4月8日(水)発売。

サザンオールスターズ オフィシャルサイト

音楽のあるライフスタイルを提案するフリーマガジンVA

VAとは…全国のTSUTAYA RECORDS店頭で配布しているフリーマガジン。

毎月注目アーティストをピックアップ!新作紹介、TSUTAYA限定ライヴレポート、人気アーティストのコラムなどを多数連載。VA netはコチラ


「葡萄」の関連記事

このタグがついた記事をもっと見る

この記事が気に入ったら、
いいね!しよう。

Twitterでも最新記事をチェック!

この記事を読んだ人におすすめの記事

こちらの記事もおすすめ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト


カテゴリー

T-SITEニュース エンタメトップへ戻る

アクセスランキング

  1. マンウィズ、[ALEXANDROS]、My Hair is Badら14組が競演!ツタロックフェス2018ライブレポート

    1位

  2. 2018年人気急上昇! 注目のロックバンド10選!

    2位

  3. 2017年上半期、10代に人気のロックバンド!ワンオクを抑えてトップに立ったのは?【TSUTAYA ランキング】

    3位

  4. 「ファンが選ぶONE OK ROCKの名曲」最終結果発表!

    4位

  5. 山田孝之の交友関係がすごすぎる!RADWIMPS、イエモン、ワンオク、GACKT、HISASHI(GLAY)…etc.【まとめ】

    5位

本日の人気記事ランキングTOP30

人気の画像

  • 小倉優香、『チア☆ダン』「JETS」センター役に大抜擢!
  • 『けものフレンズ』で大ブレイクの美少女声優・尾崎由香、初の写真集を発売!
  • ナニワのブラックダイヤモンド・橋本梨菜、ヤンジャンに堂々登場
  • 有村架純、初セルフプロデュース 25歳の「今」が詰まった写真集発売
  • 可愛すぎる音大生・みうらうみ、「グラビアン魂」に初登場
  • 出口亜梨沙、“大人エロス枠”で初表紙飾る
  • 【2018年1月~4月】TSUTAYA写真集ランキング 昨年覇者・白石麻衣の座を長濱ねるが継承?
  • エロかわいい音大生・みうらうみ、再びグラビアに登場
  • 元GEM・南ななこ、初グラビアは昭和レトロな銭湯!“美バスト”を披露

TSUTAYA ランキング

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST

TSUTAYA MUSIC PLAYLISTをもっと見る

TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

TSUTAYA映画通スタッフおすすめをもっと見る

SNS・RSS